2018/11/12  23:13

東南の斜面  キノコ・山菜

ライン仲間・やどろくの会仲間にキノコの写真を送信していたら、いろんな方から返信。

相棒は九州の街道を鹿児島まで歩いて戻ったのに、今、奈良にいて京都に移動するとか。

凄いですね。当分家にいると思ったら、もう出かけてました。恐るべき行動力です。

京都も名所旧跡が多いですから、楽しみでしょうね。

羨ましい人生を送ってます。

ところで・・・今日は朝からクシャミ・鼻水でティッシュが一箱終わるほど。

雨の中を濡れそぼりながらのキノコ採りが悪かったのかも?

滅多にこんなことはないので、鬼のかく乱って言うやつかもしれません。

話しはキノコに戻りますが、キノコ採りに欠かせないのはまず第一に脚力を初めとする体力。

生えている場所が解るんなら話は簡単ですが、そんな場所は誰かに先に採られて当てにはできず。

基本は・・・歩いて歩いて足で探すしかないんです。

急な斜面を竹を掴んだり木の枝を掴んだりしながら、5時間でも10時間でも歩けないと。

特に方向を見失ったら、後は体力勝負。

次に欠かせないのは?

採って来ても食べられる状態までの始末に時間がかかっては、キノコ採りが嫌いになりかねない。

だからなるべく始末が楽になるように綺麗に採るためのアイテム・・・鋏、カッターナイフが欠かせない。

そして腰には籠。

標準的にはこんなところです。

キノコを見分ける知識も言うまでもないです。

そしてあの広い山の中をやみくもに歩いて、運よく見つかればいいですが・・・運に任せるわけには行きません。

私たちはまず東南の斜面に入ります。そして立ち枯れや倒木のある森が狙いです。

東南の斜面は・・・磁石で判断しますので・・・磁石も必須のアイテムなんです。

感心するのはキノコ師匠の渓流マン氏。

森の中を徘徊したのに、きちんと入った場所に戻ります。

何かを目印にしているのでしょうけど「はい、一周しました」って、いつの間にか森の中で元の位置に戻ってます。

私にはどの木も同じですし、遠くの尾根を目印にしようとしても立木で遠望もできず・・・。

結局、方向感覚なんでしょうね。

私も磁石で位置を確認しながら進み、帰路のために後ろを振り返ってロケーションを記憶。

たまには木の枝を折ったり倒木を進路の矢印代わりに使ったり・・・。

それでも彼には敵わないのです。

今年は本当にキノコ採りで遭難死が多かった年です。

もっともっとスキルをあげ、新聞の材料にならないように注意して、長く楽しみたいものです。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2018/11/11  20:21

ナメコ三昧  キノコ・山菜

金曜日にニトリでカゴを買ってきて、そして手芸屋さんで肩紐にするベルトを買ってきて。

妻に縫ってもらってキノコ籠が出来上がりました。
クリックすると元のサイズで表示します

これを持って喜び勇んで出かけました。

会長とは10時の待ち合わせ。その前にあちこち下見をして回りました。

会長も気合が入ってました。何せ知り合いにあげる約束までしてますから・・・採れなかったと言う訳には行きません。

あいにくの雨で前回もそうでしたが、天候に恵まれません。勿論、雨だからと止める人たちではありませんけど。

クリックすると元のサイズで表示します

病気の二人です。グリーンが会長で、赤が渓流マン氏です。

この二人、やどろくの会が発足時からのメンバーですから、気心は知れてます。

もう、あれこれ言いませんから、写真を見てください。
クリックすると元のサイズで表示します

ナメコです。

そしてまた
クリックすると元のサイズで表示します

とにかくナメコです。
クリックすると元のサイズで表示します

色んな所にナメコ。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなところにも
クリックすると元のサイズで表示します

切が無いので止めますが、このほかにクリタケ・ムキタケは五万とあります。

でも贅沢を覚えてしまったら、なめこ以外は捨ててザックのスペースを作ってもナメコを採ります。

それでも斜面を下って車に戻ったのは1時。だから2時間半程度。

ある場所を解っていくなら簡単ですが、キノコは足で稼がないと・・・もう足首がパニック。

斜度のある場所での足首にかかるプレッシャーは半端じゃない。だから病気なんです。

会長のマンションでキノコパーティの翌朝の今朝。私と渓流マン氏はまた山に入りました。

当然、採ってきました。それにしてもクマ棚が凄かったです。あっちこちに・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
前列の容器入りはグリーンをのぞいて、ナメコです。

幼菌・成菌・老菌と世代別に分けました。

そして後列のビニール袋は、採りたくなかったけど・・・連れてって・・・と訴えるので仕方なく採ってきたチャナメ・クリタケ・ムキタケ・紫シメジなどです。

1時に戻って、7時まで始末にかかりました。

冷凍庫に入りきれないので、大なべで大量に煮たり、お隣の奥さんにあげたり。

何とか無駄にしないで済みました。

今年はもう時間が取れないけど、ナメコはこれからですね。雨も降りましたから!

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
4

2018/11/10  23:31

ナメコをゲット  キノコ・山菜

雨の中、結構濡れながらキノコ採りでした。

会長はなんでも採ってましたけど、私はナメコオンリーで。

写真は後でアップしますが、ザックいっぱいの収穫。

冷凍庫もないのにどうしましょう?

まさか〜〜〜〜捨てることにならないでしょうね。

いつも採れるとは限らないので、捨てたくはないのですが〜〜〜〜塩漬けにはしたくないし、困ってます。

今夜は会長のリゾートマンションで、キノコパーティでした。

渓流マン氏は早々とダウン。

会長と私とで今まで飲んでました。

明日はキノコ採りをせずに、埼玉に帰ります。

採っても保存方法がないのが悔しい。

ナメコ〜〜〜〜まだまだこれからのようです。

もう寝ます。おやすみなさい💤

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2018/10/29  22:24

西和賀のキノコ  キノコ・山菜

岩手の田んぼ仲間の紅一点、彼女から書き込みがありました。

そば祭りと言うのがあって、紅葉見物がてらキノコ蕎麦を食べてきたそうです。

キノコ大好きとか・・・でも送る訳にもいかず、それと万が一当たったら困るし・・・。

キノコだけは自己責任。自分が当たる分には仕方ないのですが、他人は巻き込むわけに行きません。

そして西和賀のキノコは天下一品なので、是非来てくれとのメッセージ。

ところが10年ほど前までは西和賀・・・湯田や沢内は我がやどろくの会のホームグラウンド。

地元の人より我々の方が詳しいかも・・・和賀川の源流などは地元の人でさえ入れないのに、我々は釣り歩いてました。

ウドにコゴミ・・・を採って、鷲の巣の「穴ゆっこ」にはいり、ほっとゆだの駅のお風呂に入り、ブナハリタケ・ナラタケを採って・・・駆け回ってました。

最近、行ってませんね・・・でも、もうちょっと辛くなりました。どうしても近くで済ませてしまいます。

キノコ採りの続きですが、あるところを解って取りに行くんならこれほど楽な事はない。

しかし敵は結構多いんです。先に採られたら、その日は終わりです。

キノコは木材腐朽菌ですから、立ち枯れ・倒木のエネルギーが無くなったら、昨年あっても今年は生えない。

ピークがありますし、時期・天候も影響します。なかなか採れませんよ。

ましてや探して歩くとなると太平洋でクジラにぶつかるほどの確率。

危ない所なのに・・・無理して怪我したりお陀仏になったり。今年関東ではとにかくキノコ採りで沢山死んでます。

長野一県だけで、昨日現在15人の方が亡くなってます。

あの斜面を滑落したら、絶対死にますね。

だからこそ見つけた時の喜びと言ったら、思わず踊っちゃいます。

そこから「舞タケ」になったとか・・・そりゃ、そうでしょう。

2日目の朝一で入った場所で、ピッカピカのナメコを発見。二人で踊りました。
クリックすると元のサイズで表示します

前日苦戦してましたから、余計に・・・笑っちゃいます。

採るのは嬉しいんですけど・・・狙わないキノコはあまり採りたくない・・・には理由があります。

家に戻ってから食べられるようにする始末が大変。

塩水に漬けて虫だしをし、コケや落ち葉などで汚れたキノコを一枚一枚綺麗にして・・・最低でも5回は繰り返して漱ぎます。

この日も3時に家に戻って、始末が終わったのは暗くなった7時でした。

ヘッドランプで明るくして洗っていたんです。

大事なナメコから綺麗にし始めて、クリタケをやって、汚れの少ないムキタケは暗くなった中でやってました。

水を切って・・・ジップブロックに入れて冷凍庫へ。

冷凍庫の容量もあるので、なめこのスペースを確保するためには・・・あまりうれしくないキノコはセーブして採るんです。

大宮から来たと言う敵は「どうしてムキタケは採らないの?」と不思議がってました。

贅沢に成っちゃって・・・と答えて置きました。

こんな感じの収穫量でした。もう少しナメコが欲しかったなあ。

右二つがナメコ、左の上がムキタケ、左の下がムキタケとクリタケとナメコをごっちゃにして採っちゃいました。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2018/10/28  20:31

結果としてまあまあ  キノコ・山菜

昨夜は酒盛りを始めた途端から雨。5時から8時頃がピークでした。

それが大きい声で言えないけど、雨が漏ってくるタープで靴下・ズボンがビショビショ。

テントを張って・・・何と難を逃れました。

久しぶりのテントで腰が痛い・・・と思ったら、何と真ん中だけが高くなっていて、腰が痛くなる原因が朝になって解りました。

まあ勇姿を見てください。完全装備です。

最高で75度ぐらいの斜面を、木や枝につかまりながら下ったり登ったり。
クリックすると元のサイズで表示します

こんな事が女房に知れたら、来年から「行くな!」と言われちゃいます。

昨日アップしましたが、一日中75度を歩き回ってあれだけ。

採れただけ良しとします。

ムキタケだったら腐るほど採れますが、ザックのスペースを無くするだけなのでほんの少ししか採りません。

それなのにこんなに沢山ありますから、皮肉です。
クリックすると元のサイズで表示します

いたるところこれとクリタケばっかり。

でも皆さん、喜んでとってます。お任せしました。

私たちはナメコをザックいっぱいにしたい・・・のですが、世の中希望通りにはなりません。

昨年、座った状態で周りの木から採っただけで、ビニール袋に3人で10個以上も採れて。

もう持てないから帰ろう・・・と言うほどだったのに、今年は全く気配もない。

昼過ぎになってやめようとする寸前に、腐りかけたナメコを発見。

これが昨日の写真です。
クリックすると元のサイズで表示します

何とか一日目は努力が報われました。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ