2015/10/9  22:49

ニンニク卵黄完成  玉川温泉

我が家が玉川温泉で湯治をする必然性の一つに、ニンニク卵黄作りがあります。

我が家の【秘薬】ともいうべき効能で、十数年にわたって家族の健康維持に努めてくれました。

特に手作りですから、効果はなおさら高く感じます。

湯治に入るとまず一番の仕事がこれ。なぜなら湯治の終わりごろにやろうとしたこともあったのですが、客が多くて台所が使えなかったり、雨ばかり続いて噴気孔でニンニクを蒸すことができなかったり・・・。

だから・・・まずこれを終えて・・・あとは湯治に専念するわけです。

ニンニクは青森県田子町産の【ホワイト6ぺん】。旬のものだと1個が400円から500ほどします。1`で14・5個を使いますから、我が家の使う2`では30個弱。

これをミカンが入っているようなネットに紐をつけて、硫化水素の吹き出す噴気孔に入れて蒸します。

時間は30分程・・・長く蒸し過ぎるとエキスが流れ出て勿体なく、蒸しが足りないと炒るのが難しくなって・・・この蒸し作業が生命線です。

ニンニク自体も管理の悪いものだと秋には芽が出始めたモノもあり、ニンニク卵黄の出来上がり品質が落ちてしまいます。

蒸したニンニクをフライパンの上に殻から出して、そこに玉子の黄身だけを入れます。1`当たり卵10個使用します。ですから我が家は20個。

まず・・・綺麗な手でニンニクと卵黄をしっかりこねますが、先ほどの蒸し加減がここに影響します。また芽があるニンニクを使うと、上手くこねられないばかりか芽が残る事になります。

こね終わったら・・・あとは時間との勝負で、焦さないように弱火でこねながら水分を飛ばしていきます。

後で指で丸剤に成形しますから、その時に指にくっ付かない硬さになるまで弱火でこね続け・・・熟練した我妻の技量で4〜5時間炒り続ける事になります。

皆さんには気が遠くなるほどの時間です。短時間で勝負を焦ると、こげて効果の薄れたニンニク卵黄の出来上がりになります。

それほどの時間をかけますから・・・効果は間違いなく絶大。

適度な硬さにしてラップで密封。5日間ほど冷蔵庫のない玉川に保管しますので、悪くならないか心配しながら家に持って帰ります。そして成形作業・・・の後に乾燥させます。

写真は成形したニンニク卵黄です。
クリックすると元のサイズで表示します

何個あるのか・・・数えてみました。横がおおむね50個。掛ける事の縦の列が30ですから、このお盆で1.500個ぐらいでしょう。

お盆3枚ですから少なく見て概ね4.000個が、今年も出来上がりました。

これを日々2粒ぐらいずつ服用するのです。

今年は面倒なので一粒が大きくなり、4.000個程度ですから成形に妻と二人で5〜6時間でした。

例年は米粒ほどに成形するので、20.000個ほどで三日ほどかかりました。小豆大にした今年は時間短縮の効果が大で、5時間ほどで終了・・・歳を取ると根気が薄れましたし、ニンニク卵黄作りも3年ぶりですから・・・ちょっと手抜きでした。

確り乾燥させたら・・・コーヒー豆用の瓶に入れて、冷蔵庫で密封保存。2年は服用できる在庫ができました。

昼寝していたら息子に追い出されました。我が家では一番くらいが上です。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2015/10/8  22:06

湯治でのストレス  玉川温泉

湯治と言うと・・・温泉に浸かって、美味しいものを食べてまったりと過ごす・・・というイメージですが。

玉川の場合は9割の方がそれが目的ではないのです。一部観光客は『うわさに聞く温泉を体験してみたい』という場合がありますが。

最近では韓国・中国からの観光客が大挙してやってきて、我が物顔で騒いで帰ります。上がり湯の使い方を知らなかったり・・・それはもう滅茶苦茶です。

そして日本人の観光客も・・・噂の温泉を体験するなら、少しは下調べをしてこいと言いたいように、岩盤浴をしている人に質問攻め。

最悪は・・・その人に向かって『どこが悪いんですか?』と聞くに至っては、腹が立ちます。がもう慣れました。

当然、体温を高めて新陳代謝を促進したり、免疫力の向上を期待したり・・・そのための湯治ですから、なるべく煩わしい事に巻き込まれないようにしています。

最初は知ったかぶりをして・・・質問に答えてあげてましたけど、経験を積むほど口は重くなります。

なぜって湯治には余命がかかっている人が多いからです。いい加減な知識のアドバイスは猛毒を飲ませるのと同じほど危険なのです。

源泉に1時間は浸かっていないと効果が無い・・・と聞いてきて、それを実践して倒れた人を何人も見ています。1時間浸かったら不老長寿の薬だったとしても、毒でしょう。

天然の美味しい水でも一気に10リットル飲んだとしたら、体調を壊します。何事も適度が大切だと気が付かない人が多いのです。

藁にもすがりたい人にいい加減なアドバイスをするのは・・・犯罪だと思うのです。

数年前のこと・・・余命数カ月と宣告された若い奥さんを、旦那さんと旦那さんのご両親とで玉川につれてきました。

車いすで岩盤にやって来るのですが、奥さんは自分では歩けないほど衰弱しているのに、家族総がかりで岩盤に運んで寝かせるのです。

奥さんは抗う事も出来ない程弱っているのに・・・がんが治ると信じている旦那さんは必至で奥さんをなだめて岩盤に寝かせるのでした。

奥さんはもう泣いているのです。治ってほしい・・・と言う家族の願いと、奥さんの意思とは乖離していて・・・見ていて悲しくなりました。

前にも言いましたが・・・ここは戦場ではありますけど、本人にその意志が無ければ【単に辛い苦行】でしかありません。

衰弱しきった病人に・・・奇跡的に効果があるとは思えないのですが、誰かの言葉を真に受けて奥さんの大切な人生の最後の時間を無意味に過ごしている気がします。

勿論、旦那さんは『やれることはやってあげた』という自己満足の気持ちは残るでしょうが。

湯治にはお風呂に何回入れば効果があるとか・・・岩盤は最低何回はやらないと・・・なんて【答え】は存在しないと思うのです。

自分の心が求めるままにお風呂に向かえばいいし、疲れたら昼から布団を敷いて寝ればいい。

きっちりスケジュールを決めて行動しようとすると・・・間に食事は作らなければならないし、洗濯もしなければならず・・・帰ってストレスが蓄積してしまいます。

湯治に・・・玉川に・・・何を求めるかは重要ですが、結局は『心の洗濯ができた』と思うことができたら、それが正解なんでしょうね。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2015/10/7  22:58

岩盤浴U  玉川温泉

さて、昨日の岩盤浴の場所ですが、私達夫婦はそこでする事はありません。玉川に通って足かけ15年・・・通りすぎる時に写真を撮ったことはありますけど・・・。

呼吸器系を患った人があの場所で、ラドンを大量に含んだ水蒸気を吸い込むのです。がんに効くと思ってみんな頑張ってるんです。

さて二つ目の岩盤浴。一般的によく知られたテント内での岩盤浴です。地下にラジウムを埋蔵した場所で、なおかつ噴気孔などが近くにあって地面がものすごく温かい場所。

そこに20人ほどが横になれるテントが3張。場所は国立公園内ですから環境省が管理していますが、清掃など日々の管理を玉川温泉などで作る協議会に委託しています。

数年前の冬、テント脇の斜面に積もった雪が雪崩になり3人が亡くなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

後ろの斜面が雪崩を起こした斜面ですが、冬でなくても斜面からは大岩が今にも落ちそうな状態で貼りついてます。

私達はこのテントの中でもやりません。なぜならテントの中には硫化水素が充満していて、妻は呼吸ができないのでここを嫌います。

やはり・・・ここで心地よさに眠ってしまって、硫化水素で亡くなる方が出ています。

テントの周りに立ち上がる白い雲のようなものは、噴気孔から噴き出す高濃度の硫化水素を含んだ火山性ガスです。

熱もすごくて・・・噴気孔にニンニクを入れて蒸し、にんにく卵黄を作ります。また芋などを入れてお昼ご飯にしたり・・・大自然の恵みを無駄なく活用します。

自然と共生するのは、玉川湯治の醍醐味なのです。

私達はどこで岩盤浴?・・・ここです。
クリックすると元のサイズで表示します

彼方此方に地面が熱くなっている場所があって、適度な暖かさの場所を見つけてはゴザを敷いて寝るのです。

周り中にガスは撒いてますが、風が拡散してくれるので、テントの内ほどの心配はいりません。

体温をあげる事は身体の芯から温めて・・・新陳代謝を高めるとともに、がん細胞は高温に活動が鈍る事が知られています。

一般に低体温(36℃以下)の人のがんは進行が早いと信じられていますから、身体の芯の熱は大切と私も思うのです。

そして三つ目の岩盤浴ですが・・・これが私たちにとっては最も大切と信じているのです。

玉川薬師神社の鳥居の前や、かつての噴火口跡で【すり鉢】と呼ばれる場所、そして北投石が埋まっているとして環境省か記念物に指定している場所。

これらの場所はいずれも地面の熱は無いのですが、多くの人が寝転んでます。勿論、私たちも。
クリックすると元のサイズで表示します

これらが3.5μシーベルトを超えるラジウムの線量を検出する場所です。

玉川温泉の研究書物を見ると、最高15μシーベルトと書いてあるものもあります。しかし私たちが寝転ぶ場所は精々5μシーベルト程度と考えています。

サーベイメーターを持ち込んで調べた事があります。現在も文科省が貸し出しをしているので、玉川に持ち込んで調べる人が大勢います。

そんなことしなくても・・・多くの人が寝ている場所が良い場所に違いないので・・・イワシの頭のような話かそうでないか・・・決めるのは自分なんです。

しかし、微量な放射線量を浴びる事は白血球などにいい影響を与え、免疫力が高まる・・・と放射能研が認めていますので間違いないと思うのですが・・・。

地熱が無いので10月にもなると朝などは10℃を下回る気温の中で、冷たい地面に横たわって放射線を浴びるのは辛い。

先ほどの体温を上げる話とも矛盾しますが、ラジウムを浴びる事もまた大切と信じているからこそ辛い寒さにも耐えられるのです。

がんが嘘のように消えてしまう・・・なんてことはあり得ませんが、免疫力は間違いなく高まります。玉川湯治を開始してから妻が全く風邪を引かなくなりました。

1年の内、10カ月ぐらいは風邪ひきだった妻・・・がです。

一時、その辺で採った雑草を『がんが治った草』なんて、玉川で販売した人たちがいました。他人の不幸に付け込んで金を儲けるあさましさは・・・日本人も持っていると知りました。

溺れる者は藁をもつかむ・・・心理を利用するなんて、最近成り上がった何処かの大国だけではなく・・・身近にある話です。

今日も・・・病気が治ると信じて・・・多くの湯治客が岩盤浴に向かいます。
いつも思うのですが・・・玉川は温泉を楽しむ観光地ではなく、西洋医学に見放された人たちが、生を求めて戦う戦場なんだと。
クリックすると元のサイズで表示します

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2015/10/6  22:29

岩盤浴  玉川温泉

今日は玉川温泉の岩盤浴ついて書いてみます。何故私たちが玉川温泉に行くのか!

この場所には【北投石】と呼ばれる世界に2か所でしか発見されていない、放射線の一種ラジウムの鉱石が埋蔵されています。

長くなりますが・・・台湾の北投温泉で最初に発見されたためこの名前が付けられました。

この石を割ってみるとラジウムの層が何層にも重なっていて・・・したがって見ればすぐにその石と解りますが、現在は見える所には残っていません。

盗掘されてあちこちに無残な穴が開いています。そんな場所だと記憶してください。

玉川の岩盤の線量は3μシーベルトから5μシーベルトぐらいと思います。一般の市街地で0.1μシーベルト・・・福島の事故後の埼玉の線量が多い場所で0.3μシーベルトと思いますので、玉川はその10倍は最低でもあると言う事です。(お湯の中はそれよりかなり少ない)

大きくまとめると・・・玉川温泉の岩盤浴に3つの方法と期待する効果があげられます。いずれも私の勝手な解釈ですから、効果が無かったとしても責任は負えません。

まずは・・・温泉水にラジウムが含まれている事を頭に入れてください。その上で初めて理解していただけるのです。

玉川温泉の源泉は大噴(おおぶき)と呼ばれ、毎分9.000リットルの湧出量を誇り川のようにお湯が流れてます。湯温は99℃でラジウムを含んだ水蒸気があたり一面を覆っています。

川のように流れるお湯です。たまにこのお湯に落ちて亡くなる方がいます。薄緑色に見えるのが川のように流れるお湯です。
クリックすると元のサイズで表示します

大気の流れは旅館の中にも漂い、部屋に置いてある財布の中の小銭が変色するほどです。

また温泉水の中に包丁などを浸けておくと、ボロボロに溶けて跡形もなくなる酸性度です。pH1.1は日本一の強酸性で、温泉に浸かると言うよりは塩酸に浸かると言う方が適切でしょう。

上がり湯で大事な所などをしっかり洗わないと、あとあと大変な事になるほどのお湯です。

このお湯が東洋医学で言う【ツボ】を刺激して代謝を促し、細胞の一つ一つに作用しまた白血球などにも影響を与えて【免疫力】が向上する・・・と私は考えるのです。

いつも病院で調べて貰っているTLC・・・妻のそれは湯治を止めた3年前から数値が下がり始めました。

玉川に行かなくなっての効果が薄れてしまったように、数値の変化は全くリンクしているのです。

さてお湯の効能は理解して頂けたと思いますが・・・岩盤浴は

まず一つ目・・・源泉の大噴の脇にみんな寝転んでいます。そして大噴から流れるラジウムを含んだ水蒸気を吸い込んでいるのです。この状態では化学的には【ラドン】と呼ぶのかもしれません。

写真は大噴脇の遊歩道に寝転ぶ湯治客、この水蒸気を吸い込んで治療効果を期待する人です。
クリックすると元のサイズで表示します

水蒸気の量・・・凄いでしょう。おもに肺を患った方(肺がん)、食道がんの方などがこの場所で岩盤浴をします。

当然、地面は地熱で暖かく、気持ちよく寝ている方も居ます。がっ精々1時間の岩盤浴で次の人に譲るのが玉川では暗黙のルールです。

自分だけ直る・・・なんてことはありませんから、譲り合ってみんな元気になりたいものです。クリックすると元のサイズで表示します
残り二つのタイプの岩盤浴は明日です。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2015/10/5  21:38

玉川温泉湯治  玉川温泉

温泉が好きな人は多いと思いますが、この時代に湯治を経験した人ってそんなに多くはないと思います。

2001年から十数年続けてきましたが、ここ2年ほどは百名山やら中山道があって、湯治をやりたい妻に我慢してもらってました。

3年前にも湯治と言えない僅か3日間でした。ニンニク卵黄が無くなったのでそれを作るためにだけの玉川でした。

秋田県の田沢湖から1時間・・・近くには乳頭温泉郷や八幡平など、自然環境に恵まれたこんな場所での心の洗濯です。

実は妻が予約を入れたのですが、受け付けた若い男性がまちがっていて1か月ずれていました。

ここ数年人気は凋落傾向にあり、部屋は沢山空いてました。

写真は自炊部の【北投荘】の廊下です。手を入れてリフォームしてますから、いくらか小ざっぱりしました。連休の時は込んだでしょうが、連休後はご覧のとおり閑散としてます。
クリックすると元のサイズで表示します

自炊部・・・と言うからには自分でご飯を炊くわけです。こんな台所でみんな共同で調理します。気の合う人とおかずを交換し合ったりして・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

この窓から裏山が見えるのですが、日1日と紅葉が進むさまは毎日違う絵画を見るようです。

岩盤浴で大量の汗をかくので、洗濯は1日おきぐらいにやる事になります。

写真は洗濯室ですが、数か所あった洗濯室も客が減ったせいか減らされて1か所残るのみ。

洗濯機は僅か3台・・・しかも調子が悪い。無料ですけど・・・困りものです。今回は乾燥機がトラブル・・・100円玉を3回も呑み込まれました。

勿論返してもらいましたけど。機械だけのトラブルだけではなく、利用者のトラブルも結構あります。終わっても何時までも洗濯槽の中に洗濯物を放置する人など。あとの人が使えません。
クリックすると元のサイズで表示します

前にこんなことがありました。おそらく重大な病名を宣告され・・・心ここにあらずと言ったご婦人。

考え事をしながら洗濯しているので・・・勘違いして・・・私のすすぎまで終わった洗濯ものに洗剤を入れるのです。

もう一度私はすすぎからやり直し。そしていよいよ終わる頃に、再び洗剤を投入され・・・。

3回目も入れようとしたので、今度は身体を張って止めました。

こんな・・・トラブルを甘受しながら生活するんです。これが湯治なんです。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ