2018/8/15  22:17

息子が体調不良  レオ&ココ

結局、息子を病院に連れて行きました。

ところが・・・先生の前では普通に歩いて、いろいろ触診してもキャンとも言わず。

先生「どこが悪いか解らないので、様子を見ましょう」と言われて帰ってきました。

ところが・・・家に戻ったら痛がって歩けません。

人が来たら夢中で吠えるのに、今日はそれもできませんでした。

歩くたびに鳴き声をあげる様になって・・・。

また夕方病院へ。血液検査をしても異常値は無く、触っても鳴きません。

どうしても解らない。ヘルニアのようなものかもしれないとの仮診断。

稀にですが、マヒが起きる前にこういう症状が出る事があると・・・心配です。

食事も水も摂ってないので点滴をしてもらいました。その時は元気を取り戻したのですが。

痛み止めが切れたのか・・・今は痛がって手を突きません。

困ったなあ・・可哀そうだし・・・何もしてあげられず・・・これが一番辛い。

少し歩いては・・・パターンと倒れて・・・そうとう辛いのだと思います。

自分の趣味・・・山の事ばかり言っていられません。介護生活になるかもしれません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2017/4/29  22:21

爆睡  レオ&ココ

クリックすると元のサイズで表示します
私が動くと、どこかに行かれてしまうと思って、薄眼を開けて確認します。
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2017/4/29  22:01

息子のカット  レオ&ココ

土曜か日曜のどちらかで山に行こうと思って・・・。

行くとすれば連休の混雑を避け、高速道を使わない両神山と思って下調べもばっちり。

一度登ってますから、薄らと記憶はありますが。

そしたら今日は息子が美容室だ・・・と妻が。今日は無理でした。

最近の妻は…免許書き換えも止めようと考えたほどで、車の運転はできません。

だから歩いて息子を連れて美容室までは、ちと大変。

仕方なく山は止めたのですが、なぜか明日も行きたい雰囲気が無くなりました。

ちょっとトラウマになっているのは、2・3年前に明方の雁坂道で居眠り運転の車が車線を越えて来て。

もう少しでお陀仏になりそうになった記憶が甦り・・・朝早くの一般道が怖いんです。

街中なら分離帯がありますから、少しは安心ですが。

山登りもこの恐怖感を克服できないと・・・積極的にはちょっと無理。

連休にまだチャンスはあると思うのですが、また気力が萎えてしまう可能性が。

連休も終わって・・・お尻に火が点いたら、妻が肩が痛いと言おうがでかけるつもりです。

前日に登山口に移動する方法で登るのが理想ですから、痛くて何もできない妻を置いては今はちょっと無理。

もう少しです・・・もう少し。

息子は可愛くなって帰ってきました。疲れて爆睡中です。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2015/8/17  22:49

ワル犬  レオ&ココ

一日雨でした。時には土砂降り・・・しかし夕方には小雨になりました。

明日は晴れそうです。晴れるだけならいいのですが、猛暑も復活しそうです。

好日山荘の特売は、私が欲しいと思っているモノが無し。靴下やトランクスなどの小物が欲しかったのに・・・。

ストックは古いタイプがアウトレットで出てましたが、その割には安くなくて・・・。

しかも・・・持っては重い・・・良い材質では無さそうでした。レキでしたが・・・レキにもいろんなタイプがあって、その中で売れ残ってしまったモノを目玉商品にした感じ。

15.000円が10.000円ですからイマイチで、全体的にも魅力は感じませんでした。

夕方戻って・・・夕食・・・おかずは久しぶりにお肉を炒めたもの。我が家は肉は年に数回だけです。鶏肉は良く食べますけど・・・。

チョット濃い味付けで・・・でも息子の鼻には普段にはない、新鮮な臭いとして届いたようです。

妻が席をはずした一瞬・・・私はシンクの方に居て目が届きませんでした。

ふと気が付くと息子がテーブルの上に顔を伸ばして・・・皿にあったお肉をほとんど食べてしまったのです。

人間の大きな胃袋二人分として炒めた肉を、何と小型犬のヨーキーが一人でたいらげました。

濃い味付けで・・・普段食べた事のない・・・炒めた肉を大量に食べてしまって、きっともどすだろうと気をつけてましたが・・・今のところは大丈夫、消化が進んでいるようです。。

本当に目が離せなくて・・・神経が消耗する犬です。

マザコンで妻が少し席を立つだけで大騒ぎの吠えまくり・・・妻がもう少しビシッと躾けてくれないと。

でも結局は目を離した私が悪いと・・・妻は思っているはず・・・お父さんが甘いから・・・って。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2013/3/13  20:08

咄嗟の救命措置  レオ&ココ

夕べ・・・女房の強さ・凄さを再認識しました。と言うよりは【母の強さ】なのかもしれませんけど・・・。

テレビを見ていた時の事でした。ココちゃんがちゃんとトイレができると我が家では、ご褒美をあげるんです。ですからトイレができると『トイレしたよ』と走ってきて訴えるんです。そして手を合わせて『くれ、くれ』って。その時もあげました。

あげるのは【ポーロ】だったり【小粒のジャーキー】だったり【固い鶏ささみのジャーキー】だったり。最近はポーロをあげても『なんだ、これか』って冷めた雰囲気で・・・。逆にジャーキー系だと大はしゃぎ・・・私の前に投げたりして、取りっこして遊びます。

鶏ささみをあげたのでしたが・・・いつも大きいまま飲み込むので不安ではありました。その時、その不安が現実になったんです。

おそらくいつもの通り大きいまま飲み込んだのでしょうが、それが喉に詰まってしまったようです。向こうの方でフラフラしていたのですが、私の方にフラフラやってきてパタンと倒れてしまいました。

ひきつけを起こしたように痙攣していて、私は咄嗟に喉に詰まったと感じました。すぐさま抱き上げて・・・『喉につまった・・・』って妻の方に差し出しました。

『何やってんの! 自分でやりなさい』って怒鳴りながら妻が口の中に指を差し入れました。私はココちゃんの身体を抑えながら、はらはらしながらその様子に釘づけ。

ほんの数秒間でしょうか? 妻が指を突っ込んでから・・・途端にココちゃんが尻尾を振りだして起き上がりました。私は・・・ホッとして身体の力が抜ける思い。

妻の手にはジャーキーがありませんでした。『指に何か触ったけど、取り出せないので咄嗟に押し込んだ』と妻。

実に沈着冷静ですごい女です。私は・・・と言うと、抱っこしたココを妻の方に差し出していました。何をどうしたらいいのか、全く判断できなかったんです。情けな〜〜。

私は何度も救命救急の講習を受けています。一方妻は一度も受けたことはありません。相手が人であろうが犬であろうが・・・落ち着いて行動できなければ、講習も意味がありません。

『飼ったことをあまり後悔させないで』・・・って、妻がココといわず私といわずに呟きました。あれ〜飼うことにしたのは・・・私じゃなかったけどな〜。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ