2019/4/22  22:29

花の百名山檜洞丸  百名山・南関東、秩父

頭を岩に打って・・・何時意識が遠くなるのか不安な思いを抱えて歩いていました。

急ぎたいけど足を打っていて強い痛み。

二度目の転倒は完全に命取り。

人生で一番慎重だったかも。

すれ違う人に事情を話して・・・下山するときは注意してくれるように頼みました。

倒れていても気が付いてもらえるように。

それほど切迫した状態だったのですが、ゴーラ沢まで下って一息つけました。

後は厳しいのは最後の下り10分程。帰りつける目途が立ったのです。

ビジターセンターに寄って「心配してくれた方に無事に下山した・・・と伝えてほしい」とお願いしたら。

看護師さんだったようで「応急手当しましょうか?」とっ。

とりあえず頭を見て貰いました。が「腫れてはいるけど大丈夫そう!」

根拠はありませんが、意識障害などの不安があった私には、大きな力でした。

だったら埼玉までゆっくり帰って、そのまま病院へ行こう!という余裕ができました。

勿論、かえってそのまま病院へ。救急で待たされましたが、腹は立っても頭を診て貰わないと。

お陰様で脳にも骨にも異常はありませんでした。

本当に注意して行動すると肝に銘じました。

あの丸い安定性のない階段のステップ・・・止めてほしいものです。

土曜にも事故があって男性が消防に背負われて下山したそうです。

私は自力下山ですから、遭難にはカウントされないと思うのです。

ところで花百の山、そろそろ70座ぐらいと思います。数えてはいません。

この時季は山桜
クリックすると元のサイズで表示します

見事でしたけど・・・本物はツツジなんでしょうね。

まだ全盛期には遠くてポツリポツリと言う感じでした。

何というツツジなんでしょうね? ツツジには疎いです。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2019/4/21  20:54

九死に一生の檜洞丸  百名山・南関東、秩父

恐ろしい表題ですけど、実際に危なかったです。

丸太を縦割りした階段。これ、前から嫌いだったのですが。

バランスを崩し後ろ向きに下りをトトトトーッとよろよろバックしてそのまま転倒。

幸いなことに岩に頭は打ちましたが、がけ下に落ちないで済みました。

狭い所だったらヤバかった!

念のためCTを撮ってもらって、脳に出血はないと確認できました。

それにしてもこんな時に限って・・・ヘルメットを忘れて行くのだから・・・呆れます。

昨夜、こんなところに泊ってました。物騒なので夜の間は、場所は明かせません。

西丹沢ビジターセンターです。
クリックすると元のサイズで表示します

昨夜は4台ほどでしたが、朝に沢山やってきました。路駐も溢れてます。
クリックすると元のサイズで表示します

転んだ話をしましたが・・・こんな所だったら100bも滑落してお陀仏だったですね。

ラッキーでした。
クリックすると元のサイズで表示します


平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2019/4/20  18:11


午前中はジムでトレーニング。

3時に家を出て丹沢登山口へ。6時前に到着しました。

遠かった。途中すれ違いができないところが、三ヶ所で合計500メートルほど。

山桜が盛りで綺麗。

登山口も明るいうちに確認しました。

これからいっぱいやって、早めに寝ます。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2017/6/4  22:01

丹沢主脈周回  百名山・南関東、秩父

朝起きて卓球のニュースを見ると、見事に金メダルを獲得。おめでとう・・・良く頑張った!

朝ごはんもそこそこに、すぐに換気扇の掃除。先日確認すると油でべとついていたので、近日中にと考えていました。

天気もいいし今日を逃すと山が忙しくなるので。

そしてパッソの事故跡が錆が浮いて来ていたので、先日のキャンカーの車検の時にタッチペンを頼んでありました。

届いていると言うので取りに行き、午後から錆を落として塗りました。

買ってから8年もたつ車ですから、色が焼けて同じ色にはとても無理ですが錆が抑えられれば良しとします。

さて今回の丹沢ですが、こんな感じで回ってきました。

塩水橋ーーー天王寺尾根を登りーーー丹沢山ーーー塔ノ岳ーーー新大日ーーー長尾尾根を下りーーー神奈川県民の森ーーー天王寺尾根入口―――塩水橋

6時45分に出て2時半に戻りましたから7時間半の歩きでした。

良いコースでしたが県民の森のコースの手入れが悪く、危険な場所が2・3か所ありました。

長尾尾根は針葉樹林の中を下りますが、ふかふかの地面が心地よくて本当に素晴らしいコース。

最初は道迷いの心配もあり、このコースを下らず丹沢山に戻る事も考えましたが。

途中で「丹沢山歩」というパーティに会い、当然詳しいだろうと思って聞いてみると。

なんとさすがに丹沢のパーティで、詳細まで確り把握していました。

安心して下りました・・・本当に素晴らしいコースでしたが、最後の県民の森の手入れ不足が残念です。

久しぶりに・・・やったあ!・・・って感じです。

なんたって駐車場が埋まっていて、路肩も最後の1台に潜り込みましたから。
クリックすると元のサイズで表示します

そして富士山が青空に映えて
クリックすると元のサイズで表示します

縦走路の眼下には神奈川県下の街が展開し、その向こうに相模灘。
クリックすると元のサイズで表示します

時期的にはツツジが綺麗に咲き、整備の行き届いた登山道。

特に長尾尾根の素晴らしさに感動。

適度な鍛錬となる幾分厳しめなコース。そして天候にも恵まれて。

山をやっていてよかった!  幸せです!

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2017/6/3  21:59

丹沢山から塔ノ岳  百名山・南関東、秩父

昨夜、卓球に未練を残しながら早く寝ました。

でも結局寝付けずにゴロゴロ寝返りばかり。

昨夜、私のブログを見たフランスの相棒が、ラインに羊の動画を送ってきました。

睡眠薬にしてくれ・・・って。

蕎麦の写真を送りつける私への意趣返しか?

それとも本当に親切心・・・なのか?

のどかな田舎を歩いているようですね。

それでも明方、アラームで目覚めたので少しは寝たようです。

4時に起きて4時15分には家を出発。

高速をガンガン飛ばして塩水橋の登山口は6時半でしたが、駐車場はほぼ満車で私が路肩の最終スペースでした。

ぎりぎりセーフ。

天王寺尾根を登りましたが、前回より遥かに厳しく山頂はへろへろでした。

塔ノ岳まで足を延ばすのを迷いましたが、ここで止めては鍛錬になりませんから辛いのを覚悟で向かいました。

ツツジが綺麗で富士山が綺麗。縦走路からは相模灘が眼下に広がります。

今日の登山者の数・・・丹沢山系の人気の高さが解ります。

今日、塔ノ岳山頂には300人ほどいて、下山にかかった私とすれ違った人も数百人です。

楽しみのバリエーションが広い山系なのが、人気の原点なのでしょう。

ただどこの登山口も駐車場が狭くて・・・山ですから当然ですが。

更には登山口までへの道が狭く・・・すれ違いが難しく、帰路で2回もバックさせられました。

日本のチベット徳島の剣山登山の苦労が甦りました。

そして何よりも塩水橋までの案内表示が、全くありません。

交差点の名前も表示されておらず、どこで右折してよいやら・・・。

幸いナビが交差点名を表示してくれているので、それを頼りに地図とにらめっこして何とか到着できました。

今はナビが役に立ってますが、前回丹沢に登ったのはナビが付いていない時代でしたから・・・どうやって塩水橋にたどり着けたのでしょうね?

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ