2013/6/28  21:21

屋久島観光  百名山・九州

時間がある人は『天候が回復するまで待って登頂する』と言う人が多いと思います。ただ今回のケースは二日後でも三日後でも天候の回復は望めませんでした。流石にそこまで滞在を伸ばすことは性格的に不可能でした。

リフォームの業者がくることになっていて・・・しかしこれも妻が『対応するから良いよ』と言ってくれてはいました。だから最悪伸ばそうと思えば1日2日は伸ばせはしました。

ですが数日待ってもどうせ改善が見込めないなら、チケット代を無駄にしない日に登るのが最善策でした。

とにかく忙しくて・・・今日になって疲れがどっと出たようで、居眠りばかりしています。

急いで戻ったおかげで、リフォームに自分で立ち会う事ができました。最初から約束した価格の件でトラブルがあり、どうしても自分で確認しておきたかったのです。写真はリフォームの一コマで、床材を張直してます。
クリックすると元のサイズで表示します

今日早速HISに行って悪天候による、飛行機欠航の払い戻し手続きをしてきました。悪天候でも必ず払い戻されるとは限らないと言われ、一瞬憮然としましたが払い戻される事になって一安心。

多分高速船トッピー代金8.200円にもならないほどだと思います。戻るのは5.000円ぐらいかな?
あのままモタモタしていて屋久島にもう一泊していたら、民宿でも5.000円はかかったと思うのでトントンの結果オーライでしょう。

プラス思考で・・・払い戻し分と、得をした民宿代金、それに和尚さんが出してくれたタクシー代・・・。もろもろ計算すると雨による損失は無かったと言えます。

マイナス思考では・・・十数万も払って雨の中を登山したのは大幅な損失ですから、絶対プラスにしか考えない事にします。

そしてその得した分で、強風で飛ばされたザックカバーも買ってきました。今シーズンは雨が多そうで、まだまだ山歩きが続くので必需品です。

島内観光と言えば・・・屋久杉でしょう、やっぱり。川上杉や紀元杉を雨の中で見てきました。縄文杉は残念ながらコースが違っていて、観られませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

紀元杉だと2.000年とか。実際3.000年を観ていないので違いが判りませんが、写真で見ただけでも感動が違う気がします。1.000年の違いは、全く違うモノなのだと思います。やっぱり観て置けば良かったかなーーー。あとチャンスが無いのだから。

ガジュマル園も数か所にあって・・・志度子のを観てきました。クワ科の常緑高木で、枝から気根(きこん)というものを地面に向かって垂らします。それが地面に着いて根となって増えて行きます。

その気根が途中で【がんじがらめ】に絡み合っているところから、なまって【ガジュマル】になったという説があります。屋久島などは雨が多く、空中から酸素を取り込むために根を垂れ提げていると考えられています。

何か・・・ハブでも出て来そうで、ジャングルは良い気持ちではありません。屋久島にはハブはいませんので安心ですが、もっとも・・・あんな土砂降りでは生息しているはずのマムシさえ見ませんでした。生き物の世界は天候と違って平和な島のようです。

垂れさがっている気根です。
クリックすると元のサイズで表示します

ガジュマルの木です。うっそうとしていて昼でも暗いジャングルです。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2013/6/27  20:38

宮ノ浦岳登山  百名山・九州

都合4日間の日程でしたから、1日雨に降られても十分登頂して帰れるはずでした。甘かった・・・というか、この時期の九州を選んだのは、ほぼ無謀に近かった。

到着した日の雨が凄くて・・・まるで南洋諸島のスコールでした。泊まったホテルの私の部屋が川がぶつかってくるような位置だったのですが、護岸が崩れるのでは・・・と心配になるほど。
クリックすると元のサイズで表示します

不安になるでしょう・・・私でなくとも。夜中に寝入っている時に増水したら、ホテルの人は起きているのでしょうか?  そんなんでおちおち寝ても居られません。

翌日の平水時の写真も乗せときます。大潮だったこともありますが・・・あまりに違うでしょう。ロビーからの写真でちょっと角度が違っていますが、違いをお分かり頂けると思います。
クリックすると元のサイズで表示します

とにかく屋久島の雨はすごくって、とうとう翌日の登山は止める事にして眠りにつきました。朝起きるといまだに強い雨。止めといて正解でした。

とっ思ったのですが山の上はいざ知らず、下界では8時ごろからは薄日が射したり小雨が落ちてきたりの天候でした。

お蔭でたっぷり島内観光ができました。ガジュマル園、ウミガメ産卵地、大川の滝、平内海中温泉・・・・・でも宿に戻って後悔することに。この日に登っておけばよかった・・・っと。

何と翌日は大変な雨の予報だったんです。二度と訪れることが無いであろう地ですから、島内観光ができた事が良かったと理解するしかありません。

日程的にはもう余裕が無く、天候が悪くなると判っていて山に登るのも・・・あまり楽しくはありませんが、運にかけるしかないのかなー。

妻に相談して、最悪の場合は滞在を延期することにしました。飛行機代はパックなので欠航以外は変更できず、数万円を捨てる事になります。でもまた埼玉から出かけてくる元気は湧かないので、100名山も99座で終わる事になりそう・・・それよりは良いか。

見かねた相棒が『5万円あげるから何日でも待って登頂して帰ってこい』って言ってくれて。
よろこんで甘える事にしました。

でもとりあえず登山口までは行って見よう・・・眠れない夜でまんじりともしない時間が過ぎていって、3時半に起きだして準備。雨は夕べからここまで全く降っていません。かすかな期待が・・・。

何とかなるかなーー・・・って思った矢先にバケツをひっくり返したような雨。ザックを車に積む間にもずぶ濡れでした。

起きた以上は何が何でも登山口まで行こう。1時間かけて淀川口へ。5時から登るはずでしたが、とてもの事に土砂降りの中は気後れして。

待っていたご夫婦やタクシーで来た縦走者と、トイレの軒下で話しながら一時間ほど待っていました。ご夫婦は諦めて帰ったのですが、代わりにプロのガイドさんがそれぞれお客を連れて二人。

これで大分心強くなりました。いずれのガイドも山頂を往復で案内するとか。万が一怪我などがあっても、ガイドが連れている客の登山者より私が健脚なら、前を進むことができます。後から来て発見してもらえる・・・!!   見殺しにはしないでしょう、きっと!!

更に・・・何と悪い事に・・・6時頃に雨が止んでしまったんです。これでその気になってしまいました。何時かは絶対降られると判っていて・・・。みんな私の行動を心配しているだろうなーーと思いながらも。

何時降るか・・・何時降るか・・・それを考えながら歩いてました。でもとうとう3時間半かかった山頂まで降ることは無く、下山して2時間・・・淀川小屋に着くまで降られずに済みました。ロケーションは最悪ですが、天候にはまだ・・・救われました。
クリックすると元のサイズで表示します

ところが小屋で食事休憩をしていると・・・とうとうやってきました。もの凄い強烈なヤツで小屋の中まで吹き込んでくるほど。

30分も待ったのですが止む気配はなく、しびれを切らして土砂降りの中を下山します。一緒に休んでいた10人ほどのパーティも、この方たちは途中で断念して戻ってきたのですが、私の後を追って下山してきました。

こんな雨だとカッパなんて役に立ちません。登山道は川のようだし、頭のてっぺんから靴の中まで・・・泳いだようなもんです。記憶に残る登山・・・って相棒も、妻も言うけど・・・やっぱり楽しくは無いな〜〜!

相棒が50.000円くれると言うので、滞在を延長して登ったことにしますから、無理して強行したことは内緒にしてください。
下山した時の登山口の様子です。車の屋根に跳ねるしぶきで、雨の強さが解りますか?
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2013/6/26  22:45

無事帰還  百名山・九州

今日の飛行機の時間は午後14時の屋久島発でした。しかし天気予報は午後ほど荒れるみたい。

朝一番で空港に行きました。そしたら9時半の便に空席があり、変更してチケットを確保。天候はそれほどでもなく、なんとなく飛べそう。少し・・・落ち着きを取り戻して待ちました。

しかし待てど暮らせど鹿児島からの便が着陸せず、鹿児島に帰っていきました。直ぐにカウンターに並んで鹿児島からのチケットを確保し、屋久島からは高速船【トッピー】にしました。

これは波が4mになるまで動くので、今日は大丈夫でした。空港からみんなタクシーで大移動で宮之浦の港に。私も宮崎の勝蓮寺(法華宗)の住職とタクシーで向かいました。

法華宗の若手僧侶研修会があり、講師として屋久島に来ていました。その方と飛行機を待ちながら色々教えて貰っていたので、欠航と判ったとたんに二人でトッピーに変更しました。

タクシー代を和尚さんが払ってくれ、半分出そうとしたのですが御仏に使える方の心は広く『1人で乗っても支払っていたんだから』と受け取ってくれませんでした。

トッピー・・・不安でした。窓より波が高くなると・・・怖いですよ。錦江湾に入った途端に波は穏やかになり、胸を撫で下ろしました。

港で和尚さんはタクシーで何処かへ。私はバスで鹿児島中央駅へ。そしたら港から直接空港行きのリムジンがあったそうです。それを知らずに中央駅まで来てしまいました。

直ぐに鹿児島空港行きのリムジン乗り場に行くと、何とリムジンに和尚さんが乗っていてビックリ。何か深い縁を感じます。

鹿児島から羽田は順調で・・・・・無事自宅に帰還できました。もうヘトヘトで・・・今日はここまでです。明日から何日かかけて【屋久島】をご紹介します。これから世界遺産の屋久島に予定がある方、是非おいで下さい。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2013/6/25  17:47

宮ノ浦岳  百名山・九州

大雨をついて今日登頂しました。天気が悪いと判っていて、登るのもどうかと思うでしょう。

明日の飛行機なので・・・・・余裕が無くなり。妻に相談して滞在を延ばすことも検討しました。

とりあえず登山口まで行って待っていると、けっこう大勢の登山者がきて、なかにはガイド付きで登る人もいて、みんな止める雰囲気なし。悪いことにどしゃ降りの雨が6時頃に止んだのです。

ついつい何時かは降りだすのを判っていて出かけてしまいました。ですがこのあと山頂に立ち、淀川小屋に戻ってくるまで雨に降られませんでした。

ラッキーと思ったのは浅はかでした。食事をしながら雨宿りしていましたが、小屋に吹き込むほどの雨が一向に止まず、痺れを切らしてどしゃ降りの中を下山。靴までずぶ濡れ。

悪いことに山頂付近の強風でザックカバーが飛ばされ、中まで水浸しになりました。登山道はほとんど川の状態でした。まあ・・・これまでに無い経験でした。

ご心配いただきましたが、何とか90座達成。雨の中の登山は、やっはり楽しくない。でも今回を逃したら再び屋久島まで来るエネルギーが湧かなかったと思います。

『何時か再びチャンスがあったら』って簡単に言います、いつもなら。でも屋久島は無理だと思います。

そんなんで・・・人生最後の機会と思って、名前のある杉を何本か見てきました。凄い、圧巻、3000年の時を刻んだエネルギーを持って帰って妻にあげます。

明日飛行機飛ぶかな? 不安です。
3

2013/5/21  23:14

宮之浦岳の情報  百名山・九州

2軒のツーリストで屋久島の状況を確認してきました。6月末の予定で宿を探してもらうと、あまり残っていませんでした。梅雨の間なのに流石に人気の百名山です。

タクシー料金を考えると淀河登山口に近い施設に限定されますが、レンタカーにすれば島中どこでも構わないので選択肢は広がります。

検討している宿は一人で部屋を使うと、1泊5.000円もついかされるんです。3泊で15.000円ですから、考えてしまいます。やっぱりジャルパックは高いなーー。

飛行機は…鹿児島乗継で探しましたが、余裕で大丈夫そうです。レンタカーもまだまだ空いています。

飛行機が確実に取れると解りましたから、ツーリストには飛行機だけを依頼して宿は自分で探すのも手かもしれません。甘い考えか・・・これからネットで探してみます。

屋久島に渡るのにジェットフェリー(2時間ほどかかる)を使うと10.000円安くなります。その代り鹿児島空港から港まで、自分で移動しなければなりません。それを考えるとやっぱり飛行機乗継です。

相棒に帰り道電話で相談すると、屋久島便は滑走路が短いのでちょっとした雨で欠航になるよ!

欠航なら時間もあるので構いません・・・がっ、落ちないでもらいたい。飛行機はそれがイヤなんです。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ