2016/9/22  21:20

亀甲船  韓国旅行

朝食事を済ませて直ぐ、キャンピングカーのバーコードを落とそうと、洗車しました。

雨が降りしきる中で合羽を着て。ところが石油系のワックスが古くなっていて、こびり付いたバーコードは簡単に落ちてくれませんでした。

腕が動かなくなるほど擦りましたが、まだまだ斑に汚れが残ってます。中国から飛散してくる化石燃料のススなのでしょう。

車の汚れならまだしも、人間が吸いこんでいることを思うと怖いですね。

放射能と双璧です。

11時にお彼岸でお墓詣りに行く都合があったので、10時45分に止めました。

まだまだスッキリ綺麗になってません。

何故雨の中か・・・というと、母の三回忌で岩手に行くのですが、親戚が集まるのに車が汚いと恥ずかしい。

時間もないし仕方なく雨の中の洗車でした。

ところで韓国でやり残した2点目。亀甲船を見なかった事。

文禄の役のさい日本軍とたたかったイ・スンシンという将軍が作ったと言われてますが、カメの形をした軍船です。

表面を亀の甲羅のように鉄の鋼板覆った船で、見るからに亀の形をしてました。(ドラマの中では)

その軍船がイ・スンシンの銅像がある世宗大路の地下に展示されているとか。

勿論本物ではありませんが、縮尺が55%でかなり大きいモノのようです。

日本軍はイ・スンシンに敗れたと言って過言ではないと思います。がっこの船が本当に実在したのでしょうか?

記録も存在し船は実在したと考えられてますが、この海戦に参戦したかは不明です。

この海戦は12隻対300隻ぐらいで、圧倒的に日本軍が有利だったのです。

こう書くからには・・・日本軍は破れました。

これを機に日本軍は追い詰められていくのですが、その責任のなすり合いで石田三成や加藤清正などの豊臣恩顧の大名間に亀裂が入り、豊臣政権は基盤が崩壊していくのです。

そんな歴史上の大転換点になった・・・と言われている海戦に亀甲船が存在していたら・・・ドラマですね・・・ドリームですね。

妻はまだ・・・必ず見に行く・・・と言い張ってます。イ・スンシンというドラマ好きでしたから。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2016/9/21  23:39

思い残した事  韓国旅行

いつもの事ですが・・・私は一度の旅行でも、一度の登山でも・・・三度楽しむことを旨としています。

一度目は計画して下調べをする時。そして二度目は実際に行動して体験した時。三度目は戻ってからホームページにアップしたりブログに書く時に思いを新たにする・・・。

今回も韓国旅行の整理をしていたら、楽しむどころか残念な事に気が付きました。

今現在で既に残念な事が三個も見つかりました。

一つ目は南山谷韓屋村でお盆のイベント。カンガンスルレという民族舞踏を見ないで帰ってきたこと。

二つ目は世宗大路でイ・スンシンの像を見ただけで帰ってきたこと。豊臣秀吉軍を破った亀甲船の模型が展示されていたらしい。

そして三つ目が清渓川(ちょんげちょん)の夜景を見なかった事

後から調べて解った事ですけど返す返すも残念で、亀甲船については妻はもう一回ソウルまで行って必ず見ると意気込んでます。

その一つ目のカンガンスルレ
韓国の舞踏音楽は宮廷で伝承されたものと、民間の間で伝承されてきたものとに大別できます。

その民間から派生したものの一つが先日もアップしたサムルノリ(農楽)。カンガンスルレもそうした民間の間で伝承されてきたもの。

世界無形遺産に登録されるほどの、伝統芸能だったとは・・・残念。

リハーサルは見ました。正式の舞台では民族衣装に着替えて踊るはず。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カンガンスルレとは輪になって踊る仲間たちがこえを掛け合う言葉なんですが、それがまた妙に心に沁み込みやすいんです。

弾むようなリズムで、思わず輪の中に入りたくなるような・・・そんな民族舞踊なんです。

明日は亀甲船について書いてみます。
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2016/9/19  22:06

隣国  韓国旅行

私たちが旅をしていた間、韓国はちょうどお盆の時季でした。

だから韓国人はお休み。お店もお休みが多く、田舎に帰る道は渋滞し、ソウルの人口は減ります。

儒教が国の根幹にある韓国は、先祖を祭るお盆のような行事は、物凄く大切なモノなのです。

帰省してお墓参りは欠かせません。それなのに仁寺洞や明洞の夜は観光客の波。普通には歩けないほどの混雑です。
クリックすると元のサイズで表示します

仁寺洞の様子です。この写真だけでは空いてそうに見えますが、歩く人の邪魔にならないほどに空いている場所で写しているためです。

そんな時期ですから・・・13日の日に娘に韓国のりを送ったのですが、17日にしか発送できないと言われてました。

今日、娘からのりが届いたとの連絡があました。本当に土曜に発送したとしたら、僅かに二日間で届いたことになります。

国内でも北海道や九州は二日かかるでしょうから、同じ日数で届く韓国は本当に近い国です。

仲が悪いですけどね。

南山谷韓屋村でのこと。70歳は過ぎていると思われるおじさんが、一生懸命私に何か説明していました。

言葉が解らないので適当に相槌を打っていると・・・さすがに外国人と思ったらしく。

チャイナ?  と聞いてきました。

私が  イルポンって応えると・・・フーンと言ったきり、そのあとは私を無視し続けていました。

日本が嫌いなようです。私は韓国に何も悪い事をしてませんから・・・嫌いだと言われてもねー。

ましてや・・・謝る事もできません。お互い・・・もう前を見る事が必要だと思うのですが。

日本の行為で被害を受けた方々にしてみれば、忘れられるはずのない心の傷なのでしょうね!

如何したらいいんでしょう。私には答えが解りません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2016/9/17  23:08

帰国  韓国旅行

ソウルは朝雨でした。この旅行中では初の雨で、恵まれた旅に終始しました。

ホテル前でタクシーに荷物を積むとき、ポーターさんが雨の中をやってくれて・・・チップをやろうとしたら相棒は細かいのが無く、私も5000Wしかなくて奮発しちゃいました。

金浦に着くころには雨も上がり、荷物も私たちも濡れずに済みました。

事前に娘に言われていた・・・金浦のラウンジは粗末で、たいした食べ物は無い・・・と。

でも結構ありましたよ!  パンはサンドイッチ風が2種。おにぎりにカップめん。リンゴパイ(?)なのかその雰囲気なのが2種、チョコレートケーキにチーズ。カシューナッツなどのおつまみ風が2種・・・。

当然、おつまみを沢山お皿に盛ってビールをいただきました。

金浦の場合はJALだけのラウンジではなく、乗り入れている航空会社の御客が利用します。

チケットが発行されてからしか入れないのは一緒ですが、問題はゲートを通ってからでは利用できなくなりますから注意が必要です。

私たちは食事を摂ってから、ロッテモールに行ってお土産を買いました。

大型の店舗でどこに何があるのか解らず、少し困りましたが売り場を聞く事ができました。

私の韓国語・・・少しは通じると解りました。これを機会に市のカルチャー講座でも受講しようと思います。

読んで書くことは少しはできますが、聞き取りが難しくて完全な会話にはなりません。

余談ですが・・・今日の帰りの便は大韓航空とのシェア便です。でも機内食は日本料理でした。

往路もおかず類は美味しかったのですが、メインの焼きそばがちょっと・・・。

それが帰路では美味しい日本食で、妻も完食しました。こんな事は滅多にない事です。

妻曰く・・・今回の旅行で一番美味しい食事だった。

とにかく無事に戻れました。交通費を出してくれた娘に・・・疲れた体に鞭打って一緒に出掛けてくれた相棒に・・・感謝です。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2016/9/16  19:26

二人でホームパーティー  韓国旅行

朝、歩いて明洞(ミョンドン)聖堂へ。ホテルから10分。この教会は韓国で一番古いカトリックの教会。

言わば韓国のキリスト教の聖地のようなもの。見ておくべきです。

仏教徒の私はキリスト様に信仰心はありませんが、教会には必ず素晴らしい美術品があります。

教会そのものが美術品とも言えます。展示されている宗教画や、時に物語を表現しているステンドグラス。

だから信者でもないのに、教会に出入りします。信者の方が数人お祈りをしてました。

迷惑な私たちでした。

そして国立民族学博物館へ。お盆で無料でした。

きょうもサムルノリがあって喜んだら、午後3時からで諦めまし。

今回の韓国旅行の最期は東大門市場(トンデムンシジャン)。南大門市場(ナンデムンシジャン)は小さいお店が長屋のように続くのに対して、大型の店舗が続きます。ミリオレやヒュンダイなどで。

隣に小型のクアンガンシジャンなどが四つほどありますが、お盆でなのかどの店も開いてませんでした。

夜中までやっているので、開くのが夕方6時と書いてあるほんもあります。

ミリオレで買い物しましたが、サイズが合わないとかーーー値引きしてとか会話が成り立ちました。

わずか二週間ほどの付け焼き刃でしたが、立派なものでしょう。5年前に勉強した貯金が残ってました。

私の場合は会話だけでなく、書いて読めるのが自慢です。そのせいか〜〜〜会話が一番劣ります。

わかっているのに咄嗟に出てこないのも多いのです。

最後の夜は相棒のお腹の具合が悪いので、食べに出るのをやめました。

そして〜〜〜妻がドラマにいつも登場するチキンが食べたいと言うので、明洞のお店を見ながらテイクアウトしてホテルに戻りました。

韓国最後の夜、二人でホームパーティー。何とかケンカせずに終われたので、二人で乾杯です。明日は日本からのアップです。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ