2010/8/12  20:01

茶豆  グルメ

夕べは姪が泊まってくれて妻と私は息子レオ君の介護から解放され、ゆっくり睡眠をとることが出来ました。少し生き返りましたがまた何時どんな状況が待ち受けているのか・・・全く余談を許さない状況が続きます。

朝方かなり確りしていたのですが病院から戻って以降この時間まで、身体を横たえているだけの状態が続いています。水も摂りませんので夕方点滴をしてもらってきました。栄養剤もあまり効果が無いのか、再び横になったままです。

今日、新潟の知り合いから枝豆が届きました。毎年送っていただいて美味しく頂いています。豆と言うと何処にでもありますが、これはそんじょそこらで採れる豆とは格段に違います。芳醇な香りとえもいわれぬ甘さが、食べる人の味覚を魅了してやみません。

新潟は小平方と言うところで栽培されている【小平方茶豆】がそれです。新潟に根付いてかなりの時を経ましたが、もともとのルーツはおそらくは多くの方がお聞き覚えのある【山形のだだちゃ豆】です。経緯はわかりませんが新潟でも栽培されるようになりました。

枝豆と言えば夏のビールとは切っても切れない関係にあります。私の生活レベルでは第三のビールが精々・・・ではありますが今日早速頂きました。相変わらず美味しかったです。相手が発泡酒でも・・・枝豆は切っても切れません。

茹で上げた後に・・・よく水をかけ流して冷ます方がいますが、それはやめてください。枝豆の味を半減させてしまいます。ザルにあけて冷やすので十分です。茹ですぎると食感も失われるのでこれも要注意です。

こんなサイトを見つけましたので、訪問してみてください。
 http://seica.info
このページが開いたら 右上の検索欄にカタログナンバー00013840と入力してください。
右のリンク集にリンクしておきます。たかが枝豆と侮る無かれ・・・ですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2010/8/6  0:11

試食  グルメ

昨日の続きですが試食させていただいた豆腐や油揚げ、お稲荷さん用の味付け油揚げなどを買って帰り今日まで豆腐を食べていました。確り豆の味があり最後になんとも心地よい甘みが口いっぱいに広がります。

豆腐の美味しいお店はかなり知っていますが、この太子食品も決して遜色の無い味で工場生産も馬鹿にしたものではありません。その工場をしっかり案内していただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

説明を聞く女王様です。
試食と言っても・・・びっくりしますよ。昨日も書きましたが最初に豆乳と豆腐が出てきて、豆腐はおわんにいっぱい出てきますので美味しいものでなければ・・・結構きついと思いますが、幸いなことにペロリといける味でした。そして油揚げと酢味噌で食べる刺身コンニャク、ヨーグルト風に仕立てたマンゴー入りのデザート・・・これは販売していないので工場見学しないと口には入りません。そして豆乳で作ったソフトクリーム・・・結構お腹いっぱいになります。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は残り少なくなったおわんを写しました。先に写さず・・・すみません。
美味しそうに見えませんが、自信を持って・・・美味しいです。
何よりこの会社の姿勢が気に入りました。絶対に遺伝子組み換えの大豆は使わないと社長が宣言していて、過去に【ガイアの夜明け】で取り上げられ、それを私も見ていました。

この夏、妻の生徒達を連れて行きます。豆腐が嫌いな子が多いと困りますが、今日聞いたらみんな豆腐作り体験を楽しみにしていました。他人のお子さんを預かるのですから、例え一回でも安全なものを食べさせたい・・・その上美味しいのですから、喜んでもらえると思います。

話変わって・・・ホ・ジュンは58話まで見終えました。面白いです。教えてくれた大阪のTさんありがとうございました。本当に楽しんでいます。

あまりにも純真で・・・お人好しで・・・『こんな人いるわけ無いじゃん。ここまでなるとウソ』って妻が言っています。良いんです・・・実際にいても・・・いなくても。こんな生き方現代には通用しない・・・重々承知しながら見ているんですから。
ただ無性に【純真なものに感動したい】時ってありませんか。男とはそういう動物で、思考が現実的に偏ってしまう女性との決定的な違いが・・・ここなんです。そう思いませんか。


平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2010/6/9  22:32

聖天寿司  グルメ

ここ数日妻は『歯が痛い』と言っていました。元々は玉川温泉に行く前に詰めたものが取れていたのですが、【玉川湯治】があり【戻って腰椎ヘルニア】で歯医者に行けずにいました。本人は『坐骨神経痛で歯を食いしばったためにひどい状態になった』と言っています。

早く行きたかったのですが診察用の椅子に座っていられるか・・・椅子を立てたり寝かせたりに不安だったのです。それが『今日、行きたい』という事は、【痛みが来ない】事に少し自信も出来たのでしょう。

歯の痛みを取りたいと思えるようになったということは、坐骨神経痛の痛みが治まってきたのでしょう。

羽生歯科クリニックは娘の先輩で、私はいつもお世話になっていました。少々無理を言っても聞いてくれますし、何より【痛み】を感じさせないで治療してくれます。とにかく患者本位の治療を心がけてくれます。今日も神経痛の痛みを話してお願いしました。

茨城の鉄人が『リタイヤしたらとりあえず身体のケア』とアドバイスしてくれていたのですが、なんだか遊びの計画は何処へやら、身体のケアばかりになってしまいました。
それも夫婦二人で・・・。当分遊びや旅行は無理でしょう。

帰りちょうどお昼でしたから聖天様【現熊谷市、旧妻沼町】で聖天寿司を買ってきました。我が家ではこれを良く食べます。
妻沼には三店舗ありますが、この聖天寿司が一番我が家の好みに近い味です。
でも何だか甘味が強く感じるようになりました。微妙に変化しているのでしょうか。

好きで食べていましたしホームページのグルメコーナーでも紹介していますが、お店のお客さんへの対応は合格点とは言えませんので、承知の上で行ってください。
『こんなもんだ』と割り切ってしまえば気にもなりませんが・・・。

この寿司には【当り】があります。写真にも写っていますが、干瓢(かんぴょう)で巻かれたものが入っていたら喜んでください。本当はアゲが破れたのを抑えているのだと思いますが・・・得した気分になります。
またお店の人に『いらっしゃいませ』とか『ありがとうございました』と言われても当りです。多分宝くじほどの確率ですから・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2010/6/1  22:40

食欲  グルメ

今朝起きるとやはり少し強い痛みが続いていました。しかし日中は昨日までの痛みがウソのように改善されていました。
私も安心して猫の額の畑をいじり、それを庭に出て立って見ていたりしていました。
空いているスペースに小松菜を植えました。時季を10日ほどずらしてまた植えます。

食欲もでて『何時もの【久(ひさ)】の餃子が食べたい』と言う状態でした。痛みで食べる意欲も削がれている状態でしたから、三度の食事の準備にも頭を悩ませていたんです。食べたい・・・と言う気持ちの変化は快方への兆しだと思っていました。

そのお店の餃子は近所では評判のB級グルメで、私の従兄弟は毎日食べているほどです。写真では上手そうに見えませんが、間違いなく【田舎グルメ】です。
クリックすると元のサイズで表示します

風呂も一週間ぶりに入りました。温まると心地よい感じがあるのかもしれません。ついつい長湯をさせてしまいました。

夕食が済んだ頃、痛みは再びやってきました。昨日、今日と歯ををかみ締めて耐えるような痛みは無かったのですが、そのクラスの痛みのようで『明日病院に行く』と言っています。今ベッドに横にさせました。
本当は木曜に二度目のブロック注射の予定なのですが、明日行って何か対応してもらえるのでしょうか?

打ったときは効果があると思ったのですが、意外と短い効果です。あと何回か打たないと本当の効果は出てこないのでしょう。

私も少し弱気になってきました。昨日でかなり張り詰めていたものを下ろして、気が抜けていたところにこの痛みですから受けた衝撃は倍増です。

この一週間、洗濯・掃除・布団干し・三度の食事の準備と後始末・妻の介助・犬の世話etc・・・少しヘタばり気味です。しかし確かにこんななれない仕事も辛いのですが、何より辛いのは痛みに耐えている妻をただ見ているしかないこと・・・。
唯一の息抜きはトマトやキュウリの成長を見ている僅か数分だけです。

それにしても女性は強いですね。痛みにも・・・そして私が僅か一週間で音を上げていることを数十年続けているんですから・・・。その他にも妻は仕事も精力的にこなしています。まさに怪物・・・です。


平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
11

2010/4/17  22:22

御用蔵祭り  グルメ

新米退職者は3度目の土曜を迎えました。眠れない夜の【羊の数】でもあるまいし、何時までも数えていられるとは思いませんが・・・何もやる事もないので。

一週目が沼田の街をぶらついてから、丸沼まで出かけました。2週目が近くのモールまで歩きました。そして今日は近くの味噌屋さんのイベントで遊んできました。


こんな退職者の怠惰な生活が危なっかしくて見ていられないのか、茨城に住む鉄人さんからメールが届きました。私の仲間にも鉄人がいますが・・・茨城の鉄人は驚くほどの鉄人です。もともと鉄人と呼ばれる人は驚くような人でしょうが、この人の鉄人ぶりは半端ではありません。

徳島の遊びの達人を通じて知り合ったのですが、80歳になろうとしているのにいまだに海に潜って魚を突きます。そんなマッチョな面がある一方でピアノを弾いて生計の足しにしていたという繊細な部分もあります。某有名作曲家すら【師匠】とあがめるほどで、つい最近国営放送でも取り上げられました。今でもクラッシックを完璧に演奏します。

非常に行動的で・・・目標を定めると猪突という部分があります。
退職してNGO(?)で夢の国際貢献を実現し、そのさなかに大病を克服して・・・今を謳歌しています。

遊びでもっとも尊敬(?)に値する話・・・【キノコなんてあたって苦しみながら知識を蓄積していく】・・・とても私ら凡人の及ぶところではありません。
海・山川の事から芸術、技術・・・本当に何でも知っているから凄い。

この方が私にアドバイスをするのは、多くの場数を踏んでいるから私がこれから踏むであろう轍を想像しての事です。
メールで【まず身体をチェックしなさい】というアドバイスでしたので、とりあえず大腸と脳のドックを予約してきました。本当にありがたいですね。

先日紹介したさだまさしの曲ではありませんが・・・まさに私が【淀みない生命(いのち)を生きている】と感じている方なんです。

この鉄人のように生きられたら・・・と思っていたのですが、最初ッからつまずいています。とっ言っても【つまずき】を深刻に考えているわけではありません。


埼玉県の最北部、神泉村は小さな山村で特別な産業もありません。その中で【御用蔵】は優良企業として村を支えていると言っても過言でありません。
主力商品は味噌・醤油・豆腐・漬物と最近はスイーツも。

地域に密着して雇用を創出し、収益を上げて税を納め、そして年に一度イベントを企画して地域に還元しています。
最近ははとバスのコースにも入っているそうですし、陳健一氏がテレビで高い評価をしたそうです。

私のホームページの【旅あれこれ】→【小さな旅エッセー】→【関東】の表から詳細がご覧いただけます。下にリンクが表示してあります。

写真は御用蔵でのイベント、ドライフラワーアートの妻の作品です。

クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ