2022/4/20  23:27

人間って悲しい  雑感

朝起きると・・・庭の通り側に作ったピンクパンサーのタワーが倒されていました。

先日の強風でも倒れなかったタワー。

万が一、上から2段は倒れたとしても、1番下のが大きな鉢がひっくり返るのは風速35メートルぐらいないと倒れません。

しかも夕べそんな風が吹いたなら、ほかの鉢が飛んでいるはずです。

フェンス越しに引き倒したものと思われます。

丁度、向かいのお宅の防犯カメラが、方向的には確りとらえているはずです。

が、簡単に直せましたから大騒ぎはしません。

世の中には寂しい人がいるものだと、悲しくなるだけです。

どんな気持ちでそんなことをするのか・・・知りたい部分もありますが。

きっと嫌なことがあって何かに当たりたかったのでしょう。

花に当たるなら・・・どうぞ。そんな気持ちです。
クリックすると元のサイズで表示します

少し倒れてしまった植え込みの花です。

めぼしはついてますけど、嫌な気分になりたくなくて早く忘れたいので、向かいのお宅の防犯カメラの記録は見ません。

ピンクパンサーはもうすぐ終わりです。

今日私は市役所で、ある委嘱された審議委員の会議でした。

人事異動等で委員も少し変わりました。

私の元居た職場からも、【識見を有する者】として委員に参加しています。

その方が私のところに寄ってきて、「OBの◆▽さんですよね」「話は聞いています」と。

私は退職して13年。

15歳も年齢が違いますから会ったことがない人でしたが、敬意を払って挨拶してくれたのでしょう。

その会議の時間に妻が家で留守番をしていると、いきなり家をのぞき込む人が。

ビックリして・・・外に出ていくと。

いつも散歩の途中で出会うと長話になるOさん。

先日、私が種を取ったら分けてくれ・・・とお願いしておいた花を届けてくれたそうです。

種をいただくだけで良かったのですが、花が届いてしまいました。

迂闊なお願いはすべきではないですね。

届いた以上はありがたく頂戴して大切に育てます。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2022/3/18  23:20

理解できる調査結果  雑感

ある記事でロシアのウクライナへの侵攻に関連した調査が載ってました。

世界80数か国で調査したらしいのですが・・・あなたは国が他国に侵略されたら命を懸けて戦いますか・・・という。

その結果【イエス】と答えた人がどれだけいるのか?

何と日本は僅かに10パーセント台で最下位だったそうです。

当然【専制君主国】が高いのは分かります。

万が一、その質問した人が体制側の人かもしれないので、うっかり【ノー】とは言えません。

ただ民主主義国家だけを見たとしても、徴兵制のある国などは当然高くなるはずです。

アメリカに負けたことによって手に入れた日本の民主主義は、いかにも脆弱です。

国家の主権や自由がどれほど大切なのか・・・浸透しずらい環境があります。

本気で憲法九条があれば守れると思っている人もいるでしょうし、人間ですから素直に死にたくもありませんし、何も自分が犠牲にならなくても・・・考えはいろいろあるでしょう。

最下位の調査結果には寂しくはありますが・・・。

ただ何とかと言う総理大臣の様に、お友達だけを優遇するやり方があるとすれば・・・。

例えばお友達や親類縁者の子息だけは、徴兵制から漏れてしまう・・・なんてことがあるかも・・・あってはいけないことですけど。

そんな不平等をさんざん見てますから・・・10パーセント台の人だけが正直に犠牲になる国なのかもしれません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2022/2/27  22:49

ウクライナ情勢  雑感

今日で侵攻から4日。

ウクライナ軍はよく持ちこたえています。

しかし、いつかは力尽きて敗れるときが来ます。

その時にウクライナ国民は・・・どんな選択をするのか。

唯々諾々とロシヤの言うがまま屈服するのか?

レジスタンスを組織し徹底抗戦するのか・・・こちらを選択すれば民間人を人質に取られてもなお戦うことを意味します。

こうなったら…ロシアは長い消耗戦に突入。ロシア兵の犠牲も増えます。

民間人の間に隠れたゲリラは、いきなり戦闘員として姿を現すのですから。

それを恐れ始めたプーチンは、禁止兵器であるクラスター爆弾を使い始めたようです。

それどころかプーチンは毒ガス兵器や核兵器も使うと、私は確信しています。

なぜならシリアの反体制勢力に対して使用した過去があります。

アサドが使用したことになってますが、シリアには当事者能力がありませんから当然プーチンが許可したことだと容易に想定できます。

このことからウクライナが世界で2番目の被爆国になると思っています。

それほどプーチンは狂気なのです。

それに同調している中国を、孫子の代まで絶対忘れないようにしましょう。

そしてプーチンは経済制裁で欧州と足並みそろえた日本に侵攻する可能性もあります。

とにかくアメリカの体たらくが馬脚を現したのですから、プーチンと習近平は引かないでしょうね。

私が軍部の人間だったら、どういう抵抗をするだろうか・・・考えてみました。

ロシアが先に実行したように、1番目はサイバーテロを仕掛けて情報攪乱。

軍部の統制を乱します。

次に決死隊を組織して、夜陰に紛れて原発を攻撃破壊。

後方攪乱を試みます。

最期は自爆テロ・・・。

kGBの監視は厳しいでしょうが、ハイジャックして9.11の様に突入する。

両国の恨みの怨嗟は限りなく続くことになります。

そんな泥沼を中国に見せつけることは・・・大いに意味があります。

本気だぞ! と。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2022/2/27  0:01

ウクライナ万歳  雑感

特にウクライナが好きなわけではなく、大国の理不尽な横暴が許せなくて、ウクライナには頑張ってもらいたい。

プーチンは最終的には化学兵器や核兵器も使うでしょうから、欧米は高みの見物をしている状況ではないと思うのです。

ロシアや中国は国際法がどうであれ、平気で非人道的な手段を行使するでしょうからウクライナの被害は甚大でしょう。

それでも屈せずに立ち上がってほしいものです。

それにしてもバイデンの弱腰には呆れます。

こんなことではアメリカを信用する国がなくなっていくでしょうね。

日本も見切りをつけて、自衛手段を構築する時期でしょう。

既に反ロ組織のパルチザンが活動を始めているようですが、西側の支援が本格的なのか疑わしい。

長〜い泥沼の時代が来ます。

第二次大戦後大国は消耗戦にすべて敗れています。

アメリカがベトナムに敗れ、ソ連がアフガニスタンに敗れ、中国がベトナムに敗れて逃げ帰りました。

アメリカは親米の南ベトナムを放り出し、ソ連はアフガニスタンのレジスタンスに完全に打ち負かされ、中国はベトナムを焼土化するという非人道的な行為をしながら逃げました。

どれだけハイテク兵器を使おうとも、しょせんは消耗戦にむ巻き込まれるのです。

どうして大国は学ばないのか・・・。

ロシアでは反戦の抗議活動が活発になっています。

プーチンと習近平・・・狂気的な人間に対抗できるのは、なにをするかわからないトランプさんが大統領でいた方が良かった!

ドイツにメルケルさんが居たら!  

岸田さんの代わりは、橋本さんが良かったかも!

いずれにしても今回学んだことは、アメリカは頼りにするに値しない。

これを機会に日本の外交路線と自衛手段を見直すべきだなあ。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2022/2/25  23:26

反発した株価  雑感

ウクライナの危機が想定されてから下落続きだった株価。

今日、一転して反発しました。

アメリカやヨーロッパがウクライナをすくうために、ロシアと衝突することは無い・・・。

大きな戦争状態にはならない・・・と踏んで、下がっている株で一儲けしようという行動なのでしょうか?

それとも何か他に理由があるのか?

株取引をやっている方は、この辺に敏感なんでしょうから、反発して株価が上がった理由を聞いてみたいものです。

儲けるためには、こんな火中の栗を拾わなければならないのでしょう。

こうしてみると、結局ウクライナ情勢は・・・他人事なんですね。

昨日も言いましたが、私には明日の日本を反映している気がして・・・明日は我が身ですから。

下がった株で儲けようと思う余裕はありませんけど。

ところで・・・変わった話題ですが、ドン・キホーテで販売していたNHKの受信料の対象にならないテレビ。

ネット動画専用で、NHKも・・・対象にならない・・・と認めているそうです。

昨今のバラエティばかりのつまらなさ・・・テレビ離れが進んでいる証だと思います。

NHKとの争いと言えば、普通のテレビでNHKだけを映らなくした筑波大の教授が開発した機器は裁判で負けました。

受診料の対象になる・・・と。

変な話ですね・・・法では【NHKを受信できる・・・】と明確に規定されているそうですが・・・受信できないのに負けた・・・。

その裁判官は国家権力におもねったのでしょう・・・きっと。

ドキホーテのテレビは売れに売れて、さらに増産して販売するそうです。

NHKに一泡吹かせたい私としては、ざまー見ろとにんまりしたい話題です。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ