2021/2/8  23:21

フィナンシャルタイムズ  雑感

と言えば英国紙ですけど・・・そのコメントには拍手です。

日本の新聞は忖度・及び腰ばかり。

果てはあろうことか嘘まで捏造して、国益を損ないました。

慰安婦問題がそうです。

今こそ原点に返ってフィナンシャルタイムズのようであれ・・・と思っています。

その英紙。

森さんが辞任しないのは【恥】を知らないからなんだそうです。

私ではなく英紙が言ってることですが、その通りだと端的に納得できます。

首相まで勤めて・・・恥を知っていれば晩節を汚してまで居座るなんて・・・しないでしょう。

英紙は謝罪も自説が間違っていたと気が付いて、自説を曲げたわけではない・・・とも。

人前で本音を言ってしまったことを撤回しただけだ・・・と。

その通りですね・・・わかりやすい社説・論評です。

一方で日本の新聞社の論説委員はこんな簡単な論理に気が付かないバカなのか・・・それともジャーナリストとしての使命感などに固執しない臆病者なのでしょうか。

イギリス人が気が付けて・・・日本人は気づけない・・・そういうレベル問題なの?

なるほどこんな低俗レベルではジャーナリストなどとは言えず・・・。

モリカケ問題も桜を見る会問題も追及できないわけですね。

4.000円ものお金を払って、政権の広報誌を読む馬鹿が日本をダメにしています。

決して低俗マスコミが悪いわけではない・・・甘えさせている読者が悪い・・・と結論。

そういえば恥を知らない人が沢山出ました。

安部さんもガースーも二階さんも河合夫妻も松本も鶴保も門も・・・きっと恥を知らない人たちなんです。

さらには橋本聖子も山下康弘も・・・恥を知らないんです。

保身の術だけは確り知っているから、恥を知らなくても生きていけるんですね。

ところでオリンピックボランティア辞退者が300人を超えてきました。

私はもっと出ると思ってましたから、これほどの少なさには驚いています。

国民の怒りはこの程度なのかと・・・。

一人の政治家が意識を変えるか変えないか・・・という矮小化した問題としてはいけなくて今回は国民が怒りを示してこそ、日本が変わって行けると思うのです。

そのためには思い出として残したいオリンピックでのボランティア活動でさえ、辞退する気概を示してほしかったのです。

しかし考え方は人それぞれですから、それほど性差別だと騒がなくてもいい・・・と考える人がいてもそれはそれで民主主義ではあります。

本質から外れた民主主義と気が付かない人の・・・民主主義ではありますけど。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2021/1/29  22:41

どうかと思うこと  雑感

連日、自民党の馬鹿どもが報道されてますけど、一部の議員は条例を盾にとって脅しに入ってきました。

鶴何とかと、路上チュー不倫で週刊誌のネタになった門松みたいな名前の人。

懲りないというか驕りしかない薄っぺらい人間。

こんなのを政治家にした二階さんと和歌山県民の意識レベルがしれますね。

と・・・自民党を批判するのはこれまでもありましたが・・・。

問題は同じ与党の公明党の議員。

どこへ行くのか知らなかっただの、クラブで酒は飲んでない・・・との呆れた言い訳。

自民党も言い訳ばかりですから言い訳は定石なんでしょう・・・政治屋には。

奥さんも知らない女の人と裸で重なっているところを見つけられても・・・今、転んだだけだ、そしたら女の人が下にいた・・・と言うはずです。

最も野党も国籍問題を説明しないで他人を攻撃ばかりしている代表代行や、もう一つの党に逃げたホテル密会の女性議員さんなどが多くいて。

自民党が失策をしても野党の支持率が上がらないから、アンチ自民の私にさえ見放されるんです。

与野党とも・・・とこれまで通りの批難コメントで終わりますが。

先の呆れた言い訳の公明党さん・・・銀座が良くなかった。

新小岩の焼鳥屋さんならまだいいわけができたかもしれませんね。

実に与党議員さんはリッチなんですね。自分で支払ったのなら・・・ですけど。

私も創価学会を支持する多くの知り合いがいますが・・・。

そのほとんどの方が豪邸に住んでいるわけでもなく、普通に生きている方々で銀座で豪遊している方を知りません。

それは・・・お前が貧乏人だから金持ちの知り合いがいないだけだろう・・・と言われればその通りです。

が、そこはおいといて・・・学会員がつつましい(?)生活をしながら支えている公明党さんがコロナ禍で銀座に行っても支持できるのが不思議です。

学会内には議員さんは特別でいいんだと言う寛大な気風が存在するのでしょうか?

私なら・・・そんな議員は辞職させろ・・・と代表に詰め寄ります。

何より・・・次回選挙には公明党には投票しない・・・と強く訴えます。

かばいあい・なれ合いだとしたら、私は学会員でなかったことをホッとしています。

ところで時短要請の飲食店で、最近10年も店をやっていなかった近くの飲み屋が・・・あきれたことに・・・8時に店を閉めます・・・と貼りだしました。

一日当たりの60.000円目当てだと思いますが・・・こんな店に30日で180万円が支払われるのは・・・どうかと思います。

税金ですからね。原資は。

配る役人も自分が困るわけではないので、簡単に支払いそうです。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2020/7/22  23:05

違うだろう! 不退転の決意  雑感

世界中がコロナで困っている時に・・・不退転の決意でオリンピック開催・・・って。

違うでしょう!

不退転の決意でコロナを収束させて・・・それができないならオリンピックも無理でしょう。

中国が沖ノ鳥島で海底調査・・・不退転の決意で中止させないと。

尖閣に中国の海警の船舶が・・・あろうことか日本の漁船を追い回して・・・急激に領海領土を主張し始めました。

不退転の決意でこの問題に当たってくれないと・・・。

マスクやGO TOを言ってる場合じゃないでしょ。

平和ボケした国民がこんな国にしてしまいました。

政治家や役人も悪いけど・・・一番悪いのは国民です。

平和は大事だけど、自分で守らないと・・・。

それにしても、いま中国で何が起こっていて、こんなに強硬姿勢なのでしょう?

韓国で何が起こっていて、こんなに反日を叫ぶのでしょう。

世界がこんなにきな臭いのに・・・オリンピック言ってるか!

本当にバカな取り巻きしかいないんだね!

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3

2020/5/24  22:04

マスゴミ  雑感

相変わらず黒川検事長関連のニュースは、ネット上から消えています。

大阪府知事だった橋下徹氏の黒川批判・政権批判記事が数件出ていましたが、今は消えてしまっています。

ヤフーが忖度してか・・・はたまたどこからか圧力があって取り上げないのか?

それとも本来自ら報道すべき朝日と産経がだんまりを決め込んでいるのか?

都合の悪いことは報じないという姿勢だとしたら、マスコミとしての意義を自ら放棄したことになります。

それとも政権から・・・今は沈静化を図ってくれと言われてコメントできないのか?

そうだとしても毎日と読売は報道すべきでしょう。

こんな自らの使命をかなぐり捨てる4大紙を、お金を払ってまで・・・まだ読みますか。

これらの新聞社の有料ネット記事を・・・まだ読みますか。

木村花さんの件も確かに大きな社会問題ですが、それと同等の件数の記事があるべきだと私は思うのですが・・・マスコミの内部には自浄作用が機能しないシステムがあるようです。

主筆のナベツネさん・・・入社式で「わが社は安泰だ」と新入社員に言ったそうですが。

こんな姿勢が国民の知る権利と乖離していると気が付かないで・・・安泰なわけがない。

権力にすり寄る姿勢が、いつの日が国民から厳しい審判を受けるはずです。

表題の【コ】に濁点がついて【ゴ】になっているのは、意図したものですから誤字ではありません。

ところで安部さん・・・何をしても何を言ってもたたかれる・・・と漏らしたとか。

しかも記者会見などの発言も「国民の心に全く響かない」と繰り返し報道されます。

なぜなのか・・・ご自身では本当にわかっていないみたいです。

こんな時、正しく国民感情や情報を伝えるのが、補佐官や政務官、秘書だと思うのですが・・・。

イエスマンだけが出世する体質が、裸の王様を作ったのですね・・・きっと。

私が一つアドバイスするとすれば・・・

コロナ患者を受け入れた医療機関従事者に20万円の手当を出すそうです。

出さないよりは良いから反対はしませんが・・・命を懸けて戦って20万かい?

子供は幼稚園から登園拒否され、子供にコロナを感染させるリスクと不安と恐怖におびえながら・・・が20万円かい!

河合杏里への1憶五千万円を思い出すとむなしすぎて。

眼帯のようなつまらないごみ付きマスクに466億円もかけて。

桜を見る会の数億円が意味不明で。

加計学園への80億円だって、今治市には別の補助金で補填することが十分考えられ。

そしてバレそうになると・・・文書廃棄や嘘で突っぱねて!

さらには賭博罪に匹敵する検事長を法解釈を曲げてまで定年延長して・・・本来犯罪者になるべき検事さんに7.000万円の追い銭をして。

安部さんのお友達は皆さん税金でいい思いをしていると・・・国民は知ってますから。

医療従事者に20万出すと言っても・・・誰の心にも響かないのですよ。

ところでコロナ患者を受け入れする病院ではないものの、知らずに患者と接触して院内感染を起こした病院は・・・手当が出るの? 出ないの?

また・・・もめますね!

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2020/5/21  22:15

アベノギワク  雑感

またしても新造語ですが、今日は政治の話・・・と言うよりは、政治家とは認められない人の話です。

焦っていたわけが分かりましたでしょう皆さん。

今回の弁護士600人による「桜を見る会前夜祭」政治資金規制法違反による告発。

万が一、地検が捜査した時に備えて、検事総長を自分の犬にしておきたかったんですね。

まだまだ大きい問題も隠れていると思いますが、とりあえずは想像の範囲ですからコメントを控えます。

はっきりしているだけでも森友・加計・桜ときて、新たに河合杏里にわたった1億5千万円の出どころ、マスクの契約は適正だったか・・・。

これより大きいのがあるのは間違いありません。

法律の解釈を曲げてまで、検事総長に据えようとしたほど・・・不安な材料があるのです。あの人に・・・。

検事総長候補だった黒川さんも、安部さんと縁がなければ2月に退官を迎えてもっと穏やかな日々だったのに、欲をかいて人生と経歴に汚点が付きました。

黙って文春砲が出る前の2月以降の早い時期に辞任していればよかったのに。

文春はかなり前からつかんでいて、一番効果的な時期に報道しようと狙ってました。

皆さんもこれで納得がいったと思うのですが、マスコミの癒着と体たらくが。

権力者とべったり・・・と言うのが彼らのステータスなんです。

性的暴行をしてもお友達なら逮捕も起訴も免れることができるのです。

国会記者クラブだとか、警視庁記者クラブだとか・・・正しい報道と思っては絶対いけません。

権力者におもねった記事だと思って間違いありませんから。

持ちつ持たれつって、この人たちのための言葉なんです。

それにしても一昨日の強行採決を見送った検察庁法改正。

不思議でしたよね・・・SMSなどの声がどうあれ、強行採決に踏み切るのは確実だったのに。

一転身をひるがえして・・・どう考えても支持率低下を懸念してだけとは思えませんでした。

そしたら・・・この【賭け麻雀】が出てきたのですから。

この・・・身のひるがえし方は・・・神業に近いですよ。

長期政権もうなづけます。

今回の騒動を想像するに、安部さんが危機一髪身をひるがえす事ができたのは、朝日からのリークでしょう。

文春は朝日や産経の当事者に取材を交渉したのでは?

慌てた朝日の当事者が会社に報告。

しかしこのまま文春砲がさく裂しては、朝日のイメージも台無し。

政権からにらまれている朝日としては、心象を良くするために事前に政府に相談したのではないか?

同じことが産経でも行われたかもしれません。

そこでトカゲのしっぽにされたのが黒川さんでしょう。

それにしても見事な落としどころですが・・・このままモリカケのように終わるかどうかは、国民世論の動向次第。

マスコミの報道姿勢にかかっていると思います。

まるで観てきたような想像ですが・・・何を言いたいかというと、新聞記者と言えど欲がある普通の人間。

この人たちが正義の思想だけを持っているわけではないのです。

新聞紙面の一面に載るような記事を書くために、ライバルとしのぎを削っているのです。

売れる記事をたくさん書いた記者が当然出世も早くなり、社主に認められ・・・だからスクープが取れるように権力者におもねるのです。

警察が冤罪を承知で犯人を作り出し、検察が嘘の調書を捏造するように、記者も平気でうその記事で他人の人生をめちゃくちゃにしますから・・・。

今日はちょっと興奮して長くなりました。

嘘の報道をされたことがある人間として・・・「新聞に載っているから正しい」は全くの勘違いです。

ところで韓国ではで慰安婦問題の支援団体が問題化してますけど、日本でこの問題に携わっていた社民党党首の福島瑞穂先生は何ら不都合はないのでしょうか。

日本の政治を30年後退させた・・・自民党と結託して自社政権をつくった社会党。

そのうえ慰安婦問題で国益を損なわせたとしたら、黒川検事長どころの話ではなくなりますよ。

ぜひ問題が拡大化した当時の経緯をしっかり説明してもらいたい。

今の日本の政治腐敗の最も大きな原因を作ったのは、土井たか子や村山富市だと私は思ってますから。

50年体制から抜け出られなかった化石みたいな欲ボケ老人のせいですから。

福島先生もそれに匹敵するほどの‥・悪の枢軸とは考えたくないのですが、何せ明確な説明が苦手な先生ですから。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ