2013/10/27  22:09

畑の草取り  家庭菜園

二つの台風が何事もなく通り過ぎてくれました。昨日の午後はどうしようか迷ったのですが、時間が中途半端で・・・結局はステップ造りに。

今日は朝から絶好の仕事日和・・・もう庭も畑もひどい事になっていたので、そんな光景が目に入るだけでストレスになってました。

春に植えたナスやピーマンなどが実も着けないのに背丈だけ伸びて・・・草は背丈ほどになって我が物顔で暴れています。

まだまだ草取りなどの作業は不安でしたが、どうにも我慢できずに朝から畑に入りました。支柱を取り除いて、デカくなった木(?)を引き抜き、草を取って。

ニラなども伸び放題だし、先祖がえりしたような味のイチゴは、あちこちに根を張って増え続けています。

トマトの木を一本だけ残してすべて撤去しました。お蔭で畑はスッキリ・・・先日、【やどろくの会】仲間の素人氏が植えてくれた白菜とチンゲン菜が存在感を増しました。

ここまでやると・・・ブレーキが利かずについつい庭の草取りにまで手を広げていました。それでも途中でやっぱり腰が辛くなって・・・草取りを中止。

庭の半分に草が残っています。家の裏側の草も取らなければならないし、ヤマモモのミノムシを駆除、サクランボの剪定・・・すべて終わらないと安心できなくて。

夜になって・・・体中に鎮痛剤のロキソニンテープを貼って凌いでいますが、明日朝一で坐骨神経痛を診て貰いに行きます。多分ブロック注射になるでしょう。

ちょっと・・・無理するのが早かったかもしれません。ですが完治するまで何もしないのは・・・性格的に我慢できません。どうしてもアクセクしてしまう・・・そして再び腰が痛むのです。

確かに腰は痛みますが・・・畑が整理できたことで精神的にはストレスが解消できました。明日もブロック注射から戻ったら続きをやりますよ。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2013/10/12  20:07

畑に苗が植わる  家庭菜園

昨日、アップできずにすみませんでした。今週は最高アクセス数を記録したり、逆に今日は最低を記録しそうで現在僅か7アクセス・・・忙しい境遇です。

時は行楽の秋で・・・しかも好天気・・・みんな観光に出かけているんでしょうね。仲間すらアクセスしてくれないと思います。

笑われるので言いたくないんですが・・・夕べ蚊を潰そうとして見事に逃げられ、ムキになって腕を伸ばして潰そうとした瞬間・・・右腕の肩関節がグキッと。

おそらく靭帯を痛めたと思うのですが、腕が動かせなくなりました。今日は大分痛みが和らぎましたが、夕べは痛くて眠れませんでした。靭帯断裂?

右肩は若いころ野球の試合をしていて、牽制球を投げられた時に思いっきり腕を伸ばしてベースにタッチしたのですが・・・その時に靭帯を断裂しているんです。

5・6年苦しみました。治ったと思うと・・・躓いた時などに咄嗟に掴まろうと腕を伸ばした途端に、何度も痛めて・・・治ったと思うと傷め、治ったと思うと傷め。また繰り返しではと心配になります。

今日は眼医者に。色々検査で調べると【黄斑変性】と解りました。でもまだ程度は軽くて、この程度ならかえって何もしない方が良いそうです。ただし急に新たな症状が出る場合があるので、1月に再検査になりました。

黄斑変性には【ルテイン】というサプリが効くので飲みなさいと勧められました。医者でサプリを勧められたのは初めての経験です。とりあえず1個しかない目がセーフでした。

午後からはやどろく仲間の【素人氏】柿と野菜とアイスクリームを持ってやってきました。二人ともアイスが大好きで、結構お土産で持って来てくれます。

素人氏はお酒が飲めず甘いものが・・・特にアイスが大好き。私はお酒が飲めますけど甘いもの・・・特にアイスが大好き。

野菜はすぐ食べるものと、畑に植えて私が家庭菜園を楽しめるように苗を数種類。私が坐骨神経痛で植える事が出来ないので、素人氏が畑を掘り返して植えてくれました。

終わって二人でアイスクリーム。昔話に花が咲きました。しばらくの間、柿が食べられます。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2

2012/8/20  19:46

我が家のトマトとの違い  家庭菜園

妻の生徒さんのお宅から沢山のトマトを頂きました。我が家にも沢山あって・・・冷蔵庫にも貯蔵してあって・・・ちょっと食べきれなくて困っていたのですが・・・おばあちゃんが『先生のところへ持って行け』とおっしゃってくれたのですから・・・ありがたく頂きました。

食べてみてビックリしました。どの種類も(3種類貰った)皮が軟らかくて、我が家のモノとはレースにならないほど美味しいんです。

写真は貰った量の5分の一ほどで、まだ頂いたものが残っています。三種類だと解っていただけましたか?
クリックすると元のサイズで表示します
名前は忘れましたがいずれも確りトマトの味がする種類でした。
どのように栽培したら皮が軟らかくなるのでしょうか?

我が家の今年のトマトは有機肥料がたっぷり効いて、比較的大粒に育ちました。しかし如何せん皮が固くて美味しくない。食べる時・・・仕方ないのでミニトマトなのに皮を剥いて食べています。

肥料が違うのか・・・土が違うのか・・・水分量が違うのか・・・数を取りすぎるのか・・・違う要素はこれぐらいと思うのですが?
判る方・・・教えてください。何が違うのでしょう。ついでに名前が解ったらそれもお願いします。

これが我が家の種類です。実際には我が家もミニトマトが3種類あるのですが、写っているのは2種類です。左のトレーは大玉トマトです。
クリックすると元のサイズで表示します

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1

2012/4/20  23:23

パプリカを植える  家庭菜園

昨日は遅くまで飲んで帰ってきて・・・フラフラの状態で帰ってきて、このサイトを開いてみると、どなたかから書き込みがありました。
『キャンピングカーではNASA(アメリカ航空宇宙局?)で開発された、銀シートが便利』と。

そこで返事のつもりでアップしようと懸命に打ったのですが、何故か途中で間違えて行方が分からなくなってしまいました。ガッカリして再び打ち込む気力は湧きませんでした。精根尽き果てて・・・布団に入ると途端に大イビキ・・・だったようです。

銀シート、実は私も車の中に用意していたのですが、どうした事か全く思い浮かびませんでした。もちろんあの寒い日もキャンピングカーの棚に置いてありました。

おそらく災害等の備蓄品という意識だったので、遊びで使う発想に至らなかったのだと思います。何事も皆さんからのアドバイスで、思い知らされる気がします。
もっとフレキシブルな発想ができる頭にしないと・・・まだまだ人生は長いですから固い頭になるには早すぎます。

今日はココちゃんの美容室に予約が入っていましたから、送って行って・・・迎えに行って午前中はおしまい。ココちゃんがカットしている間に【トステムビバ】で野菜苗を買ってきました。

キュウリが2本、ナスが2本、ピーマンが2本。そして昨年も植えて失敗したパプリカを、今年も必勝を期して植えてみました。今【猫の額】のような畑には、沢山のネギと数株の春菊、パセリとサニーレタス、勝手に芽を出したジャガイモが数株とやっと出てきたアスパラ。

サニーレタスは妻が半信半疑で何かの景品で貰った種を撒いたら出てきたもので、朝食のトーストに挟んだりして結構重宝しています。

キュウリなどすべて2本ずつしか植えていませんが、夫婦二人で食べるだけなので毎年十分間に合います。コストダウンを考えて接ぎ木した苗ではないので、病気にやられるかもしれず少し心配です。

昨年、ハルラ山に登山した時に韓国の登山者から御馳走になったパプリカがあまりに美味しく、我が家でも今年はあんなのを収穫したいと思っています。昨年は小粒なものが数個だけでしたから・・・。

トマトは絶対欠かす事ができない私の家庭菜園。妻から『トマトは買わなくていいの?』と言われましたが・・・実は昨年の最後の実を、種として取ってありました。それを今日苗床に植えてみました。

発芽したらお百姓冥利に尽きるというものです。たとえ猫の額ほどの畑しか所有していない、非専業農業従事者ではありすけど・・・。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
4

2012/3/24  22:58

桜が開花  家庭菜園

庭の梅の木が白い花を着けたのは、つい先日の事でした。それなのに今我が家の桜(実際にはサクランボ)が8分咲きに・・・。梅と桜が美しさを競っていますが、こんな事は今まで記憶にありません。例年梅は2月に咲いていたのですから、一昨日の榛名梅林に花が無くても仕方のない事でした。

クリックすると元のサイズで表示します

この桜、この地に越してきて植えましたから24歳になりました。3年目あたりから毎年毎年バケツで数を数えるほど収穫に恵まれ、花も実もある有意義な木。
母が新築の年に何も植わっていない庭をみて『実のあるものを植えろ』と。貧しい家に嫁いで一代で身代を築いた母ならではのアドバイスでした。

お腹の足しになるもの・・・という信念は今の世代の人たちには理解が難しいかも・・・。
母の実家は裕福ではなかったですが、山奥の静かな・・・しかし実り豊かな山里でした。何でもありました・・・リンゴもサクランボも栗も柿もアケビも・・・。そして山にはクマが居て川にはイワナがウジョウジョいました。

毎年毎年この桜が咲くと母の郷里を思い出します。
最初は鳥に取られないように・・・枝を剪定して木を小ぶりにしてから全体を覆うように網をかけていました。これが大仕事で・・・始めるとあれこれ思い通りに仕事が進まず、必ず妻と喧嘩になります。

最近は木が大きくなりすぎて剪定もままならず、ましてや網もなかなか掛けることができません。ヒヨドリは私たちの手抜きを大いに喜んでいます。
嬉しくて仕方がないのか『キャーキャー』と奇声を発して、競って食べています。

とてもヒヨドリの速さには着いて行けず、諦めモードに入っています。昔はもったいない一心で、棒を振り回してヒヨドリを打ち落とした事も・・・。
気を取り直して今年は再び木を剪定しました。小ぶりにして仕事をしやすくすると同時に、花の絶対数を減らしておくと比較的大きな実を着けるんです。そのままの状態では親指の爪程の大きさにしかなりません。

今年一回目の草取りを終わらせ、畑のイチゴを植え替え、空いているスペースを耕して石灰と肥料を入れました。何かを植える準備は整いました。昨年はトマトとピーマン・キュウリが満足できる量を収穫。今年はナスも立派なものを収穫したい・・・。

写真は花のない梅林とバックには榛名山、そして主役の愛車です。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ