2014/10/28  12:00

Modifying Caboose 02: 1  RGRy Rolling Stock
 
ストラクチャーの製作記ばかりじゃ、ただでさえ少ない読者諸氏にもソッポを向かれそうなので、タマには車両関係の記事でも…。

と言いましても、新しく何かを作ってるとかじゃなく、デザインに不満があったカブース 02号の改造であります。

この02号、ごく初期の初期に作った…いや、デッチあげたモノで、窓なんざHOのストラクチャーのパーツそのまんまで窓が開かない構造ですし、ケイディー・カプラーのドラフト・ギア部分への車輪の当たりを逃れる為に台車のオーヴァーハングが大きくなったりと、完成してからも不満が残ってた車両なんです。

クリックすると元のサイズで表示します

でも全く不満だらけの車両じゃなくて、上にRのついた荷物ドアとかは気に入ってて、『ま、多少の不満な部分には眼を瞑っておこう…』だったんですけど、ですけどね、一応は参考にしたプロトタイプ(Bridgton & Saco River Caboose 101)が存在するカブース 03号(下写真)が出来るとテキトーな部分が目に付くようになって、今回大改造する事に相成りました。

クリックすると元のサイズで表示します

その改造中の様子が下の写真。

クリックすると元のサイズで表示します

はい、開かない窓を取り外し、開口部を拡げてHOのプラスティック製客車から切り取った窓を嵌め込もうとしてます。
二段窓なんで、ちゃんと開くと言う想定。

嵌め込んでみたら、どうも全体のデザイン・バランスが崩れちゃったみたいです。
二段窓は失敗だったかな?(また不満を残す結果じゃないのか?)
まま、穴を拡げちゃったのを埋め直すのは無理なので、このまま仕方なく進行します。(← 絶対に不満を残すな、これは…)

さて、気になる台車のオーヴァーハングですが、カプラーをドラフト・ギアの小さなモノに取り替え、台車を車端に移動すれば済みそうですし、大改造ついでに両端にプラットフォーム(日本で言う処のデッキ)を増設する案も浮上。
これならオーヴァーハングが多少大きくても赦せます。

しかし、プラットフォームを付けると屋根も延長する必要があるし、なウマい具合に繋がるかが心配。
そこで、この際四輪カブース…所謂”ボバー・カブース”…にしたらどうか?と、パーツをあてがって検討中であります。
ええ、まだプラットフォーム増設案は保留中なんですねぇ。

そして3両あるカブースの色が各々異なるっちゅうのも変なので、貨物列車に使うカブース2両はせめて同色にしようと塗り替える予定…てか、塗り替えんとアカンでしょ、この状態じゃ。

とまぁ、一年三ヶ月ぶりのマトモな車両の記事でありました。

当然、次回に続きます…。

2014/10/27  22:13

General Store: 2  Sn2 Shady Grove
 
"General Store: 2"にしたワリには前回の”追記”と大して進捗してない様な.....
ま、イイです。進んでる事は進んでるので。

クリックすると元のサイズで表示します

上の写真が現在の状態。
先日のと比べて、サイドのドア辺りが変化してます。
手を抜いても凝った事をやってもまず見えない部分なんで、純正Sスケール・パーツは自作のテキトーなドアに交換。
外したドアはまたいずれ使う事にします。

で、何やら棚の様なモノが見えたりしてますねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

はい、簡単なインテリアを作っちょります。
これまた外から殆ど見えないし、室内をライティングするつもりも全くないので、『立体的な何かがあればエエかぁ』なスタンスの工作。

しかしまぁ、テキトーな工作なのに手間は掛かりますわ。
早く屋根に取り掛かりたいのになぁ。

2014/10/21  21:48

General Store: 1  Sn2 Shady Grove
 
General Store、要するに雑貨屋さん/万屋さんであります。
新しいストラクチャーを何屋にするか迷ってましたが、Tadさんに特製のディカールを作って頂く時の原稿に、"GENERAL STORE"のデータを入れておいたのを思い出しました。
それを使わない手は無いんで、この度晴れて新作ストラクチャーに使わせて頂く事と相成りました。
Tadさん、オオキニです。

で、写真ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

フロント部分はほぼ完成です。早っ!!
…って、フロント部分は昨日窓抜きが終ってましたし…。
ディカールが効いておりますですねぇ。(自己満足)
このロゴ、我ながら良いデザインじゃわい。(自己満足 其の二)

この手の小さな商店はデコレイティヴにしないでアッサリ作っちゃうと、ヘタすりゃ西部劇的になって、地域が限定されるので、アレコレと飾りを付けました。
これでアメリカなら東西南北・何処にでもある様なデザインになった様な………かな?

クリックすると元のサイズで表示します

まま、例によって出来はそれなりに、ですが、それなりならそれなりのモノと並べりゃ、それなりにカッコは付くっちゅうモンでして、前作の床屋と並べてみたのが上の写真。

色彩のコントラストで、な〜んとなく、この並びが良さそうですねぇ。
街並のレイアウト、変更しようかな?


しかし、最近のこのブログ、鉄道模型と言うよりドール・ハウスのブログみたいっす。
でも、仕方ないんですね。車両にしろストラクチャーにしろ、全て自分で作らないとダメなので、風景モノを作ってると、やはりストラクチャーの製作記が必然的に多くなるのですよ。
前作と同様、今回もドア部分は木材による自作。言わば寄木細工です。

サイドは窓をどうしようかなぁ。接近して並べると要らないしなぁ。
あ、リア部分は全く何もなしのフラットにします。
置いたらどうせ見えないんで…。
てなコトで次回に続く…。


<追記>

”次回”が”追記”になりました。
つまり「余り進んでないけど、時間稼ぎに揚げとこかい」です。

クリックすると元のサイズで表示します

サイドに筋入れして窓とドア部分をくり抜いて塗装。
仮組みして窓とドアを嵌め込んでみたら、こんな感じ。
窓はフロントと同じOスケールのパーツですが、ドアは純正のSスケール・パーツ。

サイドにも"GENERAL STORE"の標記を入れました。
この側は路地があって外から見えるので、何屋であるかアピールしてます。
文字が結構擦れてますが、ま、これも味です。(そうなのか?)

フロントのドアのトランザム(明かり窓)の上側に電灯が取り付けられてました。

ええっと、フロントの"GENERAL STORE"の標記の上側が空いてますが、ここには直角に張り出した看板を取り付ける予定。

と、今日はここまで。
案外早くし上がるかも?…てなコトを言い乍ら、実はこれもインテリアが必須。

苦手な宿題ばかり後回しにしてないかぁ?

2014/10/18  12:55

Shady Grove: 2  Sn2 Shady Grove
 
Barber ShopのトピックやSmall Stationのトピック、そしてShady Groveのトピックも纏めて"Shady Grove"のカテゴリーに統一致しました。
これで作ってるモノの流れがハッキリしたんじゃないか?と…。(そうなのか?)

ええ、Shady Groveと言う集落の風景を作ってるんですね。
当初の山の中の小駅を取り巻く風景から随分と懸け離れたものになってしまってます。自分では『案の定…』なんですけど。ハハハ。

まぁジオラマっちゅうかモジュールっちゅうか、単体で風景が完結してるモノで、他人に見せた場合、スンゲェ腕があれば、ほぼシーナリーで構成された風景でも、完成度の高さで『ヲヲ!!』と感心させられる。
でもね、まずそんなモノが作れるハズはない。

しかし、ストラクチャーが複数あると、ひとつひとつに目が行くハズです。完成度の度合いに関係なくです。
『ホホォ、これは床屋か? 隣は靴の修理屋ね。このボードウォークはそっちの駅に繋がってるのか、フーン。あ、駅の裏にも何か建物がある」なんて、まぁ、そうなるんじゃないかな?と思ってます。希望的観測ですが…。

果たして、今作ってるモノが他人の眼に触れる機会があるかどうか甚だ疑問ではありますが、他人じゃなくても自分が眺めて、構成物ひとつひとつを観賞(なんて単語を使う程度のものかよ!?)できる、そんなモノの方が楽しいかな?と思って、シーナリーよりストラクチャー優先の風景に惹かれてしまうのですねぇ。

なので、アリゾナの砂漠の風景なんて僕には絶対に作れっこおまへん。


前置きが長いですね、スミマセン。
床屋も外観が完成したし、出来てるストラクチャー三軒を並べてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

前にも書きましたが、一軒毎、階段状に並びます。
ストラクチャーの前はボードウォークになってて、階段で繋がります。
道路はありませんが、Shady Groveのメイン・ストリートであります。

ボードウォークの幅は35mmになって、この写真よりもっと余裕が出る予定。
階段も写ってる様なテキトーなモノでなく、ちゃんと作ります。

クリックすると元のサイズで表示します

三軒だけでメイン・ストリートもないのですが、実は駅の裏手にレンガ造りのレストランも建ちますし、あと一軒こちらの通りに並びます。
そう、靴修理屋さんの手前に木造の商店が一軒。

それを今から作ろうっちゅうワケです。
が、さて、何の店にするのかまだ決めてない。
平屋がイイのか二階建てがイイのかも決めかねてる始末。

床屋は最初から床屋として作ってたし、靴の修理屋も然り。ドラッグ・ストアも最初からドラッグ・ストアの予定で作ってたのに、何にするのか決めてないのは困ったモンです。
パン屋がイイかな? 仕立て屋さんか? 郵便局っちゅうのもありかな? バーは雰囲気が違うよな。食料品店にしたら、店の前に野菜とか果物を作っておかないとダメだし、それは作るのが面倒だし…。
リゾート地みたいに土産物屋さんはどないやろ? 歯医者っちゅう手もあるぞ、etc., etc.

何か良いアイディア、ないっすかね?

で、ストラクチャーのデザインですが、靴の修理屋が比較的立体感に乏しいので、ドラッグ・ストアみたいに正面にベイ・ウィンドウ(張り出し窓)のあるデザインにしたら面白そうなんですよね。となると、二階建てだな。

もう少しアイディアを練りましょう。来週からは製作開始ですな。

…って、床屋のインテリアはどうなったんや!?

2014/10/16  14:52

Barber Shop: 4  Sn2 Shady Grove
 
床屋さん、外観だけは取り敢えず完成。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根はタール・ペーパーを貼ってるとの想定で、黒い上質紙を14mm幅に切って貼り重ねてます。

クリックすると元のサイズで表示します

本体は軽くウェザリングしてます。派手にやると折角の清潔感のある白い建物が台無しですからね。
とか言い乍ら、かなり汚れてるよなぁ…。

それはそれとして、やはり木で作ったモノは木の質感が出ますね。
スチレン板に金属ブラシで木目の表現として筋を入れても、所詮は筋ですね。木目じゃない。細かいニュアンスがはやり違います。
次に作る予定のストラクチャーも木製…おそらく航空ベニア…にする事にします。
ストラクチャーが近接して並ぶと、質感が気になりますからね。

でも、この床屋さんの隣に建つ予定のドラッグ・ストアはプラスティック製(evergreenのサイディング)なんですよねぇ。
簡単にサイディング利用等と言うズルをしないで木で作っておけば良かったなぁと、今になって思いますです。

屋根上に煙突がありませんが、インテリアを作った時点で位置決めして取り付ける予定。
窓ガラス(って、セルロイドですが…)も未取り付け。
窓があるサイドは路地になるので、通りから見えるようにと看板を取り付けました。
因に看板類は全てオリジナル・デザインです。

風景の中に置くと、リア側はまず見えないのですが、一応は窓とドアは適当な材料で作って取り付けておきました。


インテリアですが、ジャンク箱をゴソゴソしてたらHOスケールの床屋インテリア・セットの鏡の枠(抽き出し付き)が出てきました。
そんなモノが買ったのすら、あるのすら忘れてました。
HOスケールで小さいのですが、室内なのでまず気にならんだろうと、採用です。
問題は角度可変の回転椅子とか床屋らしい細々としたもの。
まぁ、外から見て最小限でそれと判るものだけ作る事にしましょう。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ