2016/1/11  14:54

009アレヤコレヤ…  009
 
長いブランク後のリハビリを兼ねて始めた009ですが、ちょっと本気モードになっておりますねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、上の写真は009のNo. 4とSn2 RGRy Lunaの2ショット。
後ろにLunaちゃんを置くとサイズ的にはほぼ同じスケールに見えますが、同じ線路上に並べてみると、やはり大きさが違います。
てな事をやってみて『ああ、良かったぁ。何とか009に見える…』なんて安心してるワタクシであります。

最初に書いた本気モードの話に戻りましょう。
例えフリーランス・モデルでも、作るに際してはアチコチのサイトを覗いては『フムフム、こう言う構造かぁ…』等と観察し、出来たモノを彼の地のモデラーが見て「やっぱ外国人だな、根本的になっとらんわ。ケケケ」と笑われんよーにしようと思ったりして。

それと言うのも、彼の地のフォーラムに記事を書いちゃったからでして、「外国人でも頑張っとぉっしょ!」とちょっとカッコを付けてみたいのですね。
はい、神戸人、エエカッコしぃですからぁ。

でまぁ、僕の場合は車両と風景モノは併行作業が普通なんですが、これがねぇ、風景の方がナカナカ進まんのですよ。
まさかSn2用に作ったモノを009用に流用も出来ないんですが、ひとつ『ハッ! これなら改造して使えるんでね?』と思い付いたのがありました。

それは以前作ったSn2 メリケン風鉱山電気軌道のマイクロ・レイアウト。(下写真)

クリックすると元のサイズで表示します

変ですが、この(↑)角度がレイアウトの正面になります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

思い付く程のモノですから、普段は忘れ去られてた存在でして、あと一歩で完成!!の段階で家の何処かに収納して5年以上経つんじゃないか?と思うんですが(どこに収納したのかも憶えてない)、これを009に流用改造してみたら?と考えたワケですね。

ストラクチャーは一応はSスケールに合わせたサイズなんで、これらを解体してエゲレス風のストラクチャーに替えれば宜しいのではないか?と、誠にイーズィーな発想。

でも、バックの屹立した岩山がエゲレスっぽくないっすね。
トンネル・ポータルもメリケン風だし。

クリックすると元のサイズで表示します

さすが短絡的な発想だけの事はあるな……。
使うなら山ごと取り払っちゃおうか?
小さいレイアウトなのに、この山とトンネルのお陰で走行する列車が見られるのは十数秒なんですよ。
この手の小さいレイアウトでは、走行する列車や線路を何かで隠して短いエンドレスと言う非現実的な部分を何処かで見えなくしたりして少しでも視角的にリアリスティックに見せようとの工夫がなされますが、オモチャはオモチャと割切って、列車全体が見られても構わないかも?

ついでながらこのレイアウト、直線部分は延長部へ延びるポイントの部分のみ。全線ほぼ急曲線であります。
架線はゾマーフェルトのパンタグラフが追従出来るようにしてます。架線から集電はしませんがね。

ここを走ってたロコは全て009トラム・ロコと同じKATOポケットラインの動力を使ってましたので、先輪があるとは言え、009のトラム・ロコも走れるんじゃないか?と思っております。希望的観測ですが…。

クリックすると元のサイズで表示します

因に上の写真で左側に立ってる金髪の少女の人形は009にピッタリの大きさ(スケール)です。

文章が長くなるついでに追記しておきますね。
このレイアウトにストラクチャーやらシーナリーを付ける前の段階はこんなのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ボギーの貨車のお尻なんかレイアウトからはみ出ちゃってるしぃ…。


風景モノは追々考えるとして、さぁここに来て作らねばならないけれど、作るのが億劫なモノがございましてねぇ。
それは何かと言うと、客車なのでございますよ。
ええ、客車。それもエゲレス型となれば、窓やドアがぎょーさん並んだ、所謂”マッチ箱”っちゅうヤツっすね。

http://www.16mm.org.uk/newsite/show/whattosee_photos/IP_TR123.jpg

マッチ箱とは言えないかも知れないけど、典型的英国型客車。

http://www.lynton-rail.co.uk/files/resize/embedded/coach16-130918/Coach16_130925_01-600x400.jpg

こんなので2軸車を1両なら兎も角、3両も4両も作らんとアカンとなれば、キットが欲しくなるのは当たり前。

話は逸れますが、客車で細い板を縦に並べた車体のがあるでしょ? あの手のをエゲレスじゃMatch Board Sided Bodyと言うんですが、日本で言うマッチ箱客車っちゅう語源はこれじゃないか?と思うんですね。
はい、僕にはどう見ても簞笥には見えてもマッチ箱に見えなかったもんで…。

話を本題に戻しましょう。
無い物は仕方ないので、そのマッチ箱な客車を作り掛けています。
彼の地じゃピンキリで客貨車のキット/完成品が出てるのに、まぁエゲレス型となると日本じゃお寒い限りの取り扱いで、ネット・ショップで売ってるのを一軒見掛けただけ。
見付けた時に『やった!!』と思ったのですが、PECOのボギー客車完成品が8600円、同じくPECOの二軸貨車完成品3800円って………さすがにこの価格には二の足を踏みました。

このブログをご覧の方でどこぞでキットを売ってるのを(通販でも)ご存知の方はお教え下さいませ。
当方金欠故、高価なモノはパスでございますですよ。

貨車はねぇ、何とかなるんですよ。
先日書いた無蓋車は既に完成しておりまして、そのページに完成後の写真を載っけてます。
ついでですから、こっちにも写真を貼っておきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

有蓋車も簡単に出来そうですしね。
でも、問題は客車なんで、ま、客車キットに限らず009のキット関連の情報のご提供をお願いする次第であります。

おっと、今日の記事は矢鱈と長くなってしまいました。
客車のサイドの窓でも抜かないと先に進みませんので、今日はこれにて。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ