2016/2/16  17:10

My Second 009 Loco: 2  009 Locomotive
 
1月29日に009の二台目のロコの製作間近!みたいな事を書いてから二週間以上経ってしまいました。
二週間経って何をしとるのか?っちゅうと、こんな事をやっちょります。

クリックすると元のサイズで表示します

一作目がサイド・タンク機だったので、二作目はサドル・タンクかなぁ?
いやぁ、サドル・タンクのあの形、あんなのチャンと作れるわけないやん!
それに、サイド・タンクと違って、動力ユニットを隠せないし…等と悩みつつ、別のモノを作る為にジャンク箱を開ければ、イキナリ眼に飛び込んで来たのが、このサドル・タンクのパーツ!

手に取ってみると、頭に閃くものがあり、早速インターネットを検索。
ありましたねぇ。イメージ的にピッタリなのが。

http://www.okthepk.ca/publicArchive/201310georgeEnglandsGlory/month00.htm#twentytwo

Ffestiniog Railwayで走ってる"Princess"やその姉妹機が紹介されてるページですね。
サドル・タンクの形態、ジャンク・パーツの長さが短いとは言え印象としては近そう。

しかし、ロコの名前が"Princess"だの"Welsh Pony"って、うーん、王女様や子馬にしちゃ太り過ぎの感じがしますですねぇ。

で、このタンクのパーツ、おそらく数名の方にはネタバレしとりますな。
事もあろうに、勿体なくもGrandt LineのPorter Saddle Tankのタンクなんですよ。それもOn30の!
しかし、1/48スケールのナロウ・ロコのタンクを1/76スケールのナロウのロコに流用しますかぁ? 普通せんでしょ、そんな無茶は。

さて、リンク先の写真をご覧頂ければお判りの様に、サドル・タンク機なのにテンダーを引っ張ってまして…しかし、こう言うのもサドル・タンクと言うのでしょうか?…そのテンダーに積まれた石炭を掬うのに、キャブの後ろにポッカリと人が通れる通路…とでも言うんでしょうか?…が空いてるのですね。
この辺りもマネすべきかどうか悩むトコであります。

クリックすると元のサイズで表示します

さてさて、この動力ユニット、モーター部分が結構ゴツくてバック・ヘッドが付けられそうもありません。
機関士を立ててキャブ内のインテリアは省略する事にしましょ。

とここまで読まれて『もしかして、殆ど進捗はないんじゃないのか、これじゃ?』と思われた方、ハイその通りでございます。(^..^;)


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ