2019/2/27  14:05

Narrow Gauge Tram Trailer: 3  Henryville Tramways Tramcar (009)
 
トラム・トレイラーですが、ナカナカ進みません。
自作部分の割合が大きいといえばそうなのですけど、手が遅いんですね。
塗装しながら製作していってるので余計です。

でまぁ、車体部(?)や屋根は仮置きですがこんな感じになりつつあります。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、台車。
これも自作ですが、サイドのステップでほぼ隠れちゃうので簡単なものにしました…って、簡単なものしか作れないんですけど。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、気が向いた時にこのトラムやスティーム・トラムを走らせる小さなレイアウトが作れないものかとプランを練ってますが、どちらもトレイラーを牽引するので、Point-to-Pointのプランよりエンドレスがある方がイイようです。
円形ベースに円形線路のピッツァ・レイアウトも考えたのですが、やはり何処かに直線が欲しくて、この案はボツりそうです。


<追記>
何とかここまで来ました。手摺やら窓の保護棒やらハンド・ブレーキやらの’光り物’やダッシュボードの広告、車体サイドの車号でかなり賑やかになってます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

残るは屋根の広告看板、カプラー、標識灯程度。

2019/2/22  16:03

Narrow Gauge Tramcar: 2  Henryville Tramways Tramcar (009)
 
最近、このブルーのトラムの出番が多いですが、我慢してください。

このトラムの動力/足回りにKATOのポケットラインの凸電のものを使っているのは書きましたが、どうも板台枠の機関車臭いのが気になってまして、さりとて台車枠を交換する事も適わず。

クリックすると元のサイズで表示します

トラム用の単台車と言えば、Brill 21E台車(下の図面参照)が一番有名でしょう。アメリカ本国はもとより、中南米からオセアニア、英国からフランスやベルギーなどのヨーロッパ諸国、勿論日本でも使われましたが、まさかそんなモノを自作して交換出来るハズもなく…。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで、ちょっとした加工で電車の台車に似せてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

一番上の写真と比べると何となく電車の台車っぽいでしょ?
まず砂箱を取り去り、1mm角のスチレン・ロッドを利用して水平のバー部分には0.5mm厚のスチレン板にボルト/ナットのパーツを接着して、それをまた接着、そしてまたまた台車部分に接着…と言っても接着剤が利かない材質なんで、そのウチ『ポロ』っと取れるかも知れませんけど。
まぁ兎に角、板台枠っぽさは薄れたと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

エア・タンクや軸箱がローラー・ベアリングなのはご愛嬌ですが、エア・タンクだけは艶消しの黒を塗って目立たなくしてます。
左側の箱状のモノはどうしようもないので、そのままです。
それにしても車輪径が余りにも小さいので、これは後日7.4mm径のものに交換予定。

…と、ナロウのトラムに本腰が入ってきましたねぇ。
スティーム・トラムはどうなるんでしょ!?

2019/2/20  18:20

Narrow Gauge Tram Trailer: 2  Henryville Tramways Tramcar (009)
 
随分と間が開いてしまいましたが、トラム(電気の方)のトレイラー製作の続編です。

Narrow Gauge Tram Trailer: 1でお見せしたものと若干デザインに変更がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

中央部に窓のあるコンパートメントが設置されます。(写真はまだ仮置きの段階)
これは古いTycoのHOストリートカーを切り継いだ時に発生したジャンク・パーツ。
この部分を先に塗装してるのは組み立ててからでは塗り分けし難いからです。

しかし、前後のベンチ部分やコンパートメントの出入り口部分が前後方向に狭いので、台枠(床板)を若干伸ばそうと思ってますので、この部分は作り直すことにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

全長約74mm(実物換算:約5.6m)で、トラムより約20mm短い車両です。

そろそろこれらのトラムを走らせる風景のプランも練らないと。

クリックすると元のサイズで表示します


<追記>

上の写真でトレイラーのベンチの付いたバルクヘッド(仕切り)が片方にしか付いていなかったのは訳ありでして、実は二つ作っておいたバルクヘッドの片方が忽然と消え失せたのです。ええ、いまだに行方不明。
仕方なく同じデザインで新製して写真に撮ったのが下の写真。

クリックすると元のサイズで表示します

前後のバルクヘッドにもサイドの窓にもガラス(じゃないけど)が嵌められますので、出入り口上に取り付けられる巻き取り式の雨/風除けのカーテンを降ろせば中央部は一応密閉式になると言うワケです。

各ベンチに3人は座れますので、座席定員は18名と、小さいわりに案外収容能力がある車両ですね。

トラムと連結したような感じで後ろに置いてみると結構可愛い!(当社比)

クリックすると元のサイズで表示します

2019/2/7  21:53

Narrow Gauge Tram Trailer: 1  Henryville Tramways Tramcar (009)
 
’カテゴリー’に'Henryville Tramways (009)'てのが追加されました。
ええ、ナロウ・ゲージのトラムのカテゴリーです。
つまり、継続してその手のモノを作っていこうと言う魂胆。

その最初が前回の'Narrow Gauge Tramcar: 1'だったのですが、その記事で書いた通り、トレイラーを作り始めました。

クリックすると元のサイズで表示します

「またこのデザインかよ!」とのお声、ご尤もでございます。

クリックすると元のサイズで表示します

自分のオリジナル・デザイン‥でも元々のネタはオーストラリアのケーブルカー‥なんで気に入ってるんですねぇ。
が! 今回はチョト違う(ものになるハズ)。

さて、その後前後のダッシュボードも取り付けましたの写真が下。

クリックすると元のサイズで表示します

手前に写ってるのは以前スティーム・トラムのトレイラー用に作っておいた車体側板。
これと合体するんじゃないです。この側板は第二の選択肢。
と言うより、こっちを使いたくてウズウズしてるんですがね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ