2019/6/27  21:03

 
またもや大した変化もないのに記事をアップ。

クリックすると元のサイズで表示します

建物の配置がほぼ決定したと、それだけなんですがね。
左端は古臭いパブ、14〜5世紀頃のデザインかも知れません。英国風の風景ならパブは欠かせませんからね。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、橋を挟んだ右側には商店が並びます。
パン屋、タバコ屋、肉屋、本屋、靴修理屋。
建物はまだ固定していません。歩道も作んなきゃイケナイし。
線路の敷設→道路→歩道→建物の設置と、そんな順番ですから。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、いつまでも線路がないのに、さも敷いてあるように車両を置いて撮影してますが、そろそろマジメに線路敷設を開始しないと‥。
それと、架線柱と架線の方をどうするのか決定しないとイケマセン。

<空のバックドロップ>

余談なんですが、以前撮影した写真のバックの白い部分にPhotoShopで空を入れてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

印象が全く変わりますね。奥行きが出たような‥。
雲が浮かぶ空の素材を持ってるので、バックドロップはそれを使いましょう。

2019/6/18  18:35

 
ナカナカ手を付けられなかった風景モノ、まだ’ナカナカ’の状態ですので、細かい物を作ってみました。
鋳鉄製を模したフェンスと広告看板です。

クリックすると元のサイズで表示します

広告はエドワード朝時代の前、ヴィクトリア朝時代の物ですが時代的に近いのでと採用。エドワード朝時代でもこんな広告残ってただろうし。
フェンスは橋の欄干と同じ素材です。

で、何処に設置するかと言うと‥‥

クリックすると元のサイズで表示します

橋の袂、左側です。
横にパブが設置される予定。橋を渡った所に建ってるのはどうやらパン屋さん。

クリックすると元のサイズで表示します

フェンスの後ろ、バックドロップとの間は草地にします。

まだチョイと忙しいので、こんな小手先工作が続きそうです。
「忙しくてもワタシ達の相手くらいしてよねぇ」とウチの猫達が申しております。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

*上)ブリティッシュ・ショートヘアの猫1号。
*下)アメリカン・カールの猫2号。

2019/6/10  21:02

Tramcar No. 5: 8  Henryville Tramways Tramcar (009)
 
あ、いや、トラムカー No. 5に何か変化があったとかそんなのじゃないです。
レイアウト(ジオラマ)は、擁壁の上の柵のデザインに悩んでちっとも進まないので、ストラクチャーを仮置きした風景の中でNo. 5を撮影しただけです。
一種の気分転換。

う〜んと、作品名「雨上がりの停留所」(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

郊外のとある停留所に停車しようとするトラム。
雨も上がった事だし、町まで出掛けてみるか、そんな男女がトラムが止まるのを待ってるとかナントカ・・・。

しかしまぁ、ロウ・レリーフの建物をバックにしたら斜め方向から撮影しちゃイケマセンね。
完全に奥行きの無さがバレちゃう・・・。
因みに右端の建物はちゃんと奥行きがあります。

ついでにスティーム・トラムの走ってる(線路を敷いてないんで走れないけど)風景を擁壁の下から狙ったショットも。

クリックすると元のサイズで表示します

スティーム・トラム No. 2にはちょっと大柄のプライザーHOスケールのオッチャンに乗って貰いました。

こんなコトをして遊んでるから完成しないんですよねぇ、困ったこっちゃ。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ