2020/5/29  17:54

Tram Shed?  009 Diorama
 
*最初タイトルを'Tram Depot?'にしてましたが、単に車庫の建物だけなので、'Tram Shed?'に変更いたしました。
 因みにDepotは英語では総合的な施設としての車庫(米語だとBus Depot等、Stationとほぼ同義語で<ターミナル的な>発着所の意味になります。読み方は英語がデーポウ、米語がディーポウです)でして、他の付属の建物も必要ですからね。



作ってからもう25年も経つ写真のレンガ造り(との想定)のビルディング。
元々マイクロ・レイアウト用にHOで作ったのですが、Sのレイアウトに使う際に鉱山町のレストランに改造されました。
あ、その前に質屋てな時代もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「さて、そろそろ終活なんぞ…」と少し前に書きましたが、これも処分対象だったんですね。この先余り使い道がなさそうだったし。
しかし、先日これを眺めていて、『裏側をザックリと切り取ってトラムの車庫に改造でけへんかいな?』と考えました。
長さが結構短いのですが、高さは充分。どうせ処分対象物だし、ダメ元でやってみっか?と改造に着手しました。

まずはフラットな屋根を取り外し(接着されてたので、’引き剥がし’、です)、裏側を切り取りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一階には正面にしか窓がありませんから、出入り口の左右にそれぞれ一つずつ取り付けました。

クリックすると元のサイズで表示します

正面のドアを入った所と二階に小さな部屋があるとの想定なのですが、それでも収納できるトラムの全長は80mm程度。OOだと約6m級です。
手持ちのトラムはもっと長いので、この車庫に入れる程度の長さのトラムをひとつ作りましょうかね?
てか、ジオラマにしちゃいます。


2020/5/27  18:10

Tramcar No. 6: 4  Henryville Tramways Tramcar (009)
 
新車の製作は牛歩並みの進捗。
出入口辺りの工作も完了し、漸くサーフェイサーを吹くに至りました。

クリックすると元のサイズで表示します

出入口の左右上部に古典的過ぎるかも知れない装飾が施されています。
前照灯を先に取り付けると塗装がし難いので、塗装完了後に取り付けです。

クリックすると元のサイズで表示します

うーん、前面が何だかノッペリしてるなぁ。



2020/5/19  18:56

Tramcar No. 5: 9  Henryville Tramways Tramcar (009)
 
昨年5月に完成したボギー・トラム 5号。

クリックすると元のサイズで表示します

立体感もありメカニカルな感じがする足回りが気に入ってたのですが、走行性能が悪く、調整しても改善されずに悩んでました。
しかも今作ってる4輪単車の6号の方が車体が長く、並べると如何にもショーティーっぽいので、この際4輪単車にしてしまおう、と。

で、台車を物色…と言っても手持ちは各種スケールのBrill 21Eしかありません。
しかも、使ってない物だけでも8両分!

クリックすると元のサイズで表示します

軸距は23mm、26mm、31mm、そして34mmと各種。(左の一番奥の6号車用は28mmに短縮)
でも軸距が短いとオーヴァーハングが大きくなり、カーヴでの架線柱等への接触の可能性が考えられますから軸距の短いのは避けるべきですので、試しに一番長いカワイ・モデルの34mm軸距のものを合わせてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

ンンン、カッコ悪いぞ…。
加工しないで使えそうな26mm(カワイのものの改造)が何となくシックリするので、一番簡単なローテクの極みのようなメカニズムで動力下回りを作り、取り付けました。
因みにBridge Roadのジオラマに半径140mmの曲線を繋いでテストしたところ、この軸距でクリアーしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

台車の両端から車端までスカスカなので、ドアの無い側にライフガードを取り付けました。
これは既製品の日本型路面電車のストライカーの改造です。
右側のドア・ステップとの間にも取り付けた方が良さそうですね。

ま、何はともあれ走行性は格段に良くなりましたから、それだけで大満足なのであります。

クリックすると元のサイズで表示します




2020/5/10  14:10

Bridge Road Project Part II: 13  Bridge Road Project II (009)
 
本日2本目の記事ですが、「あれ? Bridge Roadのジオラマは完成したのに、何故また?」ですね。
実は、線路長260mmのジオラマ上で電車を往復させていて、トロリー・ポールが架線を擦る音を懐かしく思い(昔トロリー・モデルをやってた頃、レイアウトを作ると集電するかどうかは別として必ず架線を張っていました)、もっと架線が張られた線路が欲しいなとなりまして、一時はボツにした延長部分を復活させ、今回はモジュールとして完成したものと組み合わせようか?との策略。

一年ほど前に考えていたのはこんなのでした。(↓)

クリックすると元のサイズで表示します

幅600mm/奥行き120mmで一体型。右端はターミナルとなって行き止まり。
でまぁ、この時使おうとしてたストラクチャーが結構ありますので、それを利用すれば工期短縮で簡単に出来そう!と。

仮に右側に延長部分を置き、建物を配してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

繋いだジオラマ部分の両端はフィドル・ヤード(隠しヤード)に繋げますので、左端は今のままで仕方ないとして、右側だけでも電車が視界から消える/現れるの箇所を少しでも隠したいと考えました。
ヨーロッパじゃよくある城塞のアーチの下を潜るトラム路線、これでやろうか?と思いましたが、ポルトガルはリスボンの有名な’ギリギリお電車’Tram Route 28の建物スレスレで通り抜けるのを一度やってみたかったので、延長部分の途中で曲線を設け、短い区間ですが建物に挟まれた狭い道路に電車を通すことにしました。(リスボンみたいに急勾配は設けられませんが)



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

作るとなれば、両側に狭い歩道を設けます。
果たして製作に着手するのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

2020/5/10  13:43

Tramcar No. 6: 3  Henryville Tramways Tramcar (009)
 
前回から一週間以上間が空いちゃいましたが、新しいトラムは廃材利用で二重屋根も出来、方向幕の箱(?)も付いて、ステップと前面のストライカー部分を改造中。

クリックすると元のサイズで表示します

二重屋根で古めかしい感じが出たのではないか?と。

さて、次の写真。またしてもBrill 21Eを履いた下回り。
これは次回作のトラム用。

クリックすると元のサイズで表示します

台車はあの軸距の長〜いカワイ製を26mmの軸距まで縮めて床板に留めてます。
次回作もKATOのポケットライン動力でと思ってたのですが、この状態で通電したら調子よく動きましたので、動力/足回りはこれに決定です。
車輪はひかり模型だったかの10.5mm径。片側一軸駆動です。
車輪径の10.5mmって大きそうですけど、20世紀初頭は小型の電車用モーターが普及してなく、低出力でも大きかったし、吊り架け式なので車輪径は30インチ/31インチが標準。
009だと1/76ですから、スケール的にはピッタリ。

何故か手元にBrill 21Eの台車枠がこれやNo. 6に使ってるのも含めて8台分あるんですねぇ。
スケールはHOから1/80、OO、そしてカワイのスケール的には1/70程度じゃないか?と思われるものまで。
死ぬまでに絶対に使い切れませんね、こりゃ…。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ