2020/9/22  0:53

A Day of Trolley: 2  雑記
 
A Micro Layout and Its Tiny Brill Trolley

一週間以上経ってしまいましたが、9月13日、6月に引き続き某トロリーなミーティングに再び参加しました。

トロリーな日なんで、完成したばかりのSurfside Tractionの’跨線橋のあるモジュール’持参致しまして、開場の片隅に置きました。
その隣に名古屋から参加のHR氏のHOn30(と書くべきか、HOn2-1/2と書くべきか)のマイクロ・レイアウトが置かれ、そのまた隣にはOD氏の009の線路が敷かれストラクチャーが並ぶと言った案配で、その辺りはナロウが占拠。

さて、そのマイクロ・レイアウト、前回作者ご本人から写真で見せて頂き『次回も来ますから、その時に見たいなぁ、持参されたら嬉しいなぁ』と緩〜く撒き餌さを撒いてたのですが、見事食い付いて頂けまして(笑)、持参された次第。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


「写真に撮るとアラが目立ってイカンわ」と仰ってましたが、何の何の、狭いスペース(ベースは素麺だかの箱)に楽しいHRワールが展開されてます。
設置後に配置される人形にはストーリー性があって、説明を聞いてるだけで楽しくなります。

架線が張られ、集電も可能。鬼の様な曲線は半径70mm位でしょうか? そこをHO車両の車体改造車達(脚周りはキャラメルナインだったりポケットラインだったり)がトコトコと走って行くのです。可愛いです。
そんな可愛らしい車両の中で一番気に入ったのが写真のBachmannのブリル・トロリー改造…車体短縮・幅詰め…のチビ・ブリル。

クリックすると元のサイズで表示します

鬼のような切り継ぎなのに継ぎ目が全く目立たない!! 工作力に裏付けされた緩さ、ですね。
緩さ繋がりでウチの緩〜いパーラー・カーと並んで撮ろうとしてたのに撮り忘れました。悔しい…。
ついでなんで、’跨線橋のあるモジュール’上で撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ワザワザ持参されたお礼として車体を切り出したのに、シャーシーの仕様変更で作れなくなったある車両をプレゼントする事に致しましたら、HR氏から「ブリル・トロリーの車体、要らない?」のメール。
ヲヲ、是非是非。丁度改造ネタのアイディアが浮かんだものの、目の前のブリル・トロリーはズタズタ状態。『このアイディアが先に浮かんでれば、こんな状態にしなかったのに…』と後悔してた矢先でしたし。

てぇコトで、差し上げるモノはブリル・トロリーとバーターになっちゃいました。
さて、その’差し上げる代物’の製作記は後日と言う事で。

しかし、当日ここに掲載した写真以外な〜んも撮っとらんのです。
アイコチで喋っては、そのナロウなコーナーに戻りの繰り返しで、終わってから『しまった!』てな素晴らしいモデルの撮り忘れにまたまた後悔。


Weathering a Flat Bed Trailer

さてさて、当日はるばる東京から参加されたCedar氏に十ン年ぶりに再会し、手渡された物がございます。
それが下の写真。

クリックすると元のサイズで表示します

Oゲージ(スタンダード)のCincinnati & Lake Erieのインタアーバン・フラットベッド・トレイラー。
何故手渡されたかと言うと、これをウェザリングしてCedar氏に送り返し、それを参考にCear氏自らが他のトレイラー連をウェザリングするとのプロジェクト。そのサンプルなんですね。責任重大。

まずは床板の塗装を剥がしに掛かりました。一枚一枚バスウッドの薄板を張ってますので、力づくで強引に剥がしたら、フレーム部分の塗装も剥がれ、その部分の塗装し直しの事態を引き起こしかねないので一枚一枚慎重にカッター・ナイフで剥がしていき、これをステインしていこうと。

クリックすると元のサイズで表示します

慎重に慎重にと逆に力が入って片側の車番のディカールが剥がれちゃいました。
これは予備のディカールを送ってもらいそれで貼り直す事にします。
それとステップも三箇所取れちゃいましたので、これは後日接着。

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりOのスタンダードは大きいですね。
今までのより小さいスケールに施したウェザリング技法でちゃんとしたモノになるんでしょうか?
 

2020/9/9  0:56

Building The Surfside Traction: 16  Surfside Traction (HOn30)
 
Box Trailer No. 40

Box Trailerてのは前回の'Box Motor: 5'の時に書きましたが、電車が牽引する有蓋貨車です。
この手の車両は主にオハイオ、インディアナ州辺りのインタアーバン路線網の貨物輸送で盛んに使われ、電鉄会社の大きな収入源となっていたのですね。
電動貨車が1〜4両のBox Trailerを連ねて都市の貨物ターミナルから路面軌道をゴロゴロ走り、郊外に出るとスッ飛ばしていました。

日本じゃ見掛けなかった風景ですが、まぁ近い例なら福島交通の軌道線のニモを先頭に貨車がゾロゾロ連なる、あれの高級版(?)・高速版と思って頂ければよろしいかと。
相変わらず前置きが長いです。

そのBox Trailerを製作してまして、昨日・今日でケリを付けました。要するに完成しました。
下の写真は先日お見せした側板等を切り出したモノです。この状態で一週間。

クリックすると元のサイズで表示します

それを箱状にして台車を装着し、ステップや手摺をアチコチに付けたのがこれ。それが昨日。

クリックすると元のサイズで表示します

で、本日一気に塗装しました。Box Motorと色を揃え、TAMIYAのダル・レッドのスプレー缶で塗装です。
屋根は艶消しの黒。台車はオリーヴ。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてここからレタリングを施し、思いっきりウェザリングをして完成です。
ちょっと汚し過ぎの感あり…。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何にしても製作期間は凄く短かったです。窓もない箱状の貨車ですからね。
実働時間10時間も掛かってないかも?

両エンドはインタアーバンお約束の…ちょっと曲線が緩いですが…ラディアル・バッファーです。
その上にはハンド・ブレーキを。ハンドルはもうちょっと大きくても良かったなぁ。存在感が少し薄いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は貨車ですのでRAILWAY EXPRESS AGENCYのヘラルドは取り付けず、代りにSURFSIDE TRACTION LINESのヘラルドを貼り付けました。勿論汚れてます。
あちゃ! こっち側のヘラルド、ビミョーに傾いてますねぇ。ま、それも味かと…(ヲイ!)。

クリックすると元のサイズで表示します

Box Motorと連結すると、素材が同じだし、車体自体の長さが同じだし(車体高は2mm高くしました)で、何とかペア感が出せたかな?と。
ナロウなんで、「郊外に出るとスッ飛ばし」は無理がありますが。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


13日の某ミーティングには風景モノも完成させて持参する予定でしたが、体力尽きました。
いや何、’跨線橋のあるモジュール’完成後、仕事が結構忙しかったので、そこまで手が回らなかったのです。
Box Motorも作っちゃったし。

クリックすると元のサイズで表示します

ナカナカ、サバーバン・カーの製作に取り掛かれませんね。
次に目標としてるのは来春の別の某ミーティングなので、それまでには車両も風景モノもそれなりに完成している事でしょう。






2020/9/1  1:42

Building The Surfside Traction: 15  Surfside Traction (HOn30)
 
Box Motor No. 30: 5

荷物電車が完成しました。
貨物電車のつもりで作ってたのですが、ディカールの関係で荷物電車に。(タイトル変更しました)

クリックすると元のサイズで表示します

前回お見せしたウェザリングの薄い色の部分が落ち着いて、黒っぽい部分だけが強調されましたが、まぁ、それも佳しと。
マーカー・ランプ(モドキ)用に買っておいたエメラルド・グリーンのスワロフスキーが行方不明なので、取り敢えず無色のスワロフスキーを貼付けてます。
屋根上にはゴングも載りました。トロリー・ポールのフックも付いてます。
因にトロリー・ポールはヘタクソな工作の自作品。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

模型界の大先輩から頂いたアーチバーの台車枠がな〜んとなくBrill 50-Eに見えなくもないです。

パーラー・カーと並べて撮影。車体の素材が違うので、同じTAMIYAのダル・レッドでも差が出るかな?と思ってたのですがね。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、片やお遊び的要素満載の緩〜い電車、片やウェザリングも施した結構現実的な電車、共存してイイのかなぁ?

で、同じバスウッドのサイディングを使った自作のSn2のボックス・カーと連結すると、ウェザリングしてるのもあって、こんなモジュールの中に置かれると同じ空気感が漂ってるように感じます。いやいや、あくまでも自己満足っすよ。

クリックすると元のサイズで表示します

HOスケールで貨車が増備されるまで、繋ぎでこのボックス・カーには登場してもらいましょう。

車両が出来るとつい嬉しくなって架線のある風景の中に置いて撮影しまくりました。
まずはホーム・グラウンドのSurfside Tractionの'跨線橋のあるモジュール'上。

クリックすると元のサイズで表示します

どう言うワケか、英国風OO9の'Bridge Road'のジオラマ上。
バックに写ってるストラクチャーとのスケール差は感じられませんが、人形がOOスケールなので電車がより小さく見えますね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、Sn2の鉱山軌道として作ったマイクロ(ミニ)・レイアウト上。
曲線半径がこの電車には小さくて、レイアウトの直線部分にしか置けません。
そりゃそうですよね、KATOもDD13を曲線半径100mm程度の線路の上で走らそうなんて考えていなかったでしょうし。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最後はやはり退色モノクロ風写真で。

クリックすると元のサイズで表示します

さっき「HOスケールで貨車が増備されるまで」と書きましたが、実は製作に取り掛かってます。
まずは有蓋車、それもインタアーバンらしいBox Trailerです。

クリックすると元のサイズで表示します

「一般鉄道のボックス・カーとは違うのか?」と問われれば、基本的に同じなんですけど、電車牽引専用として作られたのでTrailerと分類(?)されてるんですね。モーターが付いてるのがBox Motorで付いてないのがBox Trailer。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ