2021/2/18  13:06

The Days of The American Trolley  雑記
 
2月13日・14日と某所で開催されたアメリカンなトロリーだけのミーティングに久しぶりに参加したのは16日の記事に書きましたが、どんな催しだったのかを写真で。

まずはアメリカはLa Belle社製木造キット組み立ての競作。OとHO両方です。

HO Scale
クリックすると元のサイズで表示します

O Scale
クリックすると元のサイズで表示します

Oの方の手前のモデルは同じ作者がHOでも作られました。右側にチラっと写ってるのがそれです。
同じキットでも細部を弄ったり塗装を変えたりして、皆さんヴァリエイションを楽しまれてますね。

そしてHOのモデルたち。最初は高架鉄道の電車とか…。こちらはブラス製が中心。
バック遠くに写ってるのはOのNorth ShoreのElectroliner。

クリックすると元のサイズで表示します

2枚目はLos Angeles RailwayやPacific Electricの電車やIllinois Terminalのムカデ電機が牽くボックス・トレイラー。
右端に写ってるのは古のトロリー・モデル。

クリックすると元のサイズで表示します

三枚目はカリフォルニアはサクラメント辺りに展開してたNorthern Electricの車両たち。

クリックすると元のサイズで表示します

そのNorthern Electricと接続してたSacramento Northernの路線の途中で運行されていた電車専用(でもないけど)フェリー!
それをサイズダウン(短縮)したモデルです。ちゃんと架線が張られています。カッコイイ!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


HOモデルの最後は本命(?)のPacific Electricの車両群。

クリックすると元のサイズで表示します

おっと、HOがまだ残ってました。前に一度写真でご紹介した。名古屋のH氏製作のマイクロ・レイアウト。
走ってるのはマイクロPCCカー。
車体がメタリック・パープルに塗られています。Hot Wheelsのミニカーみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、今度はOスケールです。
模型友Cedar氏製作のLa Belleキット組み立てのコンボとコーチ(電車ではなく客車です)の編成。
大きなパンタグラフを揚げてモーター音も高らかに快走してました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

同じくCedar氏のOn30インタアーバン!
右側の車両は実物のように客車から改造された電車。スケール・モデルではありませんが、実物も客室内に運転台がある構造。

クリックすると元のサイズで表示します

お次は某トロリー系クラブ所有の集合式レイアウト(架線集電・DCC専用))上のワタクシのBirney Safety Car。HOスケールです。
今んトコ、マトモなHO車両はこれ1両だけで架線集電専用なのですが、トロリー・ポールを集電対応のにしてなかったので走りません。
因みにこのモジュールの風景はワタクシメの製作です。
出来が気に入らなかった余剰のストラクチャーをテキトーに並べただけなので、恥ずかしくて今からでも作り替えたいんですけどねぇ…。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてラストは故木村昌晴氏作のPrinces Avenueレイアウトの上のBirney。
こちらは2線式なので、当然走れません。置いてるだけ。

クリックすると元のサイズで表示します

とまぁ、2日間トロリー漬けでしたので刺激を受け過ぎ、この先このブログがより一層トロリー寄りになりそうな予感。
 

2021/2/16  1:48

Building The Surfside Traction: 27  Surfside Traction (HOn30)
 
13日・14日と2日連続で関西某所で開催されたアメリカンな電車オンリーの某ミーティングに参加し、Surfside Tractionのモジュラー・レイアウトをディスプレイしてまいりました。

クリックすると元のサイズで表示します

公開に当たってモジュール両端用バックドロップを製作。
それらで正面から見た場合に見えてしまうバックヤードを隠し、更に右側には写真パネルを立てて正面からも隠蔽!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真がありませんが、右側の隠しヤードはポイント付き、左側は背後からトロリー・ポール転向するだけの為の単なる引き上げ線です。

オマケと言っては何ですが、故木村昌晴氏作のHO カリフォルニア・カー(Bachmann San Franciscoケーブルカー改造)とSurfside Traction 22号車とのツーショット。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こうして並べるとHOn30、つまりナロウながら、それ程小さくはないですね。

2021/2/14  0:41

Building The Surfside Traction: 26  Surfside Traction (HOn30)
 
Combo No. 22: 3

HOn30のコンボ No. 22の行先表示板が完成。
これで、お客様に電車の行先が分かりやすくなしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ついでにSURFSIDEのターミナル(?)に設置される広告看板も製作。
普通電車は一時間に一本。それと、どうやらSUFSIDE FLYERなる優等列車が日に2本運転されてるようですねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

これは優等列車用にちょいと豪華な車両を建造せねば!

2021/2/10  17:38

Building The Surfside Traction: 25  Surfside Traction (HOn30)
 
Combo No. 22: 2

Surfside Tractionのコンボの完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

ほぼプラスティック細工ですが、アルモデルさんの金属パーツやらに助けてもらってます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

でまぁ、塗装して完成、と。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

色はPacific Electricのものを意識してますが、使ってるのは車体色にTAMIYAのダル・レッド、屋根は同じくTAMIYAのNATOブラウン。
車号は当初20を考えてたのですが、使いたいディカールに'0'が既になく、仕方なく22に。
両端屋根上の行先表示板に何も描かれていませんが、それは後日と言うことで。

そして、完成したのでモジュラー・レイアウト上で撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最後はいつものモノクロ風写真なんですが、今回は趣向を変えて、昔のアメリカ・インタアーバンの写真集によくあるBuilder's Photo風に。

クリックすると元のサイズで表示します

2021/2/4  1:42

Building The Surfside Traction: 24  Surfside Traction (HOn30)
 
Combo No. 22: 1

Surfside Tractionの新車、コンボ(旅客・荷物合造車) No. 20が箱になりつつあります。

クリックすると元のサイズで表示します

今回はオール・プラスティック製。Evergreen様々です。
あるミーティングに参加するのに、HOn30のモジュール2台と現有車両4両じゃ余りにもショボいんで作り始めたのはイイけど、結構時間を取られちゃってます。
13日までには完成させないと。

屋根はまだ接着していないので浮いてますね。てか、切り継いだ屋根なので歪んでるんですけど。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

足回りはNゲージ KATO ED75。その台車枠を削り取って軸距離が同じ17mmのアルモデルの路面電車用台車枠を接着。

アメリカはNew England辺りの田舎電車!…メリケン地鉄?…てな雰囲気が出てますでしょうか?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ