2021/6/29  14:16

American Interurban Scene Project: 6  HO Traction
 
バックドロップを作りました。
試作品はあったのですが、手前のストラクチャーとのスケールの差を近付けた最終形です。

アメリカのサイトから拾って来た古いビルを正面から撮影した写真を各種集め、PhotoShopで加工して並べてみただけのお気軽バックドロップですが。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

左右の部分は一応空が繋がるようにしていますが、最終的にキッチリ繋がるようにタッチアップします。

左側はサイズを間違えたので後で作り直します。

そして、風景のバックに置いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

駅名がDover Heightsなので、奥の方が高台になってるとの想定でして、重なってるビルが段々高くなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

右側はロウ・レリーフの工場が手前に建ってますが、この奥行きの無さを線路との間に樹木を置く事で誤魔化そうとしています。
ですので、左方向から見ると何となく普通の建物が建ってるように見えます。鑑賞方向限定ってワケです。
工場の煙突からの煙は超古典的手法、綿です。

クリックすると元のサイズで表示します

左側はこれから作るビルの色をバックドロップの建物の色と合わせて溶け込ませようと目論んでます。

道路はこれからなのですが、下の写真の幅よりぐっと広くなります。
因みに左側の建物は仮に置いてあるだけです。

クリックすると元のサイズで表示します

直進するとバックドロップにブチ当たっちゃうんですが、バックドロップ手前に置く予定の建物とバックドロップの間を10mm程度空けて道路が左側に続いてるように見せ掛けるつもりです。

クリックすると元のサイズで表示します

樹木が見えてる向こう側に正面が道路と並行に、つまり斜めになった建物が置かれます。
何処から見ても正面はほぼ見えないでしょうけど、手抜きをせずに作ろう、と。
ええ、いつ何時、それを他に流用するかもしれませんのでねぇ。
 

2021/6/23  17:53

American Interurban Scene Project: 5  HO Traction
 
「メリケンお電車風景競作」のモジュールの一番手前に位置する駅がほぼ完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

プラットフォーム側には色々とディテイルが付いてるんですけど、残念ながら設置しちゃうとほぼ見えません。
ホント、自己満足な工作ばかりやってますねぇ。

そして階段はヴィクトリアン風(あくまでも’風’ですよ)に仕上げてみました。
置いてみるとエスカレーターみたいに見えなくなく…。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

高架の待合室の下側にある種の店舗を置こうと作ってはみたものの、どうもサイズが中途半端で、これは作り直します。

クリックすると元のサイズで表示します

駅の固定は下の歩道部分が完成してからになります。

さて、この「メリケンお電車風景競作」プロジェクトですが、参加される方の中には超有名モデラーもいらっしゃいまして、まぁ負けじと自分なりに頑張ってるんですが…テキトーに頑張ってる程度ですけど…これ!と言った目ぼしいアイテムもも無く、ダラダラ・チマチマとストラクチャーが増えていってるだけですね。

ところで、このブログを始めて今月で10年なんですが、10年の内にブログなんてものはお気楽SNSにその座を奪われ、ほぼレッド・データ入りをしております。
元々大したものを作ってるワケじゃなく、一般に知られてる鉄道模型とは懸け離れた事ばかりやってるので10年の総アクセス数は70000にも届かず(年間7000アクセス弱、一日平均約19アクセス)、最近は一桁の日も多いし、ここもそろそろクローズドにしようかな?と考えております。
この「メリケンお電車風景競作」が終了した時に閉めるとしたら年内一杯になりそうなので、8月に閉めちゃおうかな?と。

ま、それはそれとして、帰宅したら高架下の商店製作の再チャレンジを、と。
 


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ