2012/7/18  21:59

False Rogers 2-4-0: 5  RGRy Locomotive
 
ホント、暑いっすねぇ。細かい工作がイヤになりますよねぇ。

とか何とか言い乍ら、今日も今日とて記事をアップ!
しかし、毎回毎回、定点撮影みたいな写真でごめんやっしゃぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

完璧にネタの小出しでございます。
[先日とどこが変わったのかクイズ]でもやろうかな?
いや、そりゃぁやりやしませんけど、先日の写真と見比べて頂くと、ホンの少し進んでるのがお判り戴けるかと。

ジャジャーン♪ 遂にシリンダー・ブロックが付きました。
クロス・ヘッドやメイン・ロッドはまだ仮の状態です。
ボイラーを短くしたのは、このメイン・ロッド(KATO Nゲージ C50用)に合わせたいって理由もあったのですよ。

あとはキャブ・フロントに窓枠が付きました。
キャブ・サイドの窓枠は失敗の連続で・・・何せ暑いですから・・・後日作り直しです。
他に写真じゃ見えませんが、屋根の下側に補強を入れたりして、チマチマとロコ部分は製作進行中。
では、また・・・。


と書いて終ってしまったら、大きな変化の説明してないのですよ。
それは、煙突の交換! これで3回目。
あのダイアモンド・スタックをやめ、ストレイト・タイプに変更。
「短い煙室で、ストレイトはないやろ!」のツッコミは必至でしょうけど、サイトで画像検索すれば意外とあるんですねぇ。
興味がおありの方は一度検索して下さい。
"Short Smokebox"と文字を入れてポチっと。
例えば、こんなのとか、
http://trn.trains.com/~/media/import/images/9/8/4/trn-d810_11.ashx?la=en&mw=900&mh=600
こんなのとか。
http://smrtrains.com/engines_2009/penn-d6-engine.htm

元ネタから一変して、このタイプの煙突にしたのは、あのフレッチャー氏の"Mud Rogers"の影響に他なりません。
http://4largescale.com/fletch/d13c.htm

Mud Rogersとは似ても似つかないんですけど、古典的なロコには似合いそうだし。(元は170年も前のロコ用の煙突ですからねぇ)

色々とくっ付けてると、何となく形になってきました。
テンダーは結局後回し。暑いですけど、まだまだ続きます。


タイトル、変更しました。
"False Rogers"・・・つまり「インチキ・ロジャーズ」。


この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ