2014/5/8  15:14

False Rogers: 9  RGRy Locomotive
 
”インチキ・ロジャーズ”の記事を書くのは昨年3月30日以来であります。

前回はこれ(↓)。
http://dog.ap.teacup.com/reightongap/253.html


タンク機(Hudson Double Enderヤツですけど、モドキね)ちゅうデザインで、半径315mmの曲線上を走らせると言う命題の下、試行錯誤やっておったワケですが、もうねぇ、そんなエゲツナイ曲線上を走らせるのを考えなかったら、とっくに完成してんですよ。

で、再開するにあたり、この曲線通過の条件を棄てました。
ほぼ直線専用でエエんとちゃうの?とね。
考えてる風景モノ、殆ど曲線がないんですねぇ。
じゃ、無理矢理急な曲線を通過させなくてイイじゃないか!です。

パワー・ユニットから伸びたボルスター、それ自体が首を振る構造で、パワー・ユニットの軸距のセンターにパワー・ユニットの回転の中心を持って来なかったんですね。

クリックすると元のサイズで表示します

どうしてそうしたかの説明は省きますけど、これが却ってタンク内でのパワー・ユニットの左右動が大きくなったり、ウエイトを積む場所がなくなったり、重量配分が難しくなったりと、様々なネックになってたので、正直にパワー・ユニットの軸距のセンターに回転の中心を持って来る様に改造します。(って、元に戻すって事ですが…)

それなら、パワー・ユニットをもう少しキャブ寄りに持って来れて、Hudson Double Enderっぽく見えるかも。

少しは曲線通過も出来るハズなんで佳しとします。

しかし、キャブの屋根が後ろ下がりになってますねぇ。
キャブを新しく作り直して古典フォーニーっぽくしようかな?
こんなことばかりやってるから2年経っても出来んのですけど……。

もしかしたら、”False Rogers”てなタイトルはこの記事でオシマイかも?

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ