2016/2/22  21:49

My Second 009 Loco: 3  009 Locomotive
 
009のロコ2作目ですが、ナカナカ進みませんねぇ。
漸く煙室部分とタンクを合体し、床板に接着しました。

そんな事をしちゃうと細かい作業がやり難そうなんですが、床板に動力ユニットを避ける穴が大きく開いておりますし、煙室やタンクのアッチを削り、コッチを埋めの状態では非常に不安定且つ脆弱なので、上下を接着した方が強度的には安心。

クリックすると元のサイズで表示します

煙室扉と煙突はお馴染みのエコーのパーツです。
おっと、書いておきますが、決して前回ご紹介したFfestiniog Railwayのロコを作ろうとしてるのではありません。
“それらしいモノ”を作ろうとしてるだけです。煙室部分からして全く違いますし、勿論タンクの長さ、フットプレート形状その他も違います。

さて、テンダーですが、『ン? ひょっとしてこれは…』と思われる方もいらっしゃるでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

タンクと言いテンダーと言い、アメリカンなパーツなのであります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

でですね、009を始めるに当たって実に大失敗なコトをやらかしてるんですね。
それはカプラーなんですよ。
欧州の製品でよく使われてる金属製ループを連結相手側のカプラーの突起に引っ掛ける方式のモノ、あの製品が入手出来ればそうしたかったのですが、なモン売ってませんので簡単に入手出来て、それらしきモノも自作出来るリンク & ピン・カプラーもどきにお気楽に決定したモンだから、自動連結すら出来ず、連結するのに“コ”の字型のフックをピンセットで挟んで…「ああ、もう! ちゃんと穴に入らんやないかぁ!」と、まぁ精神衛生上甚だ良くないのであります。
これがね、1両2両だとそんなに気にならないのですが、ロコに貨車5両とかなると踏み潰してやりたくなります。
なので、列車は2・3両を固定編成にしようかと思ってます。

彼の地(エゲレス)のレイアウトで、極々小スペースのレイアウトは入換えを楽しんでますが、あんなのとてもじゃないけど無理です。

これだったらKATOのNゲージ用のカプラーを改造して取り付ければ良かったです。
形態的にはチョットですが、少なくとも自動連結は出来ますからね。

これは両数が増える前に取り替え改造した方がイイかも知れません。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ