2021/5/17  22:12

American Interurban Scene Project: 4  HO Traction
 
前の投稿から随分と間が空いてしまいましたが、何もやってなかったワケじゃなく、チマチマと一応は進んでおります。

前回の金融屋ビルの隣に建つ建物ですが、採用しようとした手持ちの英国風のビルも存在感が薄いので、金融屋のビルとデザインが近いものを作っちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

狭い路地の奥まった所に建つ、怪しげなホテル、です。
完成した姿がこちら(↓)。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

細かい細工を施しても奥の方でほぼ見えないんですけど、自己満足でナンダカンダとやってます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ドアの飾りガラスなんて全く意味ないんですけどねぇ。

さてさて、鉄道沿線なんで、駅を設置します。
それも高架駅。
まずはプラットフォームの建設。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

続いて駅舎と言うか、待合室の製作。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この時点での全体像は、まぁこんな感じ。
ストラクチャーは全て仮置きで、まだ固定していません。
構成の変更があるかも知れないので。

クリックすると元のサイズで表示します

そして線路わきの小さなレストランも、パーツが到着したので完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

この下(↓)の写真の面なんて、全く見えないんですが、それでも窓を作っておかないと気色悪いですから。

クリックすると元のサイズで表示します

この面(↓)も余り見えないんですけど、イイんです。ええ、自己満足なので。

クリックすると元のサイズで表示します

駅部分をソロソロ完成させますので、次の投稿ではお見せできるかも知れません。

しかし、殆どストラクチャーの写真ばっかりで、電車の写真が少ないのはご勘弁を。

https://www.facebook.com/100056729154318/videos/pcb.244371380797165/244370344130602

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ