2021/6/23  17:53

American Interurban Scene Project: 5  HO Traction
 
「メリケンお電車風景競作」のモジュールの一番手前に位置する駅がほぼ完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

プラットフォーム側には色々とディテイルが付いてるんですけど、残念ながら設置しちゃうとほぼ見えません。
ホント、自己満足な工作ばかりやってますねぇ。

そして階段はヴィクトリアン風(あくまでも’風’ですよ)に仕上げてみました。
置いてみるとエスカレーターみたいに見えなくなく…。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

高架の待合室の下側にある種の店舗を置こうと作ってはみたものの、どうもサイズが中途半端で、これは作り直します。

クリックすると元のサイズで表示します

駅の固定は下の歩道部分が完成してからになります。

さて、この「メリケンお電車風景競作」プロジェクトですが、参加される方の中には超有名モデラーもいらっしゃいまして、まぁ負けじと自分なりに頑張ってるんですが…テキトーに頑張ってる程度ですけど…これ!と言った目ぼしいアイテムもも無く、ダラダラ・チマチマとストラクチャーが増えていってるだけですね。

ところで、このブログを始めて今月で10年なんですが、10年の内にブログなんてものはお気楽SNSにその座を奪われ、ほぼレッド・データ入りをしております。
元々大したものを作ってるワケじゃなく、一般に知られてる鉄道模型とは懸け離れた事ばかりやってるので10年の総アクセス数は70000にも届かず(年間7000アクセス弱、一日平均約19アクセス)、最近は一桁の日も多いし、ここもそろそろクローズドにしようかな?と考えております。
この「メリケンお電車風景競作」が終了した時に閉めるとしたら年内一杯になりそうなので、8月に閉めちゃおうかな?と。

ま、それはそれとして、帰宅したら高架下の商店製作の再チャレンジを、と。
 

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ