2019/6/27  21:03

 
またもや大した変化もないのに記事をアップ。

クリックすると元のサイズで表示します

建物の配置がほぼ決定したと、それだけなんですがね。
左端は古臭いパブ、14〜5世紀頃のデザインかも知れません。英国風の風景ならパブは欠かせませんからね。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、橋を挟んだ右側には商店が並びます。
パン屋、タバコ屋、肉屋、本屋、靴修理屋。
建物はまだ固定していません。歩道も作んなきゃイケナイし。
線路の敷設→道路→歩道→建物の設置と、そんな順番ですから。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、いつまでも線路がないのに、さも敷いてあるように車両を置いて撮影してますが、そろそろマジメに線路敷設を開始しないと‥。
それと、架線柱と架線の方をどうするのか決定しないとイケマセン。

<空のバックドロップ>

余談なんですが、以前撮影した写真のバックの白い部分にPhotoShopで空を入れてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

印象が全く変わりますね。奥行きが出たような‥。
雲が浮かぶ空の素材を持ってるので、バックドロップはそれを使いましょう。

2019/6/18  18:35

 
ナカナカ手を付けられなかった風景モノ、まだ’ナカナカ’の状態ですので、細かい物を作ってみました。
鋳鉄製を模したフェンスと広告看板です。

クリックすると元のサイズで表示します

広告はエドワード朝時代の前、ヴィクトリア朝時代の物ですが時代的に近いのでと採用。エドワード朝時代でもこんな広告残ってただろうし。
フェンスは橋の欄干と同じ素材です。

で、何処に設置するかと言うと‥‥

クリックすると元のサイズで表示します

橋の袂、左側です。
横にパブが設置される予定。橋を渡った所に建ってるのはどうやらパン屋さん。

クリックすると元のサイズで表示します

フェンスの後ろ、バックドロップとの間は草地にします。

まだチョイと忙しいので、こんな小手先工作が続きそうです。
「忙しくてもワタシ達の相手くらいしてよねぇ」とウチの猫達が申しております。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

*上)ブリティッシュ・ショートヘアの猫1号。
*下)アメリカン・カールの猫2号。

2019/5/15  21:29

橋の欄干が片側にしかなかったので、奥の方の分を作りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

奥の方には歩道が設置されるので、街灯は手前側より奥に設置すべきですが(それとも両側)、同じ物を作る材料が少々足りず、根気も無くなので、手抜きです。
移設すれば済む話ですが、街灯を外すと破損の恐れもあるので、このままいっちゃいます。

クリックすると元のサイズで表示します

橋の右側奥の擁壁の上にはレンガ塀が設けられていますが、左側奥はちょいと変えてみましょう。

この左側の塀だか柵だかが出来ると橋の上の道路、歩道、線路の設置工事に取り掛かれます。

続いて作ってたのが、橋の下と後ろの部分の地面。

クリックすると元のサイズで表示します

ご覧の様に溝付きレイル(Grooved Rail)の路面軌道付き。
これはコード83のレイルを横向きにし、底面を走行レイルに、側面を溝部分にしてます。
勿論走行レイルが垂直になるように本来の走行レイル部分の下にスペイサーをかましてます。
写真で見るとウェザリングが矢鱈と黄色っぽいですけど、実際はこんな色じゃないです。

そして草や木を植え、てか接着してこの部分は完成。

クリックすると元のサイズで表示します

レンズの関係で欄干やレンガ塀が彎曲して見えますが、ちゃんと平行に作ってますので‥‥。
上の道路面に少しだけ樹木のトップが見える程度(↓)ですが、これでOKです。

クリックすると元のサイズで表示します

ロビン・スターチのホーロー看板が付いてる石の塀がブロック塀みたいで何だかなぁですねぇ。作り替えましょう。

と言うワケでレンガ塀に作り替えました。色調としてもやっぱ、こっちですね。

クリックすると元のサイズで表示します

で、下の路面軌道にはスティーム・トラムも置ける、と。

クリックすると元のサイズで表示します

橋の欄干やらに引き続き、擁壁上にフェンスを設置しました。
イメージとしては鋳鉄製のフェンス。

クリックすると元のサイズで表示します

下は橋の左側の短い方のフェンス。

クリックすると元のサイズで表示します

これらはプラスティックのアクセサリーに簡単な加工をしただけ。
手持ちの分を使い切っちゃったし、古い製品なのでもう売ってないだろうしで、右端の残り部分をどうしようか?と悩んでます。

2019/5/5  22:13

 
大した話題もないのですが、レイアウトの左の方のトンネルにしようとしてた部分を石橋と言う事にして、風景に変化を付けようとしてます。

この石橋の部分は奥行きが70mm弱なので、橋の両側を奥に延長する作業中です。

クリックすると元のサイズで表示します

上側から覗いても、橋の下から覗いてもある程度は見えるので、ちゃんと作っておかねば…。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

橋なので、表側と同じく欄干を設置しないといけませんねぇ。ウムム。

暫くは地味な作業が続きそうですので、進展があった場合は<追記>として載せていきます。

*レイアウト名を一応、'Bridge Road'としました。変更するかも知れませんがね。


<追記 1>

右端のターミナルとなる部分です。

クリックすると元のサイズで表示します

軌道は橋の右端で分岐して2線のターミナルになる予定。
トラムらしい分岐器があればイイのですが、PECOのこれで我慢です。

このタームナルにはスティーム・トラムもやって来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

スペースの関係で機回し線が設置出来ないので、頭から入ってきたら、そのままバックするしかないのですが、これはエレクトリックのトラムもトレイラーを連結してれば同様。

建物は仮置きですので、風景はもっと変化します。
建物はショウ・ウィンドウにディスプレイが施されているものを中心に設置します。
まぁ、大概の建物はディスプレイまで作ってあるのですが。
一応、肉屋、タバコ屋、本屋、骨董品屋、それにハーフティンバーのパブが候補。
奥のターミナルにはトラム・シェルターも‥‥って、欲張り過ぎかな?


<追記 2>

橋を挟んだもう一方の石垣も出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

石垣同士の接合部の隙間を埋める為、コーナーに何やらワケのワカラン植物を生やしました(接着しました)。

クリックすると元のサイズで表示します

‥って、このコーナー部分、全くの死角部分なんですけど、気分的に隙間が空いてるのがイヤなんで‥‥。

ついでにトラム・シェルター部分も改造しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ベース部分は奥行きを詰め、シェルターは左右と後部に取り付けてたベンチを撤去したので、デザイン的な面白味は半減しましたが、スペースが小さいので仕方ないですね。

左が原形、右が改造後。

クリックすると元のサイズで表示します

2019/4/26  0:28

 
車両も3両になった事だし、で、レイアウトの方を手掛け始めました。
と書くのは二回目ですね。3月12日にも書いてます。
https://dog.ap.teacup.com/applet/reightongap/20190312/archive

その3月に作った’壁’の使い方を変更して別のプランで再度チャレンジです。

クリックすると元のサイズで表示します

単に細長いPoint-to-pointのレイアウトになる予定。
写真手前の路面軌道と電気機関車は関係ないです。後ろの高架(?)部分がレイアウトの一部です。
これから左にも延長します。奥行きの浅いブックシェルフ・レイアウトです。
右端がターミナルになる部分、左端は線路が視界から消えまして、「ちょっとゴソゴソするよ」な部分に繋げようか?と。
奥行きを何cmにすべきか、まだ検討中。ストラクチャーは在庫豊富なんで何とかなりそうですが、ひとつだけ新製すべきものがあります。それはまた後日。

そして、前面の’壁’部分が完成しました。
繋げてみると‥‥長い!

クリックすると元のサイズで表示します

全長600mm。奥行きは約120mmになる予定です。
変化をつける為に全て石積みではなく、部分的にレンガ積み部分も入れてあります。

左端もレンガ積みですが、この部分だけ材料が足りなかったので、Oスケールのレンガ・パターンです。書かない/言わないと気付かないと思いますがね。

クリックすると元のサイズで表示します

壁の上は道路/軌道敷きなので、転落防止の柵等を設置しなければなりません。
これも結構大変な作業かも?
しかも’トンネル’部分は今のところ奥行きが70mm弱。
奥行きのあと50mmをどうしようか?と。

下から煽って撮影した写真を一枚。

クリックすると元のサイズで表示します

壁上にレンガ塀を付けるとこの角度からだとトラムの車体が半分隠れちゃうんで’トンネル’の上の様な柵にしましょうかねぇ。作るの面倒だけど‥。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ