2013/8/5  20:25

Boat Shop: 2 <ボート製造所:2>  RGRy Layout/Diorama
 
久しぶりのブログ記事です。8月に入って初めてですね。
でも、「生きてまっせ!」の報告みたいな、大した内容もないモノです。

レイアウトなんて作ってるのを忘れられないようにとの、ま、そんな目的もありますが。

車両関係はレイルバスの追加工作程度だし、レイアウトと言えば、ストラクチャーと言う、言わばレイアウトのパーツ作りに精一杯で、本体自体の製作には未だ至ってないのであります。


さて、表題ですが、また追加工作でありますねぇ。
こんなのやってるから、ちっとも進まんのですが。

先月完成したと思ってたボート製造所、設置箇所を変更したく思い、『なら、こうせんとアカンのとちゃうの?』と追加工作。

先に先月の完成時の写真。

クリックすると元のサイズで表示します

で、今月分(?)。

クリックすると元のサイズで表示します

「どないちゃうねん!?」ですな。

まず、設置箇所を変えるとロウ・レリーフ部分のバックを一部隠す必要が生じて高い塀を立てました。
それだけじゃ、オモロないんで、階段を設置!!
この階段、塀に遮られて、それ以上進めないですよねぇ。
赤瀬川原平氏命名の「トマソン」であります。
「超芸術的トマソン」ではありませんが、それ自体は何等かの意味を為す存在なのに、そこにある事によって存在するする意味を為さない物体、正に”トマソン”ですね。

『何で階段があるんだろ?』、そんな謎を残しまま、次に行きましょう。ナハハ。

デッキ側にはライフリング(救命浮き輪)を設置。水辺らしくなりましたねぇ。全くもって自己満足ですが。
手摺も一部追加。
太くて気になってた旗竿を2mm径の棒にして旗も若干小さい物に作り替えました。

で、杭が水に浸かった感じを出す為に墨汁のアルコール割でサササと塗装(染め)。

なモンであります。
これで夏休みの宿題は終了であります。多分・・・・

暑くてやってられるかい!!なのです。

涼しくなったら、進捗状況をお知らせします。
でも、気が向いたら何か書くかも?です。

2013/7/16  18:39

Boats!: 2 <ボートだぜぃ!:2>  RGRy Layout/Diorama
先日のボート群、手始めに手漕ぎボート(Rowboat)に着手しまして、完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

”水面”に浮かんでるのが第一号ボート。
この”水面”、15年以上前に買ったもので、何処製か判りません。
プラスティック製のパターン・シートです。
撮影の為に初めてパッケージ(袋)の封を切りました。
175mm×300mmで¥790って、随分と高い水面だこと・・・

下は原形と並べて撮影したもの。

クリックすると元のサイズで表示します

漕ぎ手の座る座は桧板で作り直し、他にマンチュア社のボートに入ってたオールを2本利用。あとはスノコにロープにトロ箱だのと小物を少し並べただけで、な〜んとなく使われてる手漕ぎボートらしくなりましたとさ。

メッチャクチャ気楽な工作です。
次はスティーム・ランチかな?(って、客車やタバコ屋はどうなったんだ?)

クリックすると元のサイズで表示します


<オマケ>

マンチュアの手漕ぎボートをスティーム・ランチに改造中の図。

クリックすると元のサイズで表示します

フル・ハルをウォーターライン用にする為、レザー・ソウで船体を水平に半分、ゴシゴシとぶった切ってます。
不要の部分の方が多いんじゃないか?なんですが、こんな曲線構成ばかりのモノをウマく作れないので仕方ありません。
後ろに写ってるのは新しいデッキとなるバルサ板。

2013/7/13  13:02

Boats! <ボートだぜぇ!>  RGRy Layout/Diorama
 
ウォーターフロントのレイアウトに欠かせないボートを入手しました。

クリックすると元のサイズで表示します

毎月打ち合わせに行ってる大阪・谷町九丁目にある得意先から歩いて5分以内の所に”丸善通商”ってお店があって、今朝そこで買って来ました。

サイズ(スケール)が様々なボート・・・に限らず、帆船キットやパーツが揃ってます・・・の中から目視でSスケールで使えそうなのを三種ピックアップ。

手前と右端は救命ボートです。これはフル・ハルなんで陸置き用ですね。
尤も底を平たくすればウォーターライン用に使えますが。
鉱山の建物をボート・ショップに改造する前に買っておけば良かった・・・・。
ま、イイです。で、これは二艘セットで525円。

奥の平底の舟はウォーターライン・モデルではなく、そう言う形状のハル(船体)で、まぁほぼ平底なんで水面に浮かべましょう(実際には”水面”に置くだけですが)。これは二艘セットで420円。
どちらもデンマークのビリング・ボート社製。

左の少し大きいのはマンチュア製。と言っても、入門用の安価な機関車とかを売ってるアメリカの会社じゃなくて、イタリアの船舶模型のメイカーです。
これは手漕ぎボートなんですが、蒸気エンジンを載せ、スティーム・ランチ(Steam Launch・・・ランチってのは沖合に停泊してる船と陸とを連絡するのに使うような小型舟艇の事です。こんなの → http://www.steamboat.com.au/Edelweiss%20small.jpg)に改造しよう、と。
でもまぁ、このボート、フル・ハルなんでウォーターライン用に加工して使おうと思ってます。
これはオールとオール受けが付いてて一艘だけで750円。結構高いですね。慎重に改造しないと失敗したら勿体ないなぁ。

あとは舟にも船着き場にも使える救命浮き輪(ライフ・リング)4個入りを2セット。4個で168円。安い!! これを自作するのは面倒ですしね。

と、これが今朝の散在。
手漕ぎボートなんかは塗装してチョイとウェザリングすれば即完成です。

さぁ何から取り掛かろうか?
でも、狭いレイアウトなんで全部は使い切れない・・・精々が三艘でしょうね・・・ので、Tadさん、要りますかぁ?

2013/7/11  15:29

Nott's Landing: 2 <ノッツ・ランディング:2>  RGRy Layout/Diorama
タイトルを読んで、「レイアウトの進捗状況?」と思われた方、そうではないです。

アチラのフォーラムにトピックを立てたと言うお知らせだけです。
宜しければご覧下さい。

http://www.freerails.com/view_topic.php?id=5403&forum_id=40

クリックすると元のサイズで表示します

レイアウトの製作って作りかけのままインターバルを空けると、製作途中で放置してる車輛より規模が大きい分、アチコチの気になる箇所が目について製作の気力が萎えちゃうんですよねぇ。
現に製作途中のマイクロ・レイアウトが4〜5年眠ってます。
う〜ん、何等かの目標・・・例えば納期(?)とか・・・を決めてやらんとナカナカ完成しないようです。
「11月開催の某ミーティングには何とか日程の都合を付けて出席する、その時までに完成させる!!」とか、そんな目標が必要な気がしてきました。

2013/7/5  12:39

Nott's Landing <ノッツ・ランディング>  RGRy Layout/Diorama
 
"Nott's Landing" is the name for my under-construction layout.
This was named after the late Geoff Nott who gave me a thousand ideas.

クリックすると元のサイズで表示します

と、簡単な英語で書き出したワケは最近アメリカ、カナダ、オーストラリア、フランスからもこのブログを訪問される方(モデラーでしょう、おそらく)がいらっしゃって・・・これはブログ解析の訪問者のIPアドレスで確認出来るんですけど・・・その方達が「ノッツ・ランディングって何?」との疑問を持たれた時の説明にと。


なので、今日はレイアウトに名前が付いたと、そんな報告です。
はい、故ジェフ・ノット氏に因んでNott's Landingと名付けました。

以前にも書きましたが、4月下旬に製作を開始した当時、このレイアウトは併用軌道のある田舎町の風景になる予定でした。
それがノット氏とマイケル・フラック氏の手によるレイアウト、"Smugglers Cove"(http://www.modvid.com.au/html/body_smugglers_cove.html)の写真を見てるウチに『ああ、こんなウォーター・フロントが出来たらイイよなぁ』と、まぁ、そんな憧れで計画変更になったてぇ部分が大きいのですね。

計画変更前の、地面を60mm持ち上げるがために正面の視界の多くを板が占める面積が大きいのが納得いかなかった事もありますが、それは別の方法でも解決出来たのです。
でもね、やっぱウォーター・フロントっすよ!

件のマリオ氏のサイトにこんな写真がアップされたのも計画変更のトリガーとなってはいますがね。
http://www.modvid.com.au/assets/images/SEATTLE_2012b_473tn.jpg

因に写ってるOn3のコンボ(合造車)はかのJohn Allen氏製作。

この写真が載ってるページのアドレスも記しておきます。
何てったって、某超有名日本人モデラーの作品が紹介されているのですから。
http://www.modvid.com.au/html/body_seattle_2012-ng_model_contest.html

話が長くなりそうですねぇ。スミマセン。

レイアウト自体の製作はまだまだこれからで、今はストラクチャーを製作中、或は手持ちのモノの改造中であります。
既製品に頼れないので、このレイアウトのストラクチャーは全て既成パーツ利用/流用/改造の自作品です。

クリックすると元のサイズで表示します

今製作中なのは上の写真の中央に写ってるヴィクトリアン調のタバコ屋の建物ですが、余り進んでいません。
と言うのも、側面にあったアティック・ウィンドウ(妻面に付ける屋根裏部屋用窓)利用の窓を取り払い、ベイ・ウィンドウ(張り出し窓)に無理矢理改造したりしてるからです。
下の写真の靴修理屋の屋根の向こうにチラっと見えてる部分です。

クリックすると元のサイズで表示します

この改造が終ったので、そろそろ屋根を葺きに掛かります。


先日完成したボート製作所をトラス・ブリッジのたもとに置いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

ナハハ、気合いを入れてディテイリングしても余り意味はなかったです。
その気になって覗き込まないとボート製造所がある事さえもワカランのですから。

トラス・ブリッジの下から見てもご覧の通り(↓)。

クリックすると元のサイズで表示します

旗だけが「ここに何かおまっせ!」の目印っちゅうワケです。


ところで、最新日記の記事自体が時々見えなくなってるようですね。
「最近の記事」の所にはタイトルが表示されてるのですけど、何故か記事が表示されない事があるみたいです。困った事です。でも僕の所為じゃありません、念の為。


ええっと、考えてみれば、このレイアウトの設定っちゅうモノを全くお知らせしてなかったですね。
設定年代は20世紀初頭です。1905年から1910年辺り。
なので、写真にチラっと写ってる1919年式フォード・セダンは後に排除される運命。またTadさんのトコに行くかも?
物好きです。物好きでないと、こんな時代設定はしません。
制約が多いけど、ま、それなりに楽しいです。
誰もやらんのですから。アハハ、それだけのコトですが、天の邪鬼な僕にはピッタリ。

さて、設定地域はアメリカ合衆国東北部沿岸地方。
このNott's LandingはReighton Gapの谷を流れるNandackette River(どうも昔住んでいたネイティヴ・アメリカンの言葉らしく、現地ではナンダッケットではなく、ナンダッケ・リヴァーと発音されるらしい・・・)の河口近く、独立戦争当時、英国海軍の艦艇を攻撃する小型舟艇発着の為に作られた由緒ある波止場だそうです。

波止場には河口を出て沖合の島々を巡る巡航船が発着し、船に接続した列車がReighton Gap Railway沿線の主要集落のShady Groveや、Reighton Heightsのリゾート地へと船客を運んでいます。

ついでにReighton Gapの谷沿いにReighton Heightsへ向かって勾配を登る1号機牽引の列車の写真もご紹介しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します


てな妄想(一応は想定)の元に製作してるのが、この"Nott's Landing"であります。
最後の1号機の写真はこのレイアウトとは何等関係ありません。悪しからず。

クリックすると元のサイズで表示します


しか〜し、「船に接続した列車がReighton Gap Railway沿線の主要集落のShady Groveや、Reighton Heightsのリゾート地へと船客を運んで」とは謳ったものの、客が乗れる車輛は蒸気動車 No.7たった1両・・・しかも想定定員10名程度・・・。
レイアウト完成前に客が乗れる車輛をせめてもう1両作らねば・・・。

クリックすると元のサイズで表示します


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ