続けて更新。落書きマンガ。  むちち

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

とにかく、寝返り打つたびに乗ってくる。

ココも寝てるはずなのに、毎回必ず、寝ぼけまなこで乗ってくる。

すごい優しい感じが伝わってくるんだが、そのたびに、「重いっ!!」と驚いて目覚めるのでできればやめて頂きたい。

その時のトローンとした顔、何かに似てるよなあ。おかまキャラっぽい何か・・・。(ココは女子だが。)

と、今日、ようやくわかった!!!

クリックすると元のサイズで表示します

「日曜の夜、いかがお過ごし?」の、ミル姉さんだわ。

ココがもう、ミル姉さんにしか見えないわ。ということは桃井かおりさんにも似てるのか?

ってか、笑う犬、古すぎるかい?

そして、もう一個おまけ漫画。今日起こった、ホヤホヤ出来事である。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

何度かこのブログでも書いているが、とにかく行こうとするお店が休みな事が多い。

友人間でも、「今から行くとこ、あーさが選んだお店でしょ?今日、ちゃんと空いてるかな?」と言われた事が何度か。。。

銭湯行こうとして、6軒チャリで回って全て休みだったのはもはや伝説。
(今考えたら、その地域で銭湯連合の会合でもあったのかしらねえ?)

ランチしに行って、貸し切り・臨時休業などで3軒、入れなかったのは序の口なのだ。

もちろん、毎回なわけはなく5〜6回に1回くらいなんだけどね。え?多い?

こんな特技、本当にいらないわ〜。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
11

ココです。  むちち

アメコカ女子、仮の名前はココさん。

里親様には、ぜひ、変えて頂きたい仮の名前である。

ココが来てから、ミミ子がトイレとごはんの時以外、犬ベッドから出てこなくなった。

吹っ飛ばされて怒ってもへらへら笑う新人に、かなわないわ〜と思ったんだろう。

そう思っていたが、昨日から、、、

クリックすると元のサイズで表示します

デーン!と、真ん中に居座っている。

あたし、負けへんっ!!!と、何やら決意を固めたようだ。

ココがぶつかっても、ベッドに戻らない。

一生懸命、頑張っているが、ヘラヘラ女子には意味ないと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
ムッキー!!!!!


目はまだ綺麗を保っているよ。

ミミ子に対抗心を燃やされているココさん。

健康チェックに病院へ行かせてもらった。

肥満と口内環境と乳腺の周りに米粒大の何かがある以外は、大きな問題はなさそうだ。

ドライアイがあったが、アメコカだと当たり前というくらいのものらしい。

目やにもいい子で拭かせてくれるし、眼軟膏(ビジョケア)も簡単に入れられるし、誰かさんとは大違いだ。

クリックすると元のサイズで表示します
誰かしらね。。。

君だ。君。

耳洗浄も、まーったく問題なくできる。

ほんと、誰かさんとは大違い。。。

そして、ココはお散歩も割と上手。

割と。というのは、電柱 to 電柱!といった感じで、とにかくマーキングしたいようで、次の電柱めがけて、ぐいぐい引っ張って歩く。

これも、ヒートの影響かなあ。

呼ぶとちゃんと振り返るし、立ち止まって落ち着かせたりはできるので、ヒートがなければ上手にお散歩できるようになるだろう。

ココさん、お散歩ついでに、仕事帰りのオットチャンを駅まで迎えに行った。


クリックすると元のサイズで表示します
お座りして待ってようね。というと、ちゃんとお座りして、過ぎ行く人を観察できる。

クリックすると元のサイズで表示します
呼ぶと振り返って、、、

クリックすると元のサイズで表示します
呼んだわよね??と来てくれる。

ほんと、かわいいねえ。

アメコカという犬種について、ネットいろいろ調べてると、レイジ・シンドローム(アウトレイジのレイジですよ〜)という、日本語だと、突発性激怒症候群という遺伝性の異常行動がみられる子がたまにいるという情報がよく目に入る。

へ〜、、そうなのね〜。ココはそんな片鱗はまったく見せないなあ。

それにしても、ネーミングが、まんまやんけ!!と、突っ込みたくなるよね〜。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
11

頭の中がお花畑。  むちち

さて、我が家で新しい家族を探すことになったアメコカ女子。

どうやらヒートっぽい。

ので、避妊手術などは減量しつつ、しばらくお預けかな。

うちに来た日は、ドアの前で怯え、近づくとガタガタ震えながら怒っていた。

手が近づくとパクッ!とするが、マネだけで歯も当てない優しい子だ。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなワンコに、「怖くないよー」と寝転んでアピールするオットチャン。

いや、ワンコどころか人間でもそれ、超怖いから。。

が、深夜過ぎたら、何かのスイッチが切り替わり、ベッタリストーカーに変身。

クリックすると元のサイズで表示します
玄関前のこのどんより顔から、

クリックすると元のサイズで表示します
急にベッタリ女子。

切り替えはやっ!

クリックすると元のサイズで表示します
そして、以降は基本、この顔でヘラヘラしている。

クリックすると元のサイズで表示します
近所のカフェでもヘラヘラ。

クリックすると元のサイズで表示します
膝の上ではドヤ顔。

性格は花マルだね。

アメコカさんは、性格が猛々しい子は徹底的に猛々しい。というイメージがあって、そこが心配だったけど、頭の中ぎお花畑過ぎて、違う心配が。。

いい子なんだが、かなりはっちゃけ。

注意してもヘラヘラ。

周りを見ないで走ってミミ子を吹っ飛ばして、激怒されても気にせずヘラヘラ。

興奮の仕方がヒートの影響に見えるので、それが終わったら、もっと周りが見えるようになるだろう。

うちに来た経緯は気の毒だが、とにかく楽しそうに過ごしているので、本当に連れてきてよかったなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
額にシール付けられてもヘラヘラ。

クリックすると元のサイズで表示します
うちのつぼりんも、存在を認めた模様。

今のところ、困っているのはヘドロのような臭いを放つ口だな。。

これも、歯石除去して下さる方がいらっしゃって、近いうちに改善できる予定。

しばし、かわいいかわいいアメコカちゃん預かり楽しめそうだ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
21

アメコカ女子(太め)がうちに来た経緯。  むちち

アメコカ女子太めがうちに来る事になった経緯。

オバチャンに犬を渡した方の主観があって、事実と異なるかもしれないが、聞いた話を以下にまとめる。

ある日、建物を所有する高齢者さん(以下、さん付け略します。)の元に、孫とその子供(つまり高齢者からするとひ孫)と犬が転がり込んできた。

その建物に、孫たちは暮らし始めた。
(おそらく元々は賃貸用だが、オバチャンが見るに、1部屋しか貸している様子がない。)

が、孫が住む家に犬は入れず(家賃も入れないそうだ)、違う空き部屋に犬を置き、まったく世話をしない。

高齢者は80代の方だが、ほっておくわけにもいかず、日に1回か2回、ご飯をあげたり、たまにひ孫と散歩に連れ出して最低限の面倒を見た。

それ以外の時を、犬は空き部屋でひとり過ごしていた。

高齢者は年金暮らしで、トリミングに行くお金もなく(年に1回が限度)、体力的にももう厳しいので、誰かにもらって欲しいと、今回の仲介役となった方に相談した。

これが発端だ。



この話を最初に話を聞いたのは、ミミ子(ジョンも)がお世話になっているトリミングサロンで。

こちらが相談をお受けになり、オバチャンに繋いでくださった。

はじめは犬がひとりで過ごしている事はまだ知らず、いつでも里親募集中への掲載などを請け負って、里親探しの協力をするか、センターについての説明をして、どうしてもダメなら個人保護すると言った。が、できれば保護は避けたいな。くらいに思っていた。

話を聞いたあとで、ああ、結構前にお散歩でも、会ったな。もっとシニアな子だと思っていたけど、会った時は毛の状態と口の状態が悪そうだったからそう見えたのか。と、思い出した。
(年齢は7歳)

早速、アメコカといえば!のくみこさんに相談して、万一、保護になったら協力よろしくね!!!と頼み、応援するよ!と言ってくれたので、心強くなった。

その1週間くらいあとで、与太朗の通院についていった時に、たまたま代表に会い、こういう子がいるんです。と、相談をした。

すると、引き取り協力みたいな形にして、アルマの規約にのっとって里親募集かけたら、この犬種なら早く決まるんじゃないかしら?と言って下さった代表の言葉で、心強さが倍率ドン!!になった。

それでも、まだ自分が引き取るという選択肢は小さくて、高齢者が面倒をどうにか見れているのなら、里親探しのお手伝いしたり、必要な医療処置を代理してあげるのがいいんじゃないかと思っていた。

そこからは連絡が無かったので、やっぱり面倒見ることにしたのかなあ。。それならそれでよかったのかなあ。と思っていた。

が、4日前。

高齢者から電話があり、里親募集してほしい。そして、犬の面倒を見てほしい。と言われた。

とりあえず、元の飼い主に代わってくれ。と言った。

電話に出たのはひ孫(小学生)だった。オバチャン、子供だと気づかず(後で気づいた。電話に出たのはひ孫の親かと思っていた。)、

「本当にいいんですね?飼育放棄する念書にサインは頂けますか?本当に捨てるんですね?」

などを聞いた。

電話口に出た小学生は、淡々と、「はい。はい。」と言った。

後で聞くと、この子がねだってコジマで買った犬だった。

高齢者に電話を代わってもらい、「とりあえず、会いましょう」。というと、その電話から3時間後を指定された。

念のため、オットチャンを連れて、高齢者に会いに向かった。

会うのはトリミングサロンの場所を借りていたのだが、会いに行く途中、コンビニの前につながれているその犬がいた。

あ、あの子だ。と、コンビニの前で待っていると、高齢者が出てきた。おなかの痛みに耐えきれず、コンビニのトイレを借りたのだと言った。

高齢者は体のあちこちが痛いそうで、痛い痛いと言いながら、トリミングサロンまで歩いた。

飼い主の孫とひ孫はこねーのか。。。と、若干の怒りを覚えながら

「お孫さんは、どう言ってるんですか?」と聞くと、「そっちで勝手にしてくれと言われている。」と言った。

トリミングサロンで、高齢者も詳しく知らないだろうと思いながらも、生年月日や既往歴(病院行った事ないらしい。)を聞いた。

そして、その時に、犬が一人暮らししている事を知った。

そんな暮らしをしているなら、引き取らなければ。。と思い、いつから預かろうかと聞くと、少し笑いながら、「今日、連れてってもらえると思ったんだけど。」と言った。

え、、、今日ですか?と絶句したが、もう、この人に面倒を見る気はないというのが嫌というほど伝わってきたし、オットチャンを見ると、連れて帰ろう。という表情をしたので、「分かりました。本当にいいんですね?」と言ったら、「はいはい。」と、雑な返事が返ってきた。

住所や連絡先を聞き、後で飼育放棄の念書にサインを頂きに伺います(なんといっても、うちから徒歩1分の場所に住んでいるのだ。)とだけ伝え、先にトリミングサロンを出てもらった。

お散歩中に会った事もあったので、高齢者は多少なりともかわいがっていたのだろうと思っていた。

が、去り際、犬を撫でることもなく、声を掛けるでもなく、別れを言うでもなく。ただ、何事もなかったかのように去っていった。

高齢者もとばっちりを食っただけで、年金暮らしで厳しい中、仕方なく犬の命を繋いで限界に達したのだろう。

どちらかというと、善意の第三者である。

そして、もちろん、悪いのは元の飼い主だ。

そんなことは百も承知だが、ものすごいやるせなさだ。

家に犬を連れ帰ったが、ドアの前から動かず怯える犬を見て、オットチャンが言った。

「あんたが預かりやってるから、センター収容された犬とか捨てられた犬とかはたくさん見てるけど。。目の前で犬が捨てられるのは初めて見たし、そんなの見るとは思わなかったよ。かわいそうにな。」

本当、そうだ。少なからず、というか、かなり大きなショックをオバチャン達は受けた。

そして、保護犬達の一頭一頭にこういう事が起きているのだと、改めて考え、こんな事があちこちで常に起こっているのかと、途方に暮れた。

ちょっと、暗くて嫌な話になってしまったが、その犬=アメコカ女子太めは、青春を取り戻そうとしているのか、仔犬のように、すべてに興味津々で、はっちゃけて、オバチャンのストーカーと化して、楽しそうに過ごしており、悲壮感のかけらもない。

ので、途方に暮れた心も救われている。

今回はアルマにオバチャンが所属している事から、ありがたい事に協力を得られ、安心して保護できたが、個人保護したとして、医療費が予想をはるかに超えて賄いきれない額だった場合、どうしていただろう。。そうなった時に取れるアクションは何だろう、、、とたくさん考えた。いい答えは見つからないが、これは今後も、考え続けようと思っている。


オバチャンの感情も入って、無駄に長い文章になってしまった。ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

次回以降は、アメコカ女子太めの、愉快な日常をお届けしま〜す!!

医療処置など、今後、必要なので、募集は、もう少し先になります。

応援、どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
42

一人暮らししてた犬。  むちち

昨日から我が家には、とある事情があって、憧れ犬種のアメコカ女子太めがいる。

クリックすると元のサイズで表示します
基地(事務所)ドア前に籠城中の時。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は留守番が心配だったので、つぼりんの通院に付き合ってもらった。オムツ取れかけね。

うちから徒歩1分の建物の中で、犬ながら、一人暮らししていたアメコカ女子。

もうね、、とにかくもんのすごい可愛い。子犬のようだ。(つまりハッチャケ)

近いうちに、経緯など書きます。

とにかく、世の、保護犬に対する考え方が改まった、そんな出会いだったんだ。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
18




AutoPage最新お知らせ