2013/9/28  16:30

運動会  リタイヤ生活

朝から穏やかな良い日でした。寒くもないし風もないしカラッとした行楽日和。こんな日は知らず知らずやっぱり【山】に想いを馳せています。

数年前のビッタシこの時季に、中央アルプスの【空木(うつぎ)岳】に登ったことがありましたが、それはもう・・・素晴らしい紅葉でいまだに脳裏に焼き付いています。

やっぱ・・・山でしょう・・・この時季。返す返すも残念です。

空想の世界から現実に戻ると・・・今日もリハビリです。腰の牽引と電気を当てて・・・いつもと違うのは、看護婦さんが飛んできて『今日は血管注射、無しですから』

あと少しの辛抱なのかな〜〜? って期待が膨らみます。何とか今シーズンの最後にメジャーな山に・・・1座だけで良いですから行きたいものです。

さて表題の運動会・・・我が家は小学校から数十bの所にありますが、5・6年前までは運動会の度に塀に沿って車を停められて大迷惑。

駐車場側は公園なんですが、ひどい人は公園の塀に沿って止めるんです。そうすると我が家は車が出せなくなるんですが、公道に停めているのに一介の私人が止めるなとは言えませんよね。

言えるのはお巡りさんだけ・・・でも年に一度の事ですから通報したりはしませんでした。運動会が終わるまでじっと我慢。

最後の民謡の曲で父兄と子供が踊って解散となりますから、民謡がかかるのが待ち遠しい事。

運動会の日に駐車場から車が出せないように駐車されるのに一々怒っていたら、向かいのアパートに来る友達はしょっちゅう停めてますから、毎日怒っていないといけません。

でも・・・たった一日の事でも学校に文句を言ったり、住民と父兄がトラブルになったり、果ては警察に通報して駐車違反の摘発もあったようで・・・せっかくの子供たちの楽しい行事が憂鬱の種になっていた部分もあったと聞いています。

ところが数年前のある年からPТAがリーダーシップを発揮して、この問題を解決したんです。
住民の迷惑になる位置には【駐車禁止  中央小PТA】と印刷した紙が貼られたんです。
事前に連絡網で駐車禁止を徹底してくれたり。

そしてなおかつ駐車する人にはPТAが対応してくれました。これで住民との言い争いなどが一切なくなったのです。この時のPТAの役員さんって【偉い】と思いませんか!

確かに地域では子供の登下校を見守りしたりしていて、地域と学校が密着してこそ本当の意味での防犯・安全対策が可能になります。地域の協力なくして学校運営は成り立たないと思うのです。

そこをこの時季の役員さんは的確に掴んだのです。大変だったでしょうね、ちょうどモンスターペアレンツなんてのが話題になってた頃ですから。大英断・・・と私は褒めちぎっています。

そのいい流れが今も続いていて、我が家も運動会の日の憂鬱が無くなりました。あまりに迷惑をかけられると・・・運動会の日に雨でも降ってくれれば・・・と思わない事もありませんでした。

しかし最近は『良い天気で運動会ができて、子供たちに楽しい思い出がいっぱいできますように』と思ってしまいます・・・残念ですが。

何が残念って・・・我が家には元気で走り回る世代がいませんから。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ