2014/6/29  22:06

甲武信ケ岳W  百名山・南関東、秩父

甲武信から下山中に妻の主治医からの電話で、結局昨日の土曜日に診察してきました。今回はいろいろ・・・ドクターも我が家も忙しいので2カ月分の薬を出してもらいました。

診察が終わったら先生が『ちょっと相談があるので別の部屋に・・・』と。今年も一緒にどこか山に行きましょうと言う相談でした。8月に約束しました。

折角ですから先生が一人ではなかなかいけないところで・・・かつ・・・私も行きたいところを【案】にしてまた相談に行ってきます。

私は【上河内】【茶臼】【光岳】の縦走か北アの槍をからめた縦走が第一希望ですが、先生の希望を優先しましょう。塩見に行きたいと言ってましたから・・・私もそれでOKです。

今日は午後になって大気が不安定になり、雷と雨でした。今日は山を止めておいて正解です。明日、雲取を考えてます。

ホロホロは明日隣の和名倉山に登ると言うので、大声で呼べば聞こえるかもしれません。途中でアンテナが立ったら電話してみます。

甲武信の続きですけどゲートからゆっくり30分ほど歩くと西沢山荘があり、その庭先から右に折れるように徳ちゃん新道が始まります。
クリックすると元のサイズで表示します

甲武信ケ岳にはシャクナゲが群生しています。それが花の百名山に選ばれている所以だと思うのですが、こんな感じで・・・咲いたら見事でしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します

近丸新道合流点辺りからは、最盛期には花園だと思います。そして更に高度を上げて木賊(とくさ)山に近づくとシラビソの原生林が広がっています。
クリックすると元のサイズで表示します

木賊山を過ぎて僅かに下ると甲武信小屋です。小屋自体は少しくたびれていましたが、ソーラーパネルを設置し電気も使える環境のようです。
クリックすると元のサイズで表示します

この日は出会ったのはほんの数人でしたが、この方とだけは行きにすれ違い、下山時に追い越したので2度会いました。近丸新道との分岐で休憩中に背後から1枚。
クリックすると元のサイズで表示します

甲武信登山の雰囲気が伝わったでしょうか。マイナーとは言えませんが、少し山に慣れたら大自然を満喫しに出かけませんか。ガイド以上の超ベテランがご案内しますから・・・。
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ