2016/2/26  22:55

妻の歴史  リタイヤ生活

具合が悪くてずーっと検査続きだった義弟。

全ての結果が出て、今日はその説明を受ける日でした。

妻が同行して話を聞いてきました。

診断が確定して、手術が必要と判明。

前橋市にその専門の先生がいると言うので、紹介状を持って来週受診します。

その説明を受けに行くついでに、妻は点滴も受けてきました。

今日は私が送っていく手間が省けたので、私は風呂を掃除したり掃除機をかけたり。

病院に行く前にはリハビリで近所の周回も終えました。

話は変わりますが・・・今日は妻の人生の一つの転機・・・一つの歴史に幕を閉じた日でした。

妻は仕事を持っていたのですが・・・事実上は数年前に止めていたのですが・・・。

どうしても手が抜けない部分だけを、この数年続けていました。

数年前・・・なぜ辞める決断をしたかと言うと・・・体力的に自信が無くなったからでした。

途中で止めざるを得なくなると、結局は迷惑をかけてしまう・・・最後まで面倒見られる範囲で辞めたい・・・と言うのが妻の強い希望でした。

それでも・・・どうしてもと言われて、今年まで伸びた部分が有ったのですが、ご承知の通り椎間板ヘルニアと胃腸障害で3か月も入院。

責任を果たせずに終わると言う結果には、少なからず無念な思いを抱いたと思うのです。

何とか復帰して最後・・・今日、無事に送り出しました。ご苦労様でした。

辛い事もあったとは思うのですが、仕事に誇りを持って・・・従事している間は実に満足感に満ちた時間だったと思うのです。

それが・・・明日から無くなるのですから・・・心の張りをどう維持させたらいいのでしょうか?

当面は弟の心配や母親の介護、そして自分の体調を維持するだけで精一杯の状態ですから、時間はあっという間に過ぎていくと思うのですが・・・。

少し落ち着いて・・・心にぽっかりと穴が開くのではないでしょうか。

頭を使わせないとボケるかもしれませんし・・・私も自分の楽しみばかりを追求している場合ではないかも。

山の回数を減らしてでも、心の張りを維持させないといけません。

さりとて当分は母親の介護を抱えてますから、二人で遊び歩くわけにもいきません。

そして何とも残念なのは・・・記念すべき日ですから、食事にでも行きたいのですが・・・。

何故言いよどむか・・・・・と言うと。

腰椎ヘルニアからの坐骨神経痛で、食事の時間中、痛みで座りっぱなしではいられないのです。

精々我慢しても15分。今、家で食事に当てられるが時間その程度。横になって身体を伸ばさないと痛みが治まりません。

レストランでは横になれませんからね。

寿司でも買ってきて家で・・・と思ったら、胃腸障害から復帰したばかりで、生ものは心配。

結局、記念すべき日でも、家で自分で作ったものを食べて終わりでしょう。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ