2017/3/28  23:02

告別式  リタイヤ生活

朝9時に極近い親戚と家族だけが集まって、お棺の中をきれいな花で飾って蓋を閉じました。

折り紙が得意な娘がクジャクや花を折って、一緒に入れました。

妻と娘は手紙も用意してあって、一緒に持たせていました。

そして火葬ですが、これ以降は会うことができなくなるのですから、その寂しさたるや筆舌には尽くせません。

この世に存在しないと・・・これからじわじわと思い知らされるのでしょうね。

一方では母にとっても私たちにとっても、19年という長い闘いから解放された日になりました。

肩の荷を下ろされたのと引き換えに、心を苛む寂しさ・・・たとえ寝たきりでも生きていることのありがたさは・・・経験しないと理解できないと思います。

これで私の親も妻の親も、全員が欠けてしまいました。

どの親が欠けても、もっといろんなことを話してあげればよかった・・・との後悔ばかりです。

良い息子でも良い娘でもなかったのかもしれません。

毎日病院に通っていたのに、通えなくなる虚脱感も・・・私たちの心にどう影響するのか?

これも不安材利用です。特に妻は、母の介護が生きがいでもあったのですから、リバウンドが間違いなくあると思います。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ