2011/1/8  21:00

新たな治療  レオ&ココ

関越道は朝から断続的に50`ほど渋滞していると、ニュースで報道していました。ここ10年単位でスキーシーズンでもあまり渋滞になることはありませんでしたが、休日1.000円の効果で道は渋滞しています。この渋滞通りに観光地やスキー場周辺にお金を落としてくれればありがたいのですが、現実は厳しく・・・日帰りしてしまう客がほとんどのようです。

我が家は三連休でも出かける予定はありませんでした。今日だけ妻は午前中仕事でしたから私一人で息子を病院に連れて行ってきました。血液検査の結果アルブミン値が思ったほど改善していません。副腎皮質ホルモンの効果が薄れたようですし、何よりも自身の副腎が分泌されるより遥かに多い量を注射していますから、このままの状態ではかえって副腎が働らかなくなる病気になってしまいます。

さりとて治療として必要であり・・・もう手が無い・・・とも言われてしまいました。藁をも掴むつもりで副腎皮質ホルモンに変えて【免疫抑制剤】を試すとお伝えしましたが、今日からとりあえず併用で始めました。経口で服用しましたが、気持ちが悪いようでえづいていて(吐きそうになること)ご飯を食べませんでした。相変わらず骨と皮ばかりになっています。

今日、妻の生徒の父兄の方が新たな動物病院を紹介してくれました。人間と同じようにセカンドオピニヨンを受けようと思います。半年も副腎皮質ホルモン剤を使っていますから・・・こっちの方が心配なのです。

何とか完治して・・・あちこち出かけたり山にも登りたいし中山道も歩きたい・・・昨年出来なかった事を今年はどうしてもやり遂げたいと考えています。
5月には玉川温泉の湯治で1週間以上家を空けなければなりません。この状態では当然玉川もキャンセルですから、予定をこなせなかった昨年と同じ今年になってしまいそうです。
何とか新しい治療が効果をもたらせてくれないかな〜〜。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ