2018/9/19  21:46

もっと誰も歩かない道  登山(百名山以外の山)

朝からジムへ。4日も間が空きました。

早速バイクをやり始めると、左ひざが痛くて・・・ペダルを踏めません。

山を歩いていた時はそんなに痛まなかったのに、どうしたことか・・・。

無理がたたったのかもしれません。

痛い時はやめた方が良いと思い、ランニングだけにしました。

不思議な事にランニングだと痛まないんです。5`走りました。

歩いた日に・・・何が辛かったかと言うと脚力よりも、むしろ心肺機能の対応能力が低かったと思います。

もう少し脚力と並行して、肺機能強化で走る距離も長くします。

さて北八ヶ岳です。

今日、古い地図に載ってない道が新しい地図にあるか・・・確認しました。有りません。

あの道、何なんでしょうね。迷う人がいると思いますよ。

いくら山は自己責任と言っても・・・案内板が必要ではないでしょうか。

渋温泉からは高見石をめざしました。

このコース、全く人に会うことはありませんでした。

これだけ山がブームで、しかも日曜。時間が遅かったのかもしれませんが・・・。

山で2時間も人に会わないのは、さすがに不安になります。

誰も通らないコースと言うことは、アクシデントに見舞われて動けなくなったら・・・南無・・・です。

唐沢鉱泉から渋温泉のコースには、少なくても今日歩いたろうと思える足跡がありました。

雨の後なので足跡が良く解りました。がっこっちのコースは全く・・・気配を感じません。

道を覆う草木で人一人がやっと通れるような個所も、長い距離ありました。

そして不安を増した大きな要因は、大石を乗り移りながら登るコース。

それほどの急登ではないものの、飛び乗ったり登ったりで結構辛いコース。
クリックすると元のサイズで表示します

長く山をやっていると、危険な個所が他人より余計に見えるようになります。

例えば、大岩の隙間に滑落したら、這い上がれない事もあり得ます。

云った通り・・・人とはまったく出会わないコースですから・・・怖いですね。

まあ・・・良く歩きました。

辛くても・・・不安でも・・・目的があると言うことが、元気の源になってます。

ノルマ的にはならないように焦らず、息が続く限り山を歩いていたい。

いいや、歩ければ別に山でなくてもいいんですけど・・・街の中であろうとゆったり流れる風景を持ち続けたいんです。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ