2019/1/3  23:48

箱根駅伝  リタイヤ生活

今日も朝からテレビにかじりつき。

駅伝は私の願いどおりに、青山学院の5連覇の夢が潰えました。

驕る平家は久しからず・・・で、王者も何時かは敗れます。

何処が勝ってもいいけれど・・・どこかだけが勝ち続けるのは、判官びいきとしてはつまらないのです。

だから青山学院が憎いわけでもなんでもなくて、いろんなところが群雄割拠した方が面白いので・・・と言う理由です。

大学ラグビーでも社会人ラグビーでも、新旧交代がありました。

卓球でもバドミントンでもテニスも・・・若い力が台頭し、また様々な団体から告発が相次ぎ・・・昨年・今年はスポーツ界の転換点かもしれません。

話を戻すと・・・今日の駅伝チャンピオン東海大学は、新記録の快走でしたから正真正銘の王者でした。

どの学校がこの王者を打ち負かすのか、また一年後が待ち遠しいのです。

最近、箱根駅伝の人気が沸騰してますが、50年来のフアンとしては加熱しすぎは歓迎できません。

マスコミは「美談づくり」に余念がなく、辟易とします。

勝負だけを見せてくれ・・・と正直、思います。

一人一人に人生ドラマがあるのは当然で、選手のそこまでは観たくありません。

敗けたり勝ったり・・・その中から色んなことを学んでほしい。

敗けた人の気持ちを思いやったり、努力が報われると言うことを実感したり・・・若い時しか身に着ける事ができない事を今、学んでほしい。

青山学院の原監督が云ってましたね!  やはり名将だと思いました。

徳島の池田高校野球部、蔦監督がそうでした。子供たちに敗けから学ばせる・・・と。

学生のスポーツはそうあるべきです。

至學館大学レスリング部の栄監督も、強い選手を沢山排出しましたが・・・あるべき姿を見失っていたのでしょうか?

日大アメフト部に至っては・・・箸にも棒にもかからなくて、論評もしたくないのですが。

学校のガバナンスから云っても、まだまだ復帰させるべきではないと思います。

学生のスポーツは・・・清々しいモノでないと。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ