2019/3/31  22:39

静子没す  リタイヤ生活

平日会員の私たちは日曜はジムに行けず。

午前中は掃除など家に手をかけました。いつも手抜きしてますから。

そして午後は旅行の準備で衣類をチェック。ボストンバック一つにしたいと思ってます。

そして「等伯」ですが、献身的に信春(等伯)支えた妻静子が、苦難の旅の途中で息を引き取りました。

苦難続きでしたが、幸せだった・・・ようです。

なかなか・・・涙なくしては読めない・・・シーンでした。

いよいよ利休や秀吉、狩野永徳とのかかわりになってきます。

等伯の人生の核心です。

どんな結末なのかは歴史で既に知られた事実ですが、作者がどんな考察をしていくのか。

明日図書館が休みで、下巻を借りる事ができません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ