2019/11/28  23:01

手製のアイテム  リタイヤ生活

女房にはいつも・・・何かに夢中になると他の事が見えなくなる人・・・と言われて、何を言っても無駄な人と決めつけられています。

そんな事は無くてフレキシブルに対応できる、懐の深い人間だと自分では思ってます。

当然、夢中になる事があっても、周りの状況を常に確認してますから・・・。

でも、半分妻の言い分も正しい気がします。

今はとにかくキノコ採りの事で頭の半分ぐらいが占拠されています。

都市部に出かける用事があったので、かご探しをしてきました。

山菜の籠が都会で売ってるわけはなく、上手く活用できるアイテムを探したのですが・・・見つからず。

前回のキノコ採りで壊れたヘッドランプを、ドンキホーテで買ってきました。

1.000円ちょっとでした。山道具を扱う店だと3.000円ぐらいしますから、こんな道具はドンキの品で十分です。

確認したけど結構明るい・・・何より単三一本と言うのが便利です。
クリックすると元のサイズで表示します

さて籠はどうしよう・・・来年までには買うけど、取りあえず何かを用意しないと。

再び家じゅうくまなく探して・・・何と間に合いそうなのがありました。

寝室で使っていたゴミのかご。

それにロープをインシュロックで固定して、肩掛け用に仕立てました。

まあ見てください。
クリックすると元のサイズで表示します

転倒したら壊れとしまうでしょうけど・・・とりあえず持って行きます。

そして前回転んだときに折れてしまった杖。

高い所のキノコを落としたり、クマ対策の気休めに。

先端は熊にダメージを与えられるように、とがった金具仕立て。

杖そのものはモップの柄の再利用・・・薄い鉄製ですから軽い。

そして手で持つ側の先端は、自分に刺さると危ないのでキャップをシリコンで接着。
クリックすると元のサイズで表示します

中ほどにガムテープが何段か巻いてますが、杖に鎌を固定するときにガムテープが役立ちます。

気休めですけど・・・熊に遭遇した時には先端にナイフを取りつけて抵抗します。

そのためにガムテープはすぐに利用できる位置に巻いてあるのです。

準備は終わりました。あとはキノコがあれば嬉しいなあ!
クリックすると元のサイズで表示します

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ