2020/7/6  23:33

災害はいつか自分にも  リタイヤ生活

コロナで大変な時に、球磨川の水害には本当に困ってしまいます。

地震で痛めつけられたばかりなのに、熊本にどうか安寧の日が訪れることを願ってやみません。

こんな時に460億円もの資金が有効に使えたらなあ・・・と思います。

自分の人気回復のために汚れたマスクに費やしたリーダーがいましたが・・・何なんでしょうね!

5年前に家を建てたとき、市が発行するハザードマップを確認したことがあります。

そして当然今も持ってますが、我が家の場所も一応・・・水が出る・・・とされている場所です。

河川は近くないですが、水路の整備ができていなくて流末がはっきりしないのです。

だから長く降り続いたら溜まってしまうでしょう。

しかも一方は軌道敷で高くなってますから、防波堤のようにそこから水が出て行ってくれない。

もちろん反対のケースも期待はできますが。向こう側で水が出てもこっち側に来ないと言う。

先日の大雨で水路を確認したら、グレーチングのすぐ下まで来てました。

引っ越して4年間は1度もなかったことなのに、降水量が違ってきているのでしょうか?

二日間も降り続いたらアウト?  

水路だけでなく下水も逆流する?

最近は被災することがまるで「自己責任」のような国の対応。

コロナで非常事態宣言も発出しないそうです。保証する原資の問題と言われてますけど。

マスクで460億も使うかよ。河合杏里の選挙に1憶5000万も政党交付金を使うか?

安部さんの勘違いなのか、そもそもそんな人間性なのか・・・総理大臣は国の金を好きに使って良いと思ってないか?

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ