2021/12/4  22:39

大根を漬ける  リタイヤ生活

歩きに出て戻ると、妻のジム友から電話。

前回訪問した時にいただいた大根の漬物が美味しくて・・・。

漬け方を教えてくれと言ってありました。

その時に樽や重りがないとないとだめだから、漬けたらあげるからと言われていました。

それが今日になって「道具は貸すし、教えるから自分で漬けろ」と。

お昼を食べて二人で塩を持って向かいました。

この漬物はたくあんと違って干してからつけるわけではなく、洗って皮をむいたら樽に塩で漬けます。

そして3〜4日で水が上がったらその水を捨て、焼酎と酢とザラメを上から蒔いて漬けます。

ですから仕上がりは甘めの白い大根漬けになります。

レシピは大根10キロ当たり、最初の塩漬けが塩300グラム。

そして3・4日後の焼酎2カップと酢が2カップとザラメが1キロです。

焼酎の度数は関係ないし、酢の種類も好みの酢でOKです。

教えるから自分でやれ・・・と言うことでしたから、行ったらすぐに大根洗いから。

旦那さんが畑から採ってきてありました。

洗ったそばから妻がビューラーで皮むき。

良い大根ですから妻には重くて、片手で大根を持って片手でビューラーは無理。

結局皮むきも私。

塩を敷いてその上に大根を長いまま寝かせます。

そしたらまた塩を振って、再び大根を重ねて寝かせます。

10キロの予定が15キロになったので、本数としては15本強。

3段に寝かせて重しを乗せて、これから4日後に次の作業で伺います。

取りあえず漬けた樽は預かってもらってます。

というよりは・・・樽も重りもジム友家の所有物ですから。

調味料の作業が終わったら、樽をお借りして我が家に持ち帰ります。

陽が当たらないところに置いて、春まで食べるつもりです。

ところが我が家には納屋は無いし、軒下とかがないので・・・困りました。

雨対策にビニールで覆うぐらいしかできませんが、何とか春までもたせる工夫をします。

完成したら写真をアップします。

帰りにまたしても野菜をたくさん持たせてくれて。

ブロッコリーの大玉が3個、ネギが15本、カブが6個・・・ありがたい。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ