2011/8/30  19:41

5つのピーク  登山(百名山以外の山)

2週間ぶりぐらいのプール・・・私は山歩きで運動が足りていますが、妻は私と行くプールだけが運動ですから・・・ここのところは運動不足。
今日、催促されてしまいました。まあ・・・最近は私だけが楽しんでいるのが、後ろめたい気持ちもありました。

25bを数本泳いだだけで後は水中歩行だけでしたが、疲れて昼寝をしてしまいました。
ハードな山歩きをしているのに・・・この程度で疲れるのが不思議です。

さて、埼玉の彼女は朝食をとらず5時前の暗いうちに、新越山荘を発ちました。私と滋賀のご夫婦は5時からの朝食を確りと摂りました。

夕べ7時半には寝ていたので、朝2時半には目が覚めていました。4時まで何とか布団の中で我慢していましたが、起きだして外に出てみると今日これから歩く峰々がくっきりと朝陽に映えていました。よーし、今日は良くなるぞー。待ったかいが・・・。

私は5時半に出発、ご夫婦は6時に出発です。最初のピーク鳴沢岳には30分ほどで登頂。
頂上からこの先の稜線に目をやると、30分前にスタートした彼女の後姿が見えました。
『ヤッホー』と叫んで手を振ると、振り返った彼女も私に気が付いて手を振ってくれました。

10分休憩・・・今日は長い旅になりますので先を急がず、確り休憩を取ながら進むことにしていました。スタートして先ほど彼女がいた付近で鳴沢岳を振り返ると、今度はご夫婦が山頂にいました。遠くてご夫婦とは判りませんが、この時間に山頂に立てる可能性はご夫婦にしか無いから・・・解るんです。

またしても『ヤッホー』と手を振ると、私を見つけて手を振っています。何か無性に親近感が湧いて・・・昔からの知り合いのような気さえしていました。

ご夫婦は私と埼玉の彼女の・・・追いつ追われつ・・・のバトルをそれぞれの頂上から見ていたそうです。最初はご夫婦もスピードを上げて、バトルに参加しようとしたらしいのです。しかしお二人は今日は針の木泊りですから、急いで早く到着しても意味がありません。

二人のバトルを無料で楽しんでいたようです。このあとそれぞれのピークで後ろを確認すると着かず離れずご夫婦が進んでいました。

スバリ岳では彼女がスタートした直後に私が山頂に到着し、とうとう針の木岳山頂で追いつきました。『私も結構速いと思っていたのに・・・』と彼女の口から。
私の想像では・・・蓮華岳の往復で戻ってくる彼女に会えるかなー・・・でしたから、私の今日の体調は完璧の状態だったのでしょう。

でも私は今日は急いでいませんでした。いつもの事ですが・・・私は早いのではなく、登りで休まない・・・地道に一歩一歩いつも足を動かしていますから、確実に進んでいくんです。それに比して膝に衝撃のある下りはめっきり力が劣ります。

針の木の頂上からスバリを見ると山頂にご夫婦がいました。また手を振りましたが、気が付いたでしょうか。あとで小屋で会い確認すると、気が付いていたそうです。

時間的にはそれぞれの区間でコースタイムを短縮し、余裕が生まれています。針の木小屋でたっぷり休憩を取って、最後のピーク【蓮華岳】を目指します。

写真はタフな稜線と登頂した峰々です。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ