2011/12/28  23:14

もちつき  時事

夕べも結構酔っていました。若い頃はあまり酒が強くなかったのですが、毎日飲んでいると少しずつ強くなっているみたいで・・・結局、昨日の忘年会もちゃんぽんで酔いが余計に。

ゆっくり起きたかったのですが今日は【餅つき】の予定が入っていて、厳しい声でたたき起こされました。早めに朝食を取り一緒に餅をつくはずだった義弟を待ちましたが、予定の九時になっても現れません。

早起きして早めに食事をして・・・全く無駄でした。結局最初の一臼は我が家のモノを着き始めました。その頃になって義弟はやっと現れました。
今年は我が家も義弟のところも2升ずつだけにしました。我が家は毎年5升ついて冷凍しておくのですが、今年は食べたくなったらつく事にしたのです。

大学時代からいまだに付き合っている福井に住む親友から、【セイコガニ】が大量に届いていて冷凍庫はいっぱいで余裕がありません。

4升の餅は2時間ほどでつきあがりました。最後の一臼分から小さな【お供え】を8組分作って、大晦日に神棚や火・水回りの個所などに供えます。2升ついたと言っても出来上がったのし餅は一枚半しかありません。初めから承知していた事ですが、ちょっと寂しい気がします。

でも、これで今年もお雑煮が食べられます。餅と言ったらやはりお雑煮ですよね。三が日に目一杯食べますが、飽きた・・・という感覚を感じた事がありません。本当に大好きなんです。

昼の内に出刃包丁をピカピカで怖い程の切れ味に研ぎ、一枚半ののし餅を夜になってお雑煮サイズに切り分けました。そして6個ずつサランラップで包み、冷凍しました。食べる時に解凍すれば、いつでもつきたての状態でお雑煮が食べられます。

大掃除が終わり・・・餅つきが終わり・・・もう正月の準備が終了しました。

お酒を買おうと思っていたら、夕方北海道の友から一升びんが2本も届きました。北海道には蔵元が10ほどあるらしいのですが、創業が明治20年という【北の勝】という蔵元の2銘柄です。この蔵元のこだわりが【北海道新聞】に取り上げられた記事の切り抜きも同封されていて、友の気遣いに呑む前から感慨に浸っています。

お神酒として神様に少しだけおすそわけし、後はほとんど私が・・・。酒のみはいやしくてイケません。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ