2012/9/23  21:37

山での親切に感謝  百名山・中央ア、八ヶ岳

夕べ降り始めた雨は夜通し降り続け、今日の夕方まで音を立てて降り続きました。水瓶は溢れるほどに溜まったと思います。ひとまず水不足は回避できたの・・・?

お彼岸でしたから妻とお墓参りを考えていたのですが、今日は中止にしました。姪が花を買ってきていたので、とりあえず風呂場のバケツに入れて置いて明日お墓に持って行きます。

さて・・・昨日の蓼科山と池巡りですが、本当は北アのダイナミックなコースにしたいのですが、土日は小屋の混雑を考えて泊らなくて良い山を選んだ結果です。

昨年買ってやけに調子の良かった山靴がここのところヘタッたようで、爪が当たったりマメができたりと不調の連続。やっぱり安物はこんなモノか・・・と実感しています。

そこで10年ほど昔に買い求め・・・やはり靴擦れができるので使用をやめていた靴を再び試して見たいと思ったのです。試すと言っても山の上で靴擦れで歩けなかったら辛い。

そこで簡単な山で試して・・・と考えたのも蓼科山を選んだ理由でした。最初は調子が良くて安心していたのですが、後半になって汗をかいたからなのか・・・やはり靴擦れができました。靴下を皺のできないものにしたのでその影響で良かったのか・・・と思ったのもつかの間、そんなに甘くはなかった。

本当は大河原峠で登山を止めずに再び蓼科山に登り返して下山のつもりでしたが、別に燃えるような思いで挑んだ山でもないので無理する事は簡単に放棄しました。

大河原峠からしっかり舗装された夢の平林道を歩き通して、一の鳥居の登山口まで戻る事にして歩き始めました。おそらく蓼科山を超えるより、回り道の分だけ時間はかかると覚悟していました。多分3時間弱・・・? その分痛みが軽減できればそれで良し。

40分程歩くと【トキンの岩】が目印・・・地図を目測すると4分の一ぐらいの距離です。ここを過ぎるまでに5台ほどの車が追い抜いて行きました。

普段なら私も歩きたくて山に来ているのですから、変な期待は持たないのですが・・・何分にも足が痛くて・・・おまけに何の変哲もない舗装された林道は・・・今日に限ってどなたか拾ってくれないだろうか。

念ずれば通ず・・・一台の車がスピード落として脇にすり寄ってきました。助手席から女性の方が『よろしかったら乗りませんか?』『ありがとうございます。お願いします』

滋賀から見えたご夫婦で、大河原峠から大岳を経由して北横岳を往復したとの事。亀甲池から下山したそうですが、話していると私とコースが重なっていました。

短い時間でしたがいろんな話をしました。5年前に山で知りあった方と再び別の山でバッタリ会った経験など、楽しい話をたっぷり聞けました。仲の良いご夫婦で非常に好感が持てました。

それにしても見ず知らずの胡散臭い男を拾ってくれて・・・足の痛い今回は特にありがたかったですね。もちろん私もいつもやっています。こんな親切の連鎖が当然の行為の様に広がってくれれば嬉しいですね。

大河原峠からの林道は・・・楽しくない分・・・疲れて。
クリックすると元のサイズで表示します
平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ