2012/12/20  22:54

哀と喜  リタイヤ生活

まず、大掃除の話題です。妻は居間のカーテンの洗濯です。掃出しの大きなレースと厚手のモノをそれぞれ2枚。そして出窓用の小さ目なレースと厚手のモノを、やっぱり2枚ずつ。

洗濯機が小さいので洗うだけで、お昼になってしまいました。その間私はカーテンボックスの内側やレールの隙間など、二十数年分の汚れをマジックリンで落としました。

昔はヘビースモーカーだったので、雑巾はタバコのヤニで真っ茶色でした。その雑巾を見ると気持ち悪さにゾクゾク・・・っとします。がっ、逆にステンレスのレールからはヤニがみるみる剥がれ、本来の輝きが出てくると・・・これがチョー気持ち良いのです。

今日は努力の成果が確り確認できてご機嫌です。居間のクロスやガラスのドアなどを精力的にこなしました。これで居間・台所・ダイニングは終わりにします。次はトイレや風呂に移動します。

なんか・・・あたかも豪邸の様に掃除に日数がかかっていますが、全く違いますので誤解のないように。4LDKの普通の庶民が暮らす家です。ただ単に少しずつしかやらないので、何日もかかっているだけです。

朝、掃除に取り掛かろうとすると相棒からの電話です。我が山遊び集団【やどろくの会】の若頭的な存在である『【鉄人氏】のお父さんが亡くなった』という連絡でした。

今年は何故か身近な友人たちの家庭で、不幸が続く感じがしています。社会の中枢で活動している鉄人氏は、公私ともに多忙だった事が想像できます。長く患っていたとしたら、なおさらだったでしょう。

私ごとですが・・・私は父方の伯父叔母が9人、母方が7人。妻にも同様に伯父叔母が居て、一時期とにかく不幸の連続でした。やどろく仲間の年齢が、ちょうどその時期になってきたのでしょう。

哀しい事ですが・・・決して他人事だから言うのでは無く・・・親が先に逝くのは自然の摂理だと思うのです。もっと砕いて言えば、親を見送れるのは【親孝行】だと考えるべきなのでしょう。

鉄人・・・と呼ばれているのは肉体が強靭だから・・・で、親を亡くせばやはり精神的には辛いでしょう。心からお悔やみ申し上げます。元気を出してください。合掌。

夜になって福井に住む45年来の親友から電話。贈り物をしたお礼の電話でした。いつも海の幸などを送ってくれるので、私の方こそお礼のつもりだったのですが・・・結果として声が聞けて・・・良かった。

大学時代の同級生ですが、当時からお互いの実家に泊りに出かけた仲です。福井には何度も遊びに行き、現役時代は仕事の出張などでも泊めて貰ったり。

45年の付き合いって・・・人生では母と姉に次いで3番目の時間を過ごしています。妻よりも長いのですから・・・勿論、中身は圧倒的に妻の方が濃い・・・って断っておきます。
万が一、妻がこのブログを見る事があるかもしれませんので。

先日、近くまで行ったことを知っていて『寄ればいいのに』。ブログを読んでくれているようです。近くに居てくれるように感じて嬉しい・・・それより電話での元気な声が何より嬉しい。3月には妻に時間出来るので、福井に行くと約束して電話を切りました。

平田影郎のウエブサイト 【やどろくが行く百名山】
山と旅の情報を提供しています
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ