2014/12/17  18:01

Fireman on the LUNA <ルナ号の火夫>  RGRy Locomotive
 
毎日訪問される方もいらっしゃるので、「これ!」と言ったモノは作ってなくても何か記事を揚げておかないと、と言う事で小工作であります。

ルナちゃんのキャブに専属ファイアーマンが乗車する事になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

出自はRevell社製1/72スケールの南軍兵士。
塹壕を掘るのかショベルを持ち、それを土塊に突き刺して足を上に置いてる姿。
いや、なかなかサマになってましてね、乗務員として即採用。

土塊を黒く塗って石炭に見せ掛けてます。
機関士から何か小言を言われてるけど、"So what?"(「それが何か?」)てな雰囲気で聞いてる場面、みたいですよね。
そう見えるのはこのサイド(Engineer Side)からです。

逆サイドから見ると、下の通り。

クリックすると元のサイズで表示します

機関士の目線が他所にいってますので、そうは見えない。
「ねぇ、もっとスピード出して、駅に着いたら昼飯を早めにとりませんかぁ?」とか何とか機関士に話し掛けてる場面に見えなくもない。
ま、何にしてもキャブ内部が賑やかになりました。

さて、このサイド(Fireman Side)のキャブ下に何やら箱の様なモノがありますが、箱です(そのまんまやないかっ!!) 
ええっと、Tool Boxつまり道具箱です。*英国ではToolboxとワン・ワードで書くみたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

機関車に比べてチョット大きいし、テンダーのリア部分にもツール・ボックスが付いてるのですが、実はワケありです。
この箱の中にウエイトが入ってるんですよ。

何故か?と言うと、機関士が金属製なので明らかにトップ・ヘヴィーになり、機関車部分をちょっと突けば忽ち転倒するんですねぇ。
重量バランスがメッチャ悪いワケっすよ。

で、その解決策として逆サイドの下側にウエイトを、と言うワケです。
効果テキメンでありまして、前よりは転倒し難くなりました。
因に走行中に転倒はしませんので…はぁ、ナンボナンデモそこまで工作精度は悪くないです…。


さて、話を元南軍兵士に戻してと。

このRevellの兵士人形…ブランド名がRebelだったら面白かったんですけど…Rebel Soldier(反乱軍兵士)…が1/72である事は以前にも書きましたが、色が載らない事も書きましたっけ?
素材がビニールっぽくて、何で塗ってもスグに剥げ落ちてしまう。
なので、万屋店内の店主や買い物客とか、ボート製造所のデッキに立つオジサンだとか、そしてこのキャブ内部の乗務員だとか、一度置いたら移動する必要がなく、何度も触って塗装が剥がれることもなさそうな場所に”接着”してます。(因みに瞬間接着剤もプラスティック系接着剤も効きません)

そんな難点はあっても、室内とか遠景に使うには持って来いの1/72スケールなんですね。
もう一体、このショベルを持った人形がありますから、いずれ何号機だか判りませんが、機関車のキャブに乗る事になるでしょう。

2014/12/23  21:07

投稿者:Junior
matsumoto様、初めまして。

有り難うございます。

> ガイヤノーツというメーカーから発売されているマルチプライマー

そんな製品があるとは知りませんでした。
イカンですね、どうも鉄道模型関係で処理しちゃうクセが付いてますね。(と言い乍ら、鉄道模型を扱ってる店には殆ど行ってないんですけど)

今度その手の商品を扱ってる店に行って買って来ます。
ご教授有り難うございました。

2014/12/23  20:54

投稿者:matsumoto
いつも楽しみに拝見しております。ご謙遜なさっていますが、こういう世界観を持った模型は大好きです。
さて、ガイヤノーツというメーカーから発売されているマルチプライマーという製品があります。戦車のポリキャタピラも普通に塗れるようになります。プラモデルを扱っている模型店で入手できると思います。もしよろしかったら、お試しください。これ、塗ったらすぐに塗装しないとホコリの食いつきもすごいです。

2014/12/21  11:51

投稿者:Junior
Tadさん

おお!! 執筆者登場、ですね。
Tadさんが書かれたとは知りませんでした。

しかし、ヒートガンって・・・今まで全く縁のなさそうな工具でしたけど、塗装用に買っても他に使い道はあるんですかね? よーわかりません........

> ビニールやポリエチレンに近い材料かも…。

ええ、アレに近い材質ですが、もっと軟質です。
ビニールに近いですね。

油性のマーカーペンでも塗ってみて様子を見たのですが、触ると見事に剥がれてしまいます。
ランナー部分を試しにサンド・ペーパーで擦って粗面にし、それから塗っても結果は同じ。
こうなったら、「塗ったら触れるな!!」で対処するしかないです。(塗装をはじかないだけマシですよ)

で、グラハム・ファリッシュの動力、年が明けてからでも結構ですよ。
当分は2号機に掛かれそうもないですから。

いつもお気遣い、有り難うございます。

2014/12/19  21:47

投稿者:Tad
レサレサさんが探し出してくださったあの記事を書いた頃は,ポリアセタール樹脂(POM)の塗装に心血を注いでたと云っていいくらい,熱心にいろいろとやってみたものです。
今でも基本は変わりありませんが,ヘアドライアーより熱量の高いヒートガン方がいい結果が出ました。塗ってすぐ,まだ濡れてる状態でヒートガンを当てる方が多くなりました。

Junior,

人形の材料はPOMじゃないんだろうと思います。ビニールやポリエチレンに近い材料かも…。
前に差し上げたSの人形(クリーム色っぽいやつで何人かが一つの台についてるもの)も塗料ののりにくい感じでしたけど,希釈しないタミヤアクリルで塗るのがいいみたい。薄めると途端にノリが悪くなります。

この場をお借りしてナンですが,ファリッシュ動力のロコ,何とか来週中にお送りするようにしたいと思ってます。年末なので仕事の方が立て込んでしまっていて,時間的にも気持ちの上でも余裕がなくなってるんで,申し訳ないけど,しばしお待ちくださいませ。着日が27日までならオフィスの方でいいですか?

2014/12/19  16:15

投稿者:Junior
レサレサさん、こんにちは。

デルリンの塗装法、TMSに載ってたんですか。
知りませんでした。
是非ともやってみます。
ご教授、有り難うございました。

で、Revellの人形ですが、TAMIYAのサーフェイサーもノリませんでした。
乾いたらモロモロと剥がれ落ちたりして・・・・ (;^..^;)

2014/12/18  21:53

投稿者:レサレサ
前回書きこんだ際は出典元が思いだせずうろ覚えでしたが、先ほど自宅でTMS(97年12月号)めくってた時にこれだと判明しました。
あと、樹脂の素材もデルリン=ポリアセタール樹脂で間違いありません。

塗装の下地加工方法は以下の通り、
「タミヤのスーパーサーフェイサーを吹く→20分後を目明日にヘアードライヤーで加熱(対象物との間隔3p、当てる角度を変えながら50秒間)」
(111P、スタッフコラム給水塔より)

上塗りは水性アクリルが相性がいいらしく、上記の加熱後冷めてから塗ってそのあともう一度同じように再加熱するとより丈夫になるそうです。

2014/12/17  22:33

投稿者:Junior
レサレサさん、こんばんは。寒いですねぇ。

> 強度と柔軟性を併せ持つプラスチック

デルリンですね、おそらく。(デロリンマンっちゅう漫画があったなぁ、昔・・・)
へぇ、ラッカーで塗った模型を暖める・・・デルリンに使えるかどうかやってみたいですね。
ええ、手持ちのメリケンもののパーツにはデルリン製のが結構あって、塗装がのらなくて難儀してますので。

で、このRevellLの人形のパッケージに「塗装の際はRevellのこれとこれとこの塗装を・・・」と書いてあるだけで、他の塗料で塗装出来るかどうかなんて全く書いてないんですよ。
Revellのそれらの塗料なんて日本じゃ入手不可だろうし、困ったモンです。

もう一度洗浄し直して塗ってみようかな?(薬剤の層が厚いっちゅう場合もありますしね)

2014/12/17  21:28

投稿者:レサレサ
塗料のノリについてですが、KATOのNゲージ製品のコキやカブースの手すり(名称忘れたが強度と柔軟性を併せ持つプラスチック)が異様に塗料が乗らず、調べたところ
1:いったん下地にラッカーをスプレー
2:「ドライヤーの熱風に当てる(無論製品が解けない程度に)」
と聞いたことがあります。(以後はアクリルなどでも塗装可能)

その人形の材質が何かにもよりますが、一度試してみてはいかがでしょうか?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ