2021/12/8  13:52

EMUs: 1  HO Traction
 
半年程投稿していませんでした。その間、模型製作は全くやっていませんでした。
突然「プツっ」と興味の糸が切れちゃうんです。
「アメリカお電車風景競作」の言い出しっぺなので、やらないとイケナイのは分っていても、興味がなくなっちゃうと、「プツっ」と。

しかし、来年の2月5日には形にしたモノを持って行かねばならないので、ヲヲ、あと二月を切ったぞ!とお尻に火が点いちゃいました。エライコッチャ!

で、再開するに当たって何から始めたか?と言うと、オークションで事もあろうにPennsylvania Railroadの通勤電車 mP54のコンボを競り落として…どうすんだよ、こんな電車、なんですよ。
HOのマトモな車両が無いのです。ええ、以前持ってたのはほぼ売り払ったりしてて。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、風景競作なのに車両から手を付けるかぁ? まぁ、お気軽そうでしたからね。
でもちっともお気楽じゃなかった。この車両、非動力車なんです。モーターが装着されてないんですね。
天賞堂のパワートラックで何とかなるやろと思ったら大間違い。
なので、アッサリとこれはトレイラーにして、動力車とペアにしちゃえ!と。

そのペアの相手が一筋縄ではいかないんです。
何かと言うと、これ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

つまり客車。これもオークションで入手したものですが、これを電車化させようとの魂胆。
そしてmp54とペアにと言う、誠に馬鹿馬鹿しい噴飯ものプラン。

んで、パンタグラフを検討。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

どれもこれも帯に短し状態。
「お電車風景」では架線を張ってますから、それに追従させなくてはなりませんから実用本位で行くと、3番目の壊れなさそうなRivarossiのなんですが、如何せんヨーロピアン。
1番目はKATOのEF58用の製品で、これは架線対応ですが、貧弱。
2番目は古いKAWAI製ですけど、架線対応じゃないのですね。形態的にはまぁアメリカンなんですけど。

さて、こんなヘヴィー・ウエイトなデカい客車、果たして電車らしくなるのか?と、某有名モデラーからお借りしてるPacific Electricの通称'Blimp'と並べてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

赦せる範囲かな?と「当社比」なるスタンダードを持ち出してGo!

Blimpが出たついでに前面丸窓電車繋がりでmP54とBlimpを並べて。

クリックすると元のサイズで表示します

何てやってたら、架線集電対応のパンタグラフが出て来てまして、それを黄色いコーチに載せてBig Car勢揃いの記念写真。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、こんなデカいお電車だと駅のプラットフォームが短すぎて…。

クリックすると元のサイズで表示します

駅のサイズに合わせて電車を一から作った方がシックリくるかな? 
でも、そんな時間は無さそうだし、う〜ん、困ったなぁ。

2021/12/21  16:42

投稿者:Junior
 
Tadさん、こんにちは。

どうもこのブログをほぼ失念しておりまして、レスが遅くなりました。

まぁ、電車は兎も角、風景に方に本腰を上げないとドエライ事になりそうなので、今年いっぱいは風景作りに専念です。

Tadさんの南カリフォルニア風景、楽しみです〜。

2021/12/11  0:22

投稿者:Tad
お互い頑張りましょうね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ