シルクサンシャインらぶ パートW

スタンダードな『ラブラドール』作出のため「ドッグショー」に出陣致しております『ラブラドール専門ブリーダー』シルクサンシャイン ラブラドールまみれ共栄・共存にて日々前進ブログをご覧ください!!

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

記事カテゴリ

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:シルク@管理人
albradaさん、こんにちは。
会場にいらしていたそうで、帰ってから知りました。
声をかけて頂いてよかったのですが・・・

今回のショーのジャッジの評価は「肥っている子・シャイな子」が多かったと言うことでした。
肥っている子・・・albradaさんがおっしゃる通り「ショーのために急激に肥らせた子」もいたでしょう。それを見抜かれたということです。その点では「我が家の子」は当てはまらず!!(どの子も筋肉の塊)
シャイな子・・・いましたね。触審させない子。これが一番大変ですね。(吠えていた子もいましたから・・・)
そんなで楽しい1日を過ごすことができました。
albradaさん、今度会場にお越しの際はぜひ声をかけて頂ければと思います。そして私どもの犬舎へ遊びにお越しください。
大変有難うござしました。


http://www15.ocn.ne.jp/~asahiota/
投稿者:albrada
シルクサンシャインさんの良い犬たちを直接見れたことは今回のドッグショーで一番有意義だったことでした。
記事の中にもありますが、ラブラドールたるもの何処に良し悪しの着眼点をつけるかといえば、コートに一番の着眼点をつけるようです。私も今回のショーで沢山の犬たちを見ましたが、ラブラドールという犬なのにトップコートが長すぎる子が多かったように感じます。
体格もショーに出陳する為に急激に肉をつけたようでその肉が体にしっくりと備わっていないなど・・・素人が一見してもこれやぁ〜って思うような犬たちも沢山いたことは確かです。
私は、目録を確認しながら、犬たちを見ていましたが、良いと思えるような犬たちは、あぁ・・・やっぱりここの犬なんだなぁというような状態でした。シルクサンシャインさんの犬の他には、あと2つの犬舎の犬が気になって仕方がなかったようです。犬舎の名前は伏せておきますけどね。
今回出陳された5頭の犬たちどれを見ても良い犬でした。
私の家にいるラブラドールは、足元にも及ばない犬ですから、直接お話をするのはちょっと気が引けました。ぜひ、犬舎へ伺って直接お話が出来る時を心待ちにしております。
なかなか新潟方面への足が向かなくて大変申し訳ありません。
これからも良い犬を育ててください。期待しています

http://lat35n-labrador.blog.ocn.ne.jp/blog/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ