ごう慢

2013/6/27 | 投稿者: ようこ

クリックすると元のサイズで表示します

6月24日に載っていたエッセイです。

  題名は ごう慢です。 ̄ー ̄

若いときは誰でも不安で己を肯定するのに

必死のあまり他を否定しがちだ。

「あんな奴は大したことはない」とオレ様の上位を主張する。

周囲の人気者などを罵倒したりして不満を解消したりしました。

かつての若きおじさんも大いに覚えがあることだ。TдT

そんな時、自分の心の中にある嫉妬とうぬぼれに気付くことがない

それが、歳月という砥石にかけるとごう慢な自我が

次第にそぎ落とされ自分がどの程度の人間かが見えてくる

大人になるというのはこういうことを言うのだ。

年を経ても若い時と同じように「オレ様が一番」という人間は嫌われる

「オレ様は何様のつもりだ」と人望のない人になってしまう。´з`

他人は平均して自分より優れていると思った方がいい

他人はバカにできない、そんなふうに考えれば人から嫌われることはない

一度きりの人生嫌われるより好かれる方がいいに決まっている。

(文章は抜粋してます。読みたい方は6月24日の高知新聞に載ってます)



自分の言いたいことばっかり言うような

空気読まない人間にはなりたくないですね。オバケオバケ



昨日は、雨がすごかったですね。
皆さん大丈夫でしたか。

まだまだ、うっとうしい梅雨ですが元気で頑張りましょう。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ポチッと応援もしていただくとうれしいです。

     ↓


人気ブログランキングへ


1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ